バンクーバーのアイコン的公園、スタンレーパークの魅力を紹介!

近代的な建物とともに四季折々の色彩豊かな風景を併せ持つ、バンクーバー。

カナダ西海岸の都市ですが、アメリカ・ロサンゼルスから約2時間40分で行くことができ

国内線のような距離感で気軽に訪れることができます。

 

夏のバンクーバーは暑すぎず、最高に気持ちのよい季節!

さっそくダウンタウンからもすぐのスタンレー・パークへ。

スタンレー・パークの広大な敷地には、水族館やカフェ、ビーチなどあり、市民や旅行者の憩いの場となっています。

ウォーキングや、サイクリングで公園を周遊することもできますよ。

せっかく夏に訪れたので3月から10月の間に催行される馬車ツアーに参加してみました。

こちらのブースでチケットを買って馬車に乗車します。

約一時間のツアーでは、運転手さんが英語で園内や風景の見どころや

歴史を説明してくれます。

 

この日はお天気にも恵まれ、バンクーバーのダウンタウンが

とっても綺麗に見えました!

途中、先住民族によって作られたトーテムポールが飾られたスポットに立ち寄ります。

ここでは馬車を降りて写真撮影できるようになっていました。

それぞれ違った部族によって作られたトーテムポールで

さまざまなストーリーやメッセージが刻まれているそうです。

再び馬車にのってツアーを続けると、岸辺に

モニュメントが登場。こちらはウェットスーツの少女像に

なっていますが、どこかで見たことがあるような・・・。

一説によると、コペンハーゲンの人魚像のオマージュなんだそう。

 

あっというまに一時間のツアーが終了。かなり敷地の広い公園なので、

このような馬車ツアーやレンタサイクルを利用して

のんびりと楽しむのが良さそうです。

 

みなさまもぜひ、体験してみてはいかがでしょうか?

 

「バンクーバーのアイコン的公園、スタンレーパークの魅力を紹介!」が気に入ったら



カナダの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動


閉じる