お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

社員インタビュー

自分で企画したニューヨークシティマラソンツアー、
私自身も走ってきました。

YUKO HORIE

堀江 裕子

2013年入社
法人営業セクション
大山高等学校 普通科

本当にチャレンジしていい会社だった

2年前に先輩に誘われて初めて走ったハーフマラソンで、マラソンというスポーツに興味を持ちました。世界のマラソン大会を調べてみると、面白そうな大会が多く、自分でツアーを企画してみたいと思うようになり、ある日書きこんだ日報がキッカケでニューヨークシティマラソンのツアーを企画することになりました。しかし私は予約手配担当のため、ツアーの企画は初めて。初めてのことに挑戦する楽しみと、しっかりと成功させられるのか不安な気持ちが入り混じっていましたが、上司がツアー企画のための時間を設けてくださったり、どんな事に注意をするべきか、企画段階で重要なことを要点をまとめて教えてくださり、旅工房初のニューヨークシティマラソンツアーを販売できることに。完成・販売できた時は本当に嬉しく、何事にもチャレンジしていい会社なんだと改めて実感しました。

書類は郵送ではなく手渡しすることも

旅工房は「信頼」を非常に大切にしている会社だなと感じています。私の仕事は法人様向けの出張や海外赴任時の手配業務なのですが、最近は法人様に送る書類を郵送ではなく、直接お伺いして手渡しさせていただいております。やはり顔と顔を合わせてお話しすると、「実は最近これが困っていて」「今度プライベートの旅行もお願いできるかな」といったご相談を受けることも。信頼を大切にしている旅工房だからこそできることだと思います。

職場の雰囲気がとても良いです

先輩後輩の隔たりが無いというのはこのことかと感じられる会社です。特に先輩の方が忙しいはずなのに、積極的に話しかけてくれるんです。緊張している後輩からすれば、雰囲気も和んでとても過ごしやすい環境を作ってくださっているなと感じます。また私は、入社するまで海外旅行をしたことがなく、入社してからも初めての国はどこが良いかと悩んでいると先輩方から声をかけてくださり、いろんな国の魅力を話してくださいました。これがトラベル・コンシェルジュかと、旅の魅力をこんなにも楽しそうに話せるというのは本当に素敵だなと憧れを抱きました。
今ではツアー同行で海外へ行くなど、「話す」とは違う方法でお客様へ旅の魅力を提供しています。誰にでもチャレンジできる環境がありますね。

旅工房に入社する方へメッセージ

旅工房に入社する方へメッセージ

旅行が大好き、自分で新しいことにチャレンジしてみたいと考えている方には、ぴったりの会社です。旅工房には自分を支えてくださる先輩、上司がいて、考えを実行に移せる環境がありますよ。

渡航歴

ヨーロッパ フランス 2回 (パリ、ボルドー)
イギリス 1回 (ロンドン)
オランダ 1回 (アムステルダム)
ベルギー 1回 (ブリュッセル)
アジア 台湾 1回 (台北)
中近東 アラブ首長国連邦 1回 (ドバイ)