黄金のパイプオルガンに感動!ウィーンで2番目に古いペーター教会

音楽と共に築き上げられた街、ウィーン。

音楽の都と呼ばれ、トップレベルのオーケストラやオペラを楽しむため、多くの旅行客で賑わいます。

 

今回は先日訪れたペーター教会(ペータースキアヒェ・Peterskirche)をご紹介します。

ペーター教会はシュテファン大聖堂の広場からホーフブルク宮殿へ通じるショッピング通り、

グラーベン通りに面した教会です。

ちょうどグラーベンを横切る馬車が通る道の先にあります。

ペーター教会の創立は9世紀にまで遡り、

ウィーンで2番目に古い教会と言われています。

 

現在の建物は18世紀にハプスブルク家によって改築された

バロック様式のものです。

 

中は、外装からは想像がつかない程、豪華です。

これぞまさにバロック、というように、金をふんだんに使っています。

うしろには金の装飾が煌びやかなパイプオルガンがあります。

ペーター教会では毎日1時間程のオルガンコンサートが行われています。

帰り際にオルガン奏者とオルガン維持のための寄付は求められますが、

基本的に入場は無料です。

 

このような素晴らしい教会で、ミサ以外に無料でパイプオルガンを聞ける機会はあまりないので、パイプオルガンの音色に興味のある方は行かれてみるといいと思います。

 

【Peterskirche】

住所:Peters Platz 1, Wien

開館時間:月~金 7:00~20:00/土・日・祝 9:00~21:00

<オルガンコンサート>

月~金 15:00~/土・日 20:00~

「黄金のパイプオルガンに感動!ウィーンで2番目に古いペーター教会」が気に入ったら



オーストリアの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

RANKING

のランキング

  • 該当なし
  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動


閉じる