ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎
〒889-2162 宮崎県 宮崎市 青島1-16-1
4.0 / 5
口コミ数 : 502 件
総合評価
価格
35 口コミより4.0
客室
35 口コミより4.0
清潔感
35 口コミより4.0
サービス
35 口コミより4.0
true
最近の口コミ
ユーザー情報
blueusagi
東京23区, 東京都
利用目的
カップル・夫婦
3回目の宿泊です
4 / 5 2021/01/05
宮崎カントリー倶楽部でプレーするために 宿泊しました。 3回目の宿泊です。 プレミアフロアーのスーペリアツインです。 オーシャンフロントで景色が良く、 お部屋で寛ぐのもおすすめです。 お風呂や水まわりは、あまり新しくないですが、清潔ではあります。 目の前が海なので、サーファーの利用も 多いようで、サーフボード置き場もあるようです。 レストランは、和食も利用したことがありますが、中華がおすすめです。 家族連れにもおすすめのホテルだと思います。
ユーザー情報
miya_000
利用目的
友達との旅行
良いホテル
5 / 5 2020/12/26
初めての宮崎旅行で利用しました。 アクシデントはありましたが、スタッフの方の対応は好感がもてました。こちらが困っている事にも親切に対応をしてくださり、ありがとうございます。 また、利用したいと思います。
ユーザー情報
CAFE-GQ
川崎市, 神奈川県
どことなく緩い雰囲気のホテル
3 / 5 2020/12/07
ホテル玄関前にある駐車場は駐車台数に限りがあり満車だと少々離れた駐車場になってしまいます。 日帰り入浴に来る地元民が多く、その人たちが玄関前の駐車場に駐車するので宿泊客が離れた場所にある駐車場に停めることになってるように感じました。 地元民優先なのか宿泊客優先なのかの線引きがあやふやなのが残念でした(宿泊者と地元民の駐車場を分けた方が良いと思いました)。 3Fにある大浴場は地元民6割、宿泊客4割の利用といった感じで地元民優勢です。 サウナは3名程度しか入れない小さいサイズで夜のみしか利用出来ませんでした(朝風呂時はクローズですがそれがどこにも表示されてませんでした)。 朝風呂時は日帰り入浴客がいないのでサウナに入れると思ってただけに残念でした。 部屋はそれなりな広さで使い勝手も悪くありません。ただ、冷蔵庫の音と振動が煩いので気になる人だと不満を感じそうです。 リゾートホテルだとバルコニー必須ですがここは築年数も経てるのでバルコニー無しでした。 朝食の評判がいまひとつだったので気になってましたが噂通りでした。 メニュー数はビジネスホテルと同等レベル、特にパンの種類が少なく(3種ぐらいでした)市販のパンを並べてるような感じに思えました。 料理の補充も追いついていないようで空になったメニューも見られました。 全体的にスタッフの仕事が作業になってしまっておりホスピタリティーが感じられなかったのが残念でした。 ビジネスホテルとシティーホテルの中間ぐらいだと思って投宿すればそこそこ満足できるホテルだと思います。
ユーザー情報
NattoYamaha
利用目的
カップル・夫婦
Bad COVID capacity planning 大人数が宿泊したらソーシャルディスタンスが取れない
2 / 5 2020/11/28
今回の宿泊は3回目で前回5年前に宿泊した時よりもサービスが落ちていて驚きました。 コロナ禍で大人数が宿泊した時のプランニングができていない。大浴場や朝食場所はお客さんに時間を選んでもらいその時に来てもらう、など旅館のように徹底して混雑を避けるべき。 チェックイン時に確認もなく喫煙室に案内されたのも驚きました。 クリーニングサービス後、夕飯前に部屋に戻ったら、ドアと窓が開けっ放しでした。貴重品が大丈夫かすぐ確認しました。 今年当ホテルで結婚式を挙げる予定でしたが翌年の同日の延期をお願いしましたが、要望通りに抑えられてなかったので急遽2ヶ月繰り上げることに。問題解決は全部自分たちで手段を見つけるような感じがして、海外からの友人や親戚を招待するのにとても不安です。
ユーザー情報
Resort806889
東京23区, 東京都
利用目的
カップル・夫婦
ホテルスタッフの質はSクラス
4 / 5 2020/11/21
宮崎観光で4連泊しましたが、到着時のドアマン対応が素晴らしく(手荷物を預け駐車場まで案内)又全スタッフが明るい笑顔で迎えてくれ気持ち良いチェックインでした。客室は衣類箪笥も有り、バスタブ大き目で4連泊には充分です、朝食メニューがチョト寂しのが残念でした。
502 件中: 1 ~ 5 件目の口コミ

この口コミ情報はTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

2015 TripAdvisor LLC がすべての版権を保有します。
× ウィンドウを閉じる