フランスのチーズ : ルブロションで作るタルティフレット

Bonjour!フランス特派員のたびねこぱんぷるです。

今日ご紹介するチーズは〈ルブロション ドゥ サヴォワ Reblochon de Savoie〉〉。

長いので普通はルブロションと呼びます。
サヴォワ地方Savoieはスイスに近いアルプス山脈にあります。

フランス国内でどこでも売っているポピュラーな牛乳のチーズ、ルブロション。

ルブロション

「あれ?ロブルションだっけ?ルブルションだっけ?」と、
フランス人も当惑してしまう名前のこのチーズ。

中身

柔らかくてクリーミーなルブロションはもちろんこのまま食べれますが、
ルブロションと言えばやっぱり《タルティフレットtartiflette》。

タルティフレットはメインディッシュになるサヴォワ地方の田舎風ポテトグラタンで、寒い秋冬にぴったりの一品です。

簡単なので作ってみましょう!

4人分として用意するのはジャガイモ800g、玉ねぎ1、カットしたベーコン200g。

そしてルブロション。

生クリームが大さじ2杯ぐらいあるといいですね。
そして塩コショウ。

ジャガイモは皮を剥き輪切り。
崩れない程度に柔らかく茹でてザルに取り水気を取ります。

玉ねぎはせん切りにしフライパンで炒め、
しんなりしてきたらベーコンを入れてさらに炒めます。

ルブロションはナイフで軽く皮を削いでから適当な厚さに切ります。

オーブン皿にジャガイモ、ベーコンと玉ねぎ炒め、生クリーム、ルブロションと順々に乗せます。

この過程を2-3回繰り返します。

準備

もし白ワインがあれば上からちょっとかけてあげると味にアクセントが付きます。

こちらはサヴォワの白ワイン、アプルモンApremontです。

ワイン

220°Cくらいのオーブンに入れ15-20分。
ルブロションが溶けて表面に焦げ目がついたらでき上がりです。

焼き上がり

熱いうちにふうふういって食べましょう。
今日はグリーンサラダを添えてみました。

お皿

いただきま~す!!

旅工房のフランスツアー
フランスツアーを探すなら、こちら。

フランス
世界中の旅行者を魅了してやまない国、フランス。芸術の香りに包まれたパリをはじめ、太陽の恵み豊かな南仏プロヴァンス地方、地中海リゾートの定番ニース、豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿など、フランス旅行には見どころが満載。滞在中はモンサンミッシェルへ訪れたり、歴史ある古城を巡ったり、セーヌ河...