水上生活村を見学

シンチャオ!(こんにちは)

ベトナム出張中の南アジアセクション佐藤です。

第3回目はチャウドックをご紹介します。

カントーから車で約3時間、
ホーチミンからは約6時間の距離にあるこの町。
この日は、水上生活村を見学しに行きました。
市内の船着場からエンジンボートで出発するとまもなく
水上に建てられた家屋がいくつも見えてきます。

青いボート

青い家

その中の1つ。
ここは養殖場と民家がひとつになっていて、
床の下の生け簀に餌をまくと、こんな感じに魚がものすごい勢いで集まってきます。

青いバケツ

水上だからと言ってそれほど不便な様子もなく、
電気も通って普通の暮らしをしていることに驚きです。

青い建物

そこからしばらく進むと、チャム族という
少数民族が暮らす村に到着しました。

水上建物

水上ボートと木

ベトナムには珍しく、イスラム教を信仰するチャム族。
マレーシアから伝わってきたという説もありますが、
独自の言語と、男性はスカートのようにサロンを巻くという文化を持っています。

子どもたちの笑顔がとっても可愛らしい。

女の子笑顔

子どもたちの笑顔

カンボジアの国境でもあるこの町は、
顔立ちもどことなくクメールの人々に似ている気もします。

50以上いるというベトナムの少数民族に出会えた、
とても貴重な体験でした。

旅工房のベトナムツアー
ツアーを探すなら、こちら。

ベトナム
インドシナ半島の東側に位置する、ベトナム。南北に伸びる国土を持つことにより、北から南まで異なる個性豊かなスポットが点在し、多くの旅行者を魅了します。中でも、空港のある都市ホーチミンは、多くの人々で賑わうベトナム旅行の玄関口。フランス植民地時代の面影を残す建物が多く残り、「東洋のパ...