フランスのバレンタインデー

Bonjour !
フランス特派員のたびねこぱんぷるです。

2月14日はバレンタインデー!フランス語でサン-ヴァランタン。

ヴァランタンというのは聖人の名前です。
カトリック教会の聖人の1人で、2月14日が〈聖ヴァランタン〉の日。

しかしサン-ヴァランタンは典礼暦から削除されているので
宗教的なお祝いはありません。

花屋

フランスでも日本のようにイベント的にバレンタインデーを祝います。
しかし「所変われば 品変わる」ということわざ通り、日本とは違うお祝いの仕方です。

フランスのバレンタインデーは
〈愛しあう者が愛を証明する日〉というニュアンスなので
ふたりで一緒に時間を過ごすことがむしろ重要な要素です。

グルメ王国フランスでは、伝統的に食事を楽しむ夫婦や恋人たちが多く、
多くのレストランでは予約限定のバレンタイン特別メニューを用意します。

こちら近所のイタリアンレストランの広告です。
シャンパーニュから始まる食事は42ユーロ。

メニュー

そしてお互いにプレゼントを交換します。
バレンタイン商戦に翻弄されている点では
フランスも日本もさほど変わりないかもしれません。

男性はよく女性に赤やピンク色のバラの花束を贈ります。
ネックレスやブレスレットといったジュエリーも定番。
若いカップルではふたりでセクシーな下着を買う姿もよく見られます。

ショーウインドー

香水をプレゼントする人がやはり多く、
この時期のテレビでは香水のCMがやたらに増えます。

毎日、特に外出するときは必ずといっていいほど香水(パルファンparfum)や
オードトワレ(オー ドゥ トワレット eau de toilette)をつけます。
フランス人の必需品ともいえるでしょう。

プレゼントのアイデアは多数多様!
多くのお店のショーウインドーがサン-ヴァランタンモードに変身です。

ショーウィンドー2

恋人がいない人にとっては肩身が狭くて
ちょっと心淋しいフランスのサン-ヴァランタン。

独身で彼女彼氏がいない人の半数は「迷惑この上ない日」と思っているそうです!

旅工房のフランスツアー
ツアーを探すなら、こちら。

フランス
世界中の旅行者を魅了してやまない国、フランス。芸術の香りに包まれたパリをはじめ、太陽の恵み豊かな南仏プロヴァンス地方、地中海リゾートの定番ニース、豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿など、フランス旅行には見どころが満載。滞在中はモンサンミッシェルへ訪れたり、歴史ある古城を巡ったり、セーヌ河...