フランスのチーズ : ブリックBRIQUE

Bonjour ! フランス特派員のたびねこぱんぷるです。

「フランスでは1年を通して毎日違うチーズを食べられる」と言われるほど
チーズの種類がたくさんあります。

今回のチーズは〈ブリックBRIQUE〉です。

フランス語でブリックというのはレンガのことで、
チーズの名前はその形に由来しています。

ブリックはフランスの中央辺りやや下にある中央山塊
(マシフ サントラルLe Massif central)で多く作られます。
下の地図に赤いハートのマークをつけてみました。

地図

フォレーズ自然区(Forez)で作られたブリックで、
脂肪分28%、2~6℃で保存とラベルに書いてあります。

ブリックは牛乳・羊乳または山羊乳で作るのですが、
我が家では羊乳ものを好んで購入しています。

これは長さ17cm幅8cm高さ2cm重さ200g。
3.25ユーロで購入しました。

ブリック

乳は違っても形は皆同じで、このように平たい長方形。
大きさは製造元によって若干違い、重さは大体150g-250gといったところです。

ブリックの白い皮の部分は薄く、中は柔らかくねっちり濃厚。
クセが無いやさしいク リーミーな味です。皮の部分も食べられます。

切り口

チーズ一般に言えることですが、食事のときにしっとりした食感になるように
前もって冷蔵庫から出しておきましょう。
また熟成が進みすぎると味がきつくなるので注意しましょう。

食事の際チーズはメインディッシュの後に食べます。
チーズの前に、または一緒にグリーンサラダを食べることもよくあります。

旅工房のフランスツアー
ツアーを探すなら、こちら。

フランス
世界中の旅行者を魅了してやまない国、フランス。芸術の香りに包まれたパリをはじめ、太陽の恵み豊かな南仏プロヴァンス地方、地中海リゾートの定番ニース、豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿など、フランス旅行には見どころが満載。滞在中はモンサンミッシェルへ訪れたり、歴史ある古城を巡ったり、セーヌ河...