Inle Apex Hotel
No. 54, Win Quarter, Phaung Taw Side Road, ニャウンシェ ミャンマー
4.5 / 5
口コミ数 : 201 件
総合評価
価格
35 口コミより4.5
客室
35 口コミより4.0
清潔感
35 口コミより4.5
サービス
35 口コミより4.5
true
最近の口コミ
ユーザー情報
hiloiuki
さいたま市, 埼玉県
利用目的
一人旅
ボート乗り場に近い。
4 / 5 2018/01/23
インレー湖観光のボート乗り場に近くて便利です。 ニャウンシュエのバスターミナルからも徒歩10分ちょっとです。 ホテルのスタッフも人がよく感じが良いです。 部屋は少し狭いですが問題無し。 朝ごはんはそんなにおいしく無いかな? 笑
ユーザー情報
asiahaohao
大阪市, 大阪府
インレー湖観光ボート乗り場に近い
4 / 5 2018/01/03
部屋は広めで清潔 レセプションは親切 とても快適です。小さめのナイトマーケットが近くにあり夕食には困らないが野犬が多いので注意してください。
ユーザー情報
K K
中部地方
利用目的
一人旅
ボート乗り場から近い
3 / 5 2017/04/08
ボート乗り場が近いことと、周辺にレストランも多いので選びました。 街中は街灯の光が弱く、街の周囲も山に囲まれていますので暗くなるのが早いです。ホテルの立地は飲食店が近いところを選択することをお勧めします。 部屋は掃除が行き届いて快適に過ごせます。ただ、シャワーを固定する位置が高すぎてその位置にセットすると便器が水浸しになります。背の高い方でもこの位置は使いにくいと思います。あと一泊目の夕方から何度も停電しました。すぐ復旧することもあれば数十秒暗いままということもありました。二日目は停電はありませんでした。 事前にメールで滞在中のスケジュールの相談ができたのはありがたかったです。 空港へのピックアップとそのままカックーへ行くタクシーを手配してもらいました(65000K)。 翌日はボートトリップ6Hで20000K/1人、8Hで25000K/1人。8時間のコースだとインデイン遺跡が付きます。調べていた相場より高いと思いましたが一人参加でしたので上記の値段で参加しました。ボートの運転手はいつもにこやかで写真を撮っているとボートのスピードをおさえて写真がとりやすいようにしてくれます。ただ、ほとんど英語が話せないようで、目的地に連れてってもらうのみで説明といえば寺の名前とボートから降りてからの道順をジェスチャーする程度。説明がほしい方はガイド付きの方がいいと思います。なくても十分楽しめました。
ユーザー情報
ともちん
港区, 東京都
便利な場所にあるし快適に過ごせた
5 / 5 2016/11/29
ボートを乗るところのすぐ近くにあるのでインレー湖でのアクティビティのときにとても便利だし、マーケットも歩いてすぐいけるので朝から夜まで快適に移動できた‼ お部屋はひろめでゆったりすごせ、掃除もゆきとどいていて快適だった。また泊まりたいホテルの一つです
ユーザー情報
MariCarr84
ローマ, イタリア
利用目的
友達との旅行
Inle lake visit
3 / 5 2019/01/24
We stayed for 4 days here. Staff is nice but just 2 or 3 can comunicate in english. Rooms are clean but the bathrooms are ugly. They gave us a room on the 3rd which we asked to be changed because of the balcony was packed with pidgeons' poop. Electric sockets must be changed, we had to invent genius ways to charge our phones. We had to touch the hairdryer while driyng our hair because otherwise it wouldn't work, and there was no plug in the bathroom. Wifi worked poorly. Breakfast is okay, the last day they prepared the buffet which is better than what we had for the first 3days.
201 件中: 1 ~ 5 件目の口コミ

この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

2015 TripAdvisor LLC がすべての版権を保有します。
ウィンドウを閉じる