Surf trip in Bali

日本のサーフィンを応援します。

協賛

Charm point

海外サーフトリップの魅力について

プロサーファー 牛越 峰統

(プロフィール写真:バリ島の友人と牛越プロ)

サーフトリップって地球上の自分にとってのバージンウェイブに出会えること。
それはサーファーとして本当にたまらない魅力です。
言葉を問わず世界中のサーファーとそんな波を共有できる時間は
一生の思い出となるメモリーですね。
海から上がってその国の食や文化をカラダで味わえること。
サーファーならではのカルチャーに触れることができます。

旅を共にするサーフボードを選んで旅の準備を進める。
その準備の時間を費やすときからトリップはもう始まっています。
だからこそ旅先で出会うもの全てにリスペクトできて、自然体の自分自身がいて
時の流れるままにその空間に溶け込んでいける。
きっとすごくリラックスしてる自分に久しぶりに
向き合えることができるそれがサーフトリップなのかもしれません。
そこに新しい発見が自分自身に起こるんじゃないですかね。

自分のお気に入りのサーフボードやウェットスーツなどサーフギアーを改めて
見直すことができて、自分のサーフィンスキルを向上させるために、
海外サーフトリップを楽しむことはサーファーとして深みを増すと同時に
人間的にも成長できることだと思います。

ムラサキスポーツ所属 プロサーファー 大原 洋人

バリには大会では何度も行っているのですが、
波も最高!ご飯も最高!人も最高!
しかもバリには様々なレベルの波があるので、初心者から上級者まで
みんなが楽しめる場所だと思います。
しかもバリニーズは日本人にも優しいし!
是非みなさんバリにサーフトリップ行ってみてください!
リピートしたくなっちゃいますよ(笑)

ムラサキスポーツ所属 プロサーファー 大橋 海人

普段とは違う海から見た景色、それが海外という異国の地!
しかもそこには最高の波がある!
そんなロケーションの中で、最高に楽しい仲間達と
一緒にサーフィンをする。
「日本ではできない体験」ができるのが海外トリップの魅力です。
海外には日本にはない文化や食事があるので、
サーフィン以外にも楽しみがたくさんあるので、
全部ひっくるめて海外でのサーフトリップの魅力。
みなさん是非海外でのサーフトリップにチャレンジしてみてください!

Bali Surf Point

バリのサーフポイント解説

  • 01

    クタビーチ

    初級者~上級者

    ボトム:ビーチ(砂) ブレイク:レギュラー·グーフィー

    ビーチブレイクなので初心者でも気軽に楽しめるポイントです。ただし波が大きくなるとカレントが強くなるので流れに注意が必要。また、ロータイド時はダンパーになりやすいため、おすすめはハイタイドです!

  • 02

    エアポートリーフレフト/ライト

    中級者〜上級者

    ボトム:リーフ ブレイク:レギュラー・グーフィー

    空港からすぐそばにある、レフトとライトが隣接しているポイントです。アウターリーフのため、ポイントまではボートで移動します。ボートに乗るとトリップ気分がさらに盛り上がること間違いなし。またインサイドのポイントにですと、ロングでも楽しめるメローな波もあります。

  • 03

    ウルワツ

    中級者〜上級者

    ボトム:リーフ ブレイク:グーフィー

    世界大会も開催されたこともあり、「バリ島=ウルワツ」と言っても過言ではありません。それほど世界的に有名なポイントであるウルワツには、合わせて5つのポイントが存在します。インド洋からのウネリの反応も良いため、ほぼ毎日サーフィンができます。

監修:ムラサキスポーツ

旅工房だから便利な3つのポイント

その日のいい波のポイントを教えてくれる
現地のサーフガイドを手配できる。

旅工房なら旅行代金の分割払いができるから、
今すぐにサーフトリップにチャレンジできる!

詳しくはこちら

トラベル・コンシェルジュと一緒に、
思い通りのプランをカンタン予約。

旅工房は、それぞれの国に詳しいトラベル・コンシェルジュがお客様のご予約を承っています。「できるだけ安く行きたい!」「海が近いホテルがいい!」「ロングボードは持って行けるのかな?」「どうしても行きたいポイントがある!」など、お客様ごとに旅の条件や不安なこと、楽しみなことはさまざま。トラベル・コンシェルジュは、そのすべてをお電話でお伺いし、あなたのベストな旅をつくります。

コンシェルジュにお問い合わせ

旅工房は、
JPSAバリサーフィン大会を応援します。

旅工房が協賛する、2018年度JPSAジャパンプロサーフィンツアー
【GARUDA INDONESIA TABIKOBO MURASAKI PRO】が4月14日に開幕します。
その舞台となるのは、一流の波が割れると世界中のサーファーが憧れるサーフポイント“クラマス”。
日本のプロサーファーたちに、最高の波で最高のパフォーマンスを魅せていただけるよう、
旅工房は選手とスタッフの日本からバリ島への渡航をサポートします。

JPSAムラサキプロ観戦
バリ島サーフツアー2018
2018.4.17[tue]-22[sun]
お申し込みは終了しました

ムラサキスポーツのスタッフと一緒に、バリ島で開催される日本トッププロ達のサーフィン大会(JPSA)を観に行きませんか?
大会観戦のほか、地元で人気のサーフガイドが当日のベストポイントへお連れし、実際にサーフィンも楽しむことができます。
もちろんガイドも一緒に海に入ってくれるので安心です!
また滞在中にはホテル内でプロサーファーとの食事会も!
1人では体験できない、この時期限定のツウなグループツアーをご提案します。

協賛

FAQ

はじめてのバリサーフトリップ

海外サーフトリップについて

初級レベルでも海外サーフトリップに行って大丈夫ですか?

はい、もちろんです!海外にも初級者向けのポイントがたくさんあります。ただ、初級者だけで初めてのポイントに入るのは不安がつきもの。現地のサーフガイドを手配し、一緒に海に入ってもらうことおすすめします。

現地の言葉が話せなくても大丈夫ですか?

はい、現地の言葉が話せなくても、サーフィンをすることはできます。ただ、現地の言葉が分かると、現地のサーフポイントについて情報収集ができるほか、サーファーとの交流も楽しむことができ、サーフトリップがより充実します。通訳もしてくれる現地サーフガイドの手配がおすすめです。
バリ島の公用語はインドネシア語ですが、多くの場所では英語が通じ、観光地やホテルには日本語を話せる人がいる場合も。また、旅工房の現地手配先には日本人スタッフがいるので、英語が苦手な方でも安心してお過ごしいただけます。

サーフポイントへの移動手段はどうすれば良いですか?

主な移動手段は車です。
レンタカーで移動の場合、現地の駐車ルールに気をつけましょう。また、レンタカーは車上荒らしのリスクも高くなります。しっかりと緊急時の連絡先確認や対策を行いましょう。
旅工房でサーフガイドを手配する場合は、移動車の手配も含まれています。サーフガイドが運転しますので、その日の天気や波の状況を考慮しながら、お客様のレベルにあったポイントを選定して送迎します。

日焼け対策って必要ですか?

はい、日焼け対策は必要です。バリ島は4~10月が乾季、11月~3月が雨季ですが、年間を通して日差しも強く、気温も26~29℃程度。
しっかりと日焼け止めを塗り、長袖ラッシュガードやタッパーを着る、サーフハットを被るなどの日焼け対策をすることをおすすめします。
強い日差しを長時間あびていると酷い場合には火傷になり、サーフィンができなくなることもあります。
日焼け止めの種類や使用方法などは、ムラサキスポーツスタッフにご相談ください。

もちものについて

海外サーフトリップに行く時は、特別に何か準備が必要ですか?

海外サーフトリップでは、ボードを入れるケースが必須。飛行機の揺れなどで大切なマイボードが破損してしまうと、せっかくのトリップが台無しです。しっかりとしたケースの準備、正しい方法でのパッキング(梱包)をして輸送中の破損などを防ぎましょう。
その他にも下記の物を持っていくと、様々なトラブルを避けられます。

準備するといい物
  • ハードケース
  • 予備のリーシュコード
  • 予備のフィン
  • フィンキー
  • サーフボード用ワックス
  • 簡易リペアキット
  • 日焼け止め
  • ファーストエイドセット
  • サーフハット/サーフキャップ
  • リーフブーツ
  • ラッシュガードやタッパー、ウェットスーツ類

※ウェットスーツについては渡航先の水温や気温などによって種類が異なります。事前にムラサキスポーツのスタッフに相談することをおすすめします。

Wi-Fiは借りた方が良いですか?

はい、Wi-Fiのレンタルをおすすめします。グループでサーフィンする場合、ポイントが分かれてしまっても、Wi-Fiがあればグループ間で連絡を取り合うことができます。波情報の共有のほか、現地で自由に動けるようになるので便利です。

マイボードを持っていく場合、どのように包めばよいですか?

バリ島について

日本との時差はどのくらいありますか?

バリ島は日本の-1時間です。時差が少ないので翌朝から万全の状態でサーフィンを楽しむことができます。

バリ島の通貨は何ですか?

通貨はルピア(Rp.)で、およそ1円=120ルピアです(2018年1月現在)。また、多くのお店ではクレジットカードが使えます。

バリ島で日本の電化製品は使えますか?

バリ島の電圧は220Vなので、電化製品に100V~220Vといった表記があれば、使うことができます。プラグは主にC型プラグです。プラグは家電量販店などで数百円から販売されていますので、事前のご購入をおすすめします。

トラブルについて

板が壊れてしまった時、盗難にあった時はどうすれば良いですか?

サーフボードが壊れてしまった場合、比較的小さな破損の場合は簡易リペアキットで対応しましょう。
リペアキットで対応できないほどの大きな破損の場合は、サーフガイドに相談し、近くのサーフショップで修理してもらってください。
また、盗難に遭ってしまったら、現地の警察に行き対応してもらいましょう。その際に必ず証明書を受け取り、無くさないよう保管してください。

サーフィン中に怪我をしてしまったらどうすれば良いですか?

まずは真水でしっかりと洗い流し、菌が入らないようにしたあと、近くの病院に行きましょう。また、リーフなどで切ってしまった場合は、真水で洗い流した後に薬を塗り、早めに病院へ。
海外旅行保険ではすぐに治療を受けれられるプランがあるので、トラブルに備えて加入しておくことをおすすめします。海外旅行保険については旅工房スタッフにご相談ください。

監修:ムラサキスポーツ

メールマガジン登録

お得な情報を、優先的にお届け!
トラベル・コンシェルジュおすすめのツアーをご紹介します。

  • 会員専用ツアー
  • 急遽空きが出た人気ツアー
  • 数量限定ツアー

バックナンバー・解除はこちら >

※このフォームより個人情報をお寄せいただくには、
必ず「 個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき ご同意のうえ「確認画面に進む」ボタンを押してください。

  • 観光庁長官登録旅行業第1683号(第1種)
  • 一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
  • 国際航空運送協会(IATA)公認代理店
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • JATA
  • IATA
  • プライバシーマーク
  • 東証マザーズ上場 証券コード6548

© TABIKOBO Co. Ltd. All rights reserved.