ガレージワインの火付け役がつくる本格ワイン、シャトー ヴァランドロー

世界中の旅行者を魅了してやまない国、フランス。

美食の国としても有名で、広大なぶどう畑からできる宝石のようなワインを求めて本場フランスへ旅行に行く方もいるのではないでしょうか。

 

サンテミリオン地区にあるシャトー ヴァランドロー Château Valandraudは、

2012年の格付けの見直しでサンテミリオンのプルミエ グラン クリュ クラッセ

1er Grand Cru Classé に昇格したワイナリーです。

サンテミリオン村から田舎道を東へ車で7分ぐらい。

こじんまりとした農家のような建物です。

写真で見ると小さそうですが実は奥行きがある建物です。

ボルドーのワイナリーはシャトーと呼ぶのが一般的ですが、歴史を持つ大きな城館(シャトー)を持つワイナリーは少数で、多くはこういった農家に醸造所が付随している感じか、住人がいない場合は醸造所と事務所くらいしかありません。

 

敷居をまたぐとそこは小さな醸造所で、オーナーのジャン-リュック テュヌヴァン Thunevin 氏がいたので「こんにちは~」と挨拶。

写真では見づらいですが左側の人です。

テュンヴァン氏はワイン商としても有名です。

シャトー ヴァランドローは約10ヘクタールのブドウ畑を持っていて、

シャトー ヴァランドローそしてセカンドワインがあります。

また白ワインも出しています。

 

かの有名なロバート パーカー氏がテュヌヴァン氏に「bad boy」と「Black sheep」というあだ名を付けたことをきっかけにクリエートされたのが、黒い羊のラベルのBad Boyというガレージワイン。

 

爆発的にヒットして現在に至っています。

このテュヌヴァン氏がガレージワインの火付け役だったんですよ。

 

シャトー ヴァランドローではB&Bもやっています。

宿泊施設を持つシャトーが最近多くなってきました。

車があれば普通のホテルよりもずっと楽しいと思いますよ!

 

【Château Valandraud】

住所:6 rue Guadet BP 88 - 33330 Saint Emilion

「ガレージワインの火付け役がつくる本格ワイン、シャトー ヴァランドロー」が気に入ったら



フランスの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動


閉じる