マサイマラ旅行・ツアー

あなただけの旅行をご提案

マサイマラの観光情報

コンシェルジュが語る
マサイマラの魅力

野生動物の楽園、マサイマラ。ケニア南西部に位置するこの国立保護区は、ケニアで最も野生動物の多い地区で、動物たちを一目見ようと多くの旅行者が集まるエリアです。中でも、マサイマラ旅行の醍醐味とも言える「ゲームドライブ」は、野生動物のハンティングを見るのに最適のツアーで、四駆のサファリ・カーでサバンナを颯爽と駆け巡りながら、野生動物たちの営みを驚くほど間近でご覧いただけるでしょう。また、合間の時間には読書やティータイムなどでロッジでのんびりとお過ごしいただくのもおすすめ。ラグジュアリーなテントロッジ、アフリカンなデザインのロッジ、高台からのサバンナの絶景を望むロッジなど様々な種類のロッジがございます。ケニアの滞在をより良くするために、ロッジ選びにこだわってみてはいかがでしょうか。

マサイマラのみどころ

  1. マラ川

    ケニアとタンザニアの国境に流れ、ヴィクトリア湖へと注ぐ「マラ川」。タンザニアに位置する「セレンゲティ国立公園」とケニアに位置する「マサイマラ国立保護区」との間を、ヌーの群れが移動する際に渡ることでも有名な川です。川にはカバやワニも生息しています。そこで生活している動物たちの姿に、大きな感動を得ることができるでしょう。

  2. ヌーの大群

    毎年7~8月頃、草食動物であるヌーは、乾季を迎えると牧草を求め、タンザニアにある「セレンゲティ国立公園」からケニアにある「マサイマラ国立保護区」へと群れをなして移動します。その数は150万頭以上にもなり、大群の移動は地響きが起こるほどの大迫力。ワニに食べられたり、溺れたりしながら命がけで川渡りをするヌーの姿は必見です。

  3. BIG5

    ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイという5種類の動物「BIG5」。木の根元で寝転がりお腹を見せるライオン、親子で水を飲むゾウ、草原に佇むバッファローの黒い大群。サファリツアーならではの楽しみと言えるでしょう。ケニアの大自然の中で見る、思い思いの時間を過ごす野生動物たちの姿は、忘れられない旅の思い出となります。

おすすめの1日 in マサイマラ

  • 早朝
    マサイマラ国立保護区にてゲームドライブ(2時間)

    野生動物の宝庫マサイマラ国立保護区。ライオンやチーター、アフリカ象やキリン、バッファロー、シマウマ、ヌー、トムソンガゼルなどに遭遇できるかもしれません。

  • 夕刻
    マサイマラ国立保護区にてゲームドライブ(2時間)

    野生動物の宝庫マサイマラ国立保護区にてゲームドライブ。大自然に暮らす動物たちの姿が、夕焼けと重なりシルエットになる風景は幻想的です。

マサイマラへ行くツアーはこちら

  • 観光庁長官登録旅行業第1683号(第1種)
  • 一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
  • 国際航空運送協会(IATA)公認代理店
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • JATA
  • IATA
  • プライバシーマーク

© TABIKOBO Co. Ltd. All rights reserved.