リフー島旅行・ツアー

あなただけの旅行をご提案

旅工房はこんなアレンジもできます

  1. arrange1

    せっかくなら長い休暇で3島周遊をしたい

    せっかくなら長い休暇で3島周遊をしたい

  2. arrange2

    1泊だけ5つ星のリゾートに泊まりたい

    1泊だけ5つ星のリゾートに泊まりたい

  3. arrange3

    オプショナルツアーに参加して観光をしたい

    オプショナルツアーに参加して観光をしたい

どうやってツアーを探す

いろいろなツアーを見てみたい

リフー島のおすすめ人気ツアー

特集から探す

こだわりのテーマから探す

リフー島のことが知りたい

ニューカレドニアの基本情報

  • 日本との時差

    2時間

ベストシーズン:9月~12月

飛行時間

約9時間

コンシェルジュが語る
リフー島の魅力

ニューカレドニア本島の東、ロイヤリティ諸島の1つが「リフー島」。島には素朴で緑豊かな自然が残り、喧騒から離れた休日を過ごしたい方におすすめな島です。旅行者に人気の「ロンガニビーチ」は、ウミガメの産卵地としても有名。運が良ければ、感動的な産卵シーンに出会えるかもしれません。
また、リフー島はニューカレドニアで2番目に大きな島。実は沖縄本島と同じくらいの大きさです。有名なイルデパン島に負けないくらいの活気がありながら、あまり知られていない「穴場」とも言われています。特に他の島にはない観光地としておすすめなのが、世界でも珍しい「バニラ農園」。ここでは手間暇がかかるオーガニック農法の見学ができ、バニラを使った限定商品も購入することができます。さらに、島内にはフォトジェニックな建物がたくさん並んでいます。中心街・ウェには、緑色の芝と碧い海を背景に建つ真っ白な教会があり、写真好きの人にはたまらないでしょう。教会に行くまでの道も、現地の人々によって舗装がされており、南国の植物で溢れています。島内は旅行者だけで回るには少し大変な広さなので、半日観光ツアーを事前に予約していくことをおすすめします。

リフー島のみどころ

リフー島の人気スポットランキング
  1. ドキン崖

    魅力あふれるビーチをいくつも持つリフー島で、観光といえば「ドキン崖」。島の北部にあるシュノーケルポイントであり、高さ30mほどの高台ながら海底を望めるほどの透明度を誇ります。地元の子ども達が遊んでいる場所でもあり、時には彼らとコミュニケーションをとるなど普通のツアーでは味わえないローカル感も満喫できるスポットです。

  2. ロンガニビーチ

    リフー島の南西、白い砂浜が広がる波も穏やかな「ロンガニビーチ」。ウミガメの産卵地としても知られ、シュノーケルポイントとしても人気の高いビーチです。エメラルドグリーンの海に差し込む陽の光を浴びながらのシュノーケルは格別!ビーチへのアクセスは、ツアーなどで利用する宿泊先の送迎かレンタカーの利用がおすすめです。

  3. バニラ農園

    世界的にも珍しい、バニラ栽培の様子が見学できるのがリフー島。収穫したバニラの実は日干しされ、島の特産品として販売されており、お土産として買うことができます。ここで栽培されたバニラは、世界でも最高品質でありながら海外に出回ることが少ない貴重品。ここにしかないバニラグッズを探してみてください。

モデルプラン in リフー島

  • 1日目
    ニューカレドニアへ いざ出発!

    直行便は昼出発の1日1便のみ。首都ヌメアへの到着は真夜中です。ホテル到着後は、明日からの観光に備えてゆっくりお休みください。

  • 2~3日目
    リフー島の中をぐるりと観光

    国内で2番目に大きいリフー島。人口も多く、旅行者に人気のイルデパン島より活気があると言われるほど。レンタサイクルで島を一周してみるのもオツ。

  • 4日目
    心ゆくまでビーチを楽しんだらヌメアへ

    リフー島と言えば、エメラルドグリーンの輝きが眩しいロンガニビーチ。運が良ければ浜辺でカメに会えることも。ギリギリまで南国のリゾートをお楽しみください。

  • 5日目
    中心街でのんびりお土産探し

    滞在最終日はヌメア市内でショッピング。独特なブティックから、地元の人で賑わう大型カルフールまで、お店はいっぱい!歩き疲れたらカフェで一休みを。

  • 6日目
    日本へ帰国。お疲れ様でした!

    帰りの飛行機は午前1時頃に出発するので、日本到着は朝の8時くらい。ご友人やご家族とニューカレドニアの思い出話に花を咲かせてください♪

リフー島へ行くツアーはこちら

ニューカレドニアに関する記事一覧はこちら

コンシェルジュに相談

理想の旅行が、きっと見つかる!

経験豊富な
ニューカレドニア専門コンシェルジュがツアー探しをサポート!

  1. point1
    ニューカレドニア専門のコンシェルジュがお客様のご要望に沿う旅をご提案します。
  2. point2
    年に1回以上現地を視察し、常に最新の情報を仕入れています。
  3. point3
    ツアーのアレンジオーダーメイドもお任せください!

ニューカレドニア旅行専門のコンシェルジュが、あなたにぴったりのツアー探しをサポート!

相談
無料

相談する(無料)

\ 相談無料 /

相談する

0570-015-055

月~金(10:00~18:30)
土・日(11:00~17:00)祝日(休み)

どんなご要望にも、お気軽にご相談ください。

経験豊富なニューカレドニア専門コンシェルジュをご紹介

「お客様にとっての最高の旅」を目指して、日々邁進中です。ご帰国後、「あの場所に行って良かった」と思っていただけることが、私の原動力になります。実際に現地を訪れて見たもの、触れたものを直接お話できることが、私達旅工房の強みです。その強みを活かし、1人1人のお客様が1番喜んでくれるツアーを創り出すお手伝いをさせていただきます。小さなご希望でも、どうぞお気軽にご相談ください。

おすすめ都市 ニューカレドニアには離島が複数あり、その中でも雰囲気の違う3つのビーチを楽しめる「イルデパン島」は、訪れていただきたい場所です。真っ白な砂浜とサファイヤブルーの海は、一度見たら生涯忘れられません。
旅先のお気に入りスポット ヌメア市内。マルシェ(朝市)はもちろんのこと、おすすめのショップが徒歩圏内に集まっているので、観光&ショッピングがとてもしやすいです。
旅先でのお気に入りの過ごし方 ビーチでのシュノーケリングや体験ダイビング。ニューカレドニアの海は、浅瀬にも驚くほどお魚がたくさんいるので、何10分でも飽きずに潜れます。
旅先で思い出に残っている味 人気のジェラートショップ「アモリーノ」のアイス。カップに好きなフレーバーを何種類でも盛ってくれます。私のイチオシフレーバーはピスタチオ!濃厚な香ばしさがやみつきになります。
必ず旅に持っていくもの 日焼け止め、薄手の長袖、ウェットティッシュ
自分にとっての旅とは 生きがいの1つ
思い出に残っている旅は リビエルブルー州立公園でハイキングをしたこと。丘の上からみた景色があまりにも素晴らしく、初めて言葉を失うという体験をしました。ハイキングは苦手な私ですが、幻の鳥とも呼ばれる「カグー」にも会えたので、また行きたいと思っているツアーです。
旅先で食べたベストグルメ シトロン湾沿いにあるクレープショップ「ル・ロシェ」のガレット。スタンダードなタイプから変わり種まで豊富な種類があります。どのガレッドもおいしいので、グループで別の味をシェアするのがおすすめです。
次回いきたい旅 ウベア島のムリビーチで、時間を忘れて海を眺めていたいです。

ニューカレドニア旅行専門のコンシェルジュが、
あなたにぴったりのツアー探しをサポート
ツアー探しサポート

ニューカレドニア旅行専門の
コンシェルジュが、
あなたにぴったりのツアー探しをサポート

目的地 必須

ご要望 必須

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

未入力の項目があります

お問い合わせ事例・流れはこちら

メールマガジン登録

お得な情報を、優先的にお届け!
トラベル・コンシェルジュおすすめのツアーをご紹介します。

  • 会員専用ツアー
  • 急遽空きが出た人気ツアー
  • 数量限定ツアー

バックナンバー・解除はこちら >

※このフォームより個人情報をお寄せいただくには、
必ず「 個人情報の取り扱いについて」をお読みいただき ご同意のうえ「確認画面に進む」ボタンを押してください。

  • 観光庁長官登録旅行業第1683号(第1種)
  • 一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
  • 国際航空運送協会(IATA)公認代理店
  • 旅行業公正取引協議会会員
  • JATA
  • IATA
  • プライバシーマーク
  • 東証マザーズ上場 証券コード6548

© TABIKOBO Co. Ltd. All rights reserved.