アブシンベル旅行・ツアー

あなただけの旅行をご提案

旅行相談も受付中

  • 参考事例 1

    Aさん / 61歳

    フルサポート安心安全
    な旅がしたい。

    トラベル・コンシェルジュのイメージ トラベル・コンシェルジュのイメージ
  • 参考事例 2

    Wさん / 38歳

    希望の旅行商品が
    どこにも無い。

    トラベル・コンシェルジュのイメージ トラベル・コンシェルジュのイメージ

メール相談する(無料)

※ご希望内容によっては、手配旅行をご案内する場合がございます。

こだわりのテーマから探す

アブシンベルの観光情報

コンシェルジュが語る
アブシンベルの魅力

ナイル川上流のヌビア地方に位置する、湖畔の町「アブシンベル」。この町が世界中の旅行者を惹きつける魅力は、何といっても「アブシンベル神殿」の存在です。 世界遺産にも登録されているアブシンベル神殿は、紀元前13世紀に岩を切り抜いて造られた石窟神殿。横幅約38m、高さ約33mを誇るこの大神殿は、古代エジプトで最も有名なファラオ「ラムセス2世」によって建造されました。神殿の入口に立つ巨大なラムセス2世の4体の像は、いかにラムセス2世が栄華を誇ったかを知らしめるように訪れる旅行者を出迎えるでしょう。ツアー客でも神殿内部に入ることができ、ラムセス2世の立像が8体並ぶ大列柱室や、ラムセス2世が神々の像と並ぶ至聖所、エジプト伝統の絵が描かれたレリーフなど、見どころは満載です。偉大なるファラオが誇った権力や、古代エジプトの建築技術を肌で感じながら、ぜひじっくり観光をお楽しみください。また、アブシンベル観光には日帰りツアーで訪れる旅行者も多いですが、ぜひ1泊して、夜に行われるアブシンベル神殿の「音と光のショー」にも参加されてみてはいかがでしょうか。神殿前の4体の石像が幻想的に照らされ、音楽を交えて神殿の歴史が語られます。エジプトの歴史に浸りながら、神秘的な雰囲気をお楽しみいただけるでしょう。

アブシンベルのみどころ

  1. アブシンベル大神殿

    紀元前1280年頃、ラムセス2世によって造られた岩窟神殿。大神殿の最も奥にある至聖所には、右から順にラー・ホルアクティ神、ラムセス2世、アモン・ラー神、プタハ神という4体の座像がおさめられており、毎年春分の日と週分の日には、朝日が入口から射し込み、右の3体の像に当たるよう計算されています。

  2. アブシンベル小神殿

    ラムセス2世が、最愛の王妃であるネフェルタリと、ハトホル神のために建造した神殿。入口には左右に3体ずつ、王妃の像が王であるラムセス2世の像に挟まれる形で立っており、その足下には、彼らの子どもたちが刻まれています。小神殿の内部の柱に彫られたハトホル女神や王妃の彩色レリーフは、色彩の剥離が進んではいるものの美しく必見です。

  3. ナセル湖

    ナイル川中流に造られた人造の湖「ナセル湖」。長さは550キロ、幅は10~30キロにもおよぶ巨大な湖です。この湖が造られたことによって、古代エジプト遺跡の多くが水没してしまいましたが、現在は、豪華な客船に乗って湖に浮かぶ古代遺跡を見学してまわるクルーズツアーが開催されており、旅行客から人気の観光スポットとなっています。

モデルプラン in アブシンベル

  • 1日目
    アブシンベル観光

    アブシンベル大神殿・小神殿をじっくり観光後、アブシンベルにご宿泊。

  • 2日目
    日の出観賞

    アブシンベル神殿の日の出観賞。鑑賞後、アスワンハイダム、イシス神殿、切りかけのオベリスク観光にご案内。

アブシンベルへ行くツアーはこちら

アブシンベルに関する記事一覧はこちら

  • 観光庁長官登録旅行業第1683号(第1種)
  • 一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
  • 国際航空運送協会(IATA)公認代理店
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • JATA
  • IATA
  • プライバシーマーク

© TABIKOBO Co. Ltd. All rights reserved.