リヤド ギタ
52 Bouajjara, Bab Jdid, フェズ モロッコ
4.5 / 5
口コミ数 : 198 件
総合評価
価格
35 口コミより4.5
客室
35 口コミより4.5
清潔感
35 口コミより4.5
サービス
35 口コミより4.5
true
最近の口コミ
ユーザー情報
PP_suzuki
横浜市, 神奈川県
利用目的
友達との旅行
安価なリヤド
3 / 5 2019/06/09
雰囲気も良く、部屋も広くて良かったのですが、バスルームから異臭がしたのと、シャワーコーナーの排水が詰まっていて、シャワーを浴び終える頃には5センチ程水が溜まりました。 掃除をするように言ったものの、2泊目も状況変わらず、残念でした。 一階の部屋は天井の装飾が素晴らしく、またバスタブもありました。2階の部屋はシャワーのみですが、中庭と外側と両方の窓を開けると風通しも良く快適でした。 シャンプーと石鹸、ヘアドライヤーあり。
ユーザー情報
trip_love1987
Osaka-shi, Osaka, Japan
利用目的
友達との旅行
アクセスしやすい静かなところ
5 / 5 2019/05/10
道の込み入った旧市街の中では非常にアクセスしやすいリヤドです。近くに水などを買えるお店や観光客も入りやすいカフェレストランもあります。スークにもアクセスしやすいですが、門は遠いです。 たくさんの宿泊客が泊まれるようですが、部屋の中は非常に静かでした。屋上にも行けて、洗濯物干しも自由に使わせてもらいました。テラスもあります。 シャワーはお湯、水圧問題ありませんでした。ドライヤーがあったかは覚えておりません。部屋もソファ、ベッドが充実しておりオシャレでした。 ディナーもいただきました。クスクスやタジンなどスタンダードなモロッコ料理がいただけて2000円程度でした。フェズは夜出歩くのは怖かったので非常に助かりました。ディナーをいただく場合は当日でもよいので予約をされるのがベターだと思います。 オーナーさんは充実英語が話せる方でした。1日ゆっくり贅沢にリヤドで過ごすのも良いと感じる場所でした。
ユーザー情報
sputa
利用目的
一人旅
Fès刺繍に恋をした。
5 / 5 2018/11/19
落ち着いたモロッコのリヤドです。とても静かで、朝食のフランスパンがとても美味しかったです。そして、なによりお部屋や食事のテーブルクロスに施されるフェズ刺繍がとても素敵でした。2014年に訪れ、帰国後すぐにこの刺繍を学び始めました。もう4年になります。モロッコは、その後何度か訪れました。一人旅もします。 いつか、フェズ刺繍をライフワークに出来たとき、もう一度、恋をした刺繍を、このリヤドに観に行きたいと思っています。
ユーザー情報
15lvkkn
利用目的
友達との旅行
雰囲気は良いです
3 / 5 2018/04/11
モロッコっぽリヤドです。 雰囲気はありますが、凄く綺麗ではありません。 贅沢を言わなければ、普通に過ごせます。 シャワーはお湯が出なくなることがあったので、早めにシャワーを浴びた方が良いと思います。 宿の方は皆さん親切でした。
ユーザー情報
tototo824
素敵なリアド!
4 / 5 2016/04/30
ジュディド門(bab el djedid)近くで、車道からすぐなので分かりやすく、タクシーも拾いやすいです。中心街への入り口となるルシーフ広場までは大きな道を道なりに進んで7〜8分位。 中庭がリアド独特の素敵さでした。シンプルな外観から入って、この中庭を見たときの感動といったら・・。屋上もなかなかよかったです。 部屋は3階。十分に広いし、素敵な内装でした。セーフティボックスあり、ドライヤーなし。(でも、乾燥してるので一晩寝ると髪乾きます!)持って行って良かったものは、部屋履き用ビーサン、コップ付き歯磨きセット、寝巻き、マスクです。お湯は問題なく出ます。 ディナーもここでお願いできます。コースのみで、180DH〜300DH。私たちは180DHのレモンチキンタジンとクスクスのコースを頼みました。4種の前菜→メイン→デザートですが、どれも美味しい!!けどちょっと多かった。パンがたっぷりついてくるので、足りないことはないかと思います。屋上でも食べられるし、中庭でも食べられます。屋上は日が沈むと肌寒く、ジャケットを羽織りながら食べました。 スタッフは皆フレンドリーで親切でした。みなさん英語が話せます。行きたいところをタクシーのドライバーに見せられるようにアラビア語で書いてくれたり、朝早い出発の日に朝食をテイクアウトにしてくれたり、色々な相談に乗ってもらえました。
198 件中: 1 ~ 5 件目の口コミ

この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

2015 TripAdvisor LLC がすべての版権を保有します。
ウィンドウを閉じる