10数年だけ栄えた幻の都。密林に潜む謎多きカンボジアのピラミッド

インドシナ半島の中央にはメコン川が悠々と流れ、東南アジア最大のトンレサップ湖が横たえるカンボジア。

今回は、カンボジアにあるコアな遺跡「コーケー」をご紹介します。

 

コーケーは、928年にジャヤバルマン4世によって創られた

ヒンドゥー教の遺跡です。

 

アンコール地方から10数年間のみここに都が移されていました。

王の死後は、再びアンコールへ都が戻り、コーケーは長い間放棄されました。

都として栄えた期間が短かったため、ほとんど情報が残っておらず

謎多き遺跡です。

 

幻の都コーケーですが、他の遺跡とはちょっと変わった形をしています。

それではさっそく遺跡の中を見てみましょう。

 

苔むした遺跡の山が、冒険心を掻き立てます。

 

先を進むと、見えてきました!

 

密林の中にピラミッドがあります。

 

カンボジアの遺跡の中でも、このピラミッド型は珍しく、

見るだけでも十分価値がありますが、さらに、登ることもできます。

足場はしっかりしているので安心です。

 

そしてこの眺め!

まさにジャングル。

 

コーケーは、市内中心から車で約2時間半の場所にあります。

近くには有名なベンメリア遺跡もあるので、1日で一緒に周るのもおすすめです。

 

定番の遺跡へすでに訪れたことのある方、遺跡好きな方、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

「10数年だけ栄えた幻の都。密林に潜む謎多きカンボジアのピラミッド」が気に入ったら



カンボジアの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動


閉じる