裏側公開!旅行会社しか行けない「FAMツアー」とは?参加レポートその1

旅行会社だけ参加できる「秘密のツアー」

一般の方は参加できない、旅行会社だけのツアーがある・・・?

常に世界各国の最新の旅行情報や流行を知っておく必要がある旅行会社スタッフたち。そんな旅行会社が現地の情報をつかむために参加する、企業向けのツアーを「FAMツアー」と呼んでいます。

今回は、タイ国政府観光庁日本事務所主催の「クラビ&カオラックMEGA FAM2017」に参加した旅工房の広報担当社員が、普通は見られないFAMツアーの様子をご紹介します!

 

・今回のFAMツアーについて

スパイシーなグルメに荘厳な数々の寺院観光、癒しのスパなどさまざまな魅力がある国、タイ。旅行に関する広報などを担当するタイの政府機関・タイ国政府観光庁が主催する今回のFAMツアーは、南部にある秘境のビーチリゾート、クラビとカオラックに焦点を当てたものです。

旅行会社やメディア総勢30名を招待し、クラビやカオラックのツアーを増やしたり、紹介記事を書いてもらったりして認知を広げるのが今回のメインの目的!乾季のベストシーズンを迎えたバンコク、クラビ、カオラックを7日間かけて巡ります。

11/13(月)10:00 出発前オリエンテーション

出発の2日前、タイ国政府観光庁の事務所で東京発の参加者を集めてオリエンテーションが行われました。FAMツアーの行程や、宿泊するホテルについての説明、当日の集合場所や服装・持ち物などの案内も。参加者同士名刺交換も行い、出発の準備は万端です!

 

11/15(水)

9:45 成田空港から出発!

ついにFAMツアースタート!ゲートの前で参加者のみなさまと待ち合わせし、タイ国際航空でバンコクへ向かいます。航空会社の格付けを行っているスカイとラックスが発表した「2017年ワールド・ベストエコノミークラス」で1位のタイ国際航空、約7時間のフライトも快適に過ごせます。

行きの飛行機からミッション開始!機内の様子もしっかり写真とメモに残しておきます。機内食や軽食、エンターテイメントなども記録しておき、トラベル・コンシェルジュへ共有します。

意外と戸惑う入国カード。お客様が不安に思いそうなポイントは、事前にお伝えしておくことで快適な旅行を楽しんでほしいもの。初めてのご旅行の方にも分かりやすいように、記入方法もメモしておきます。

タイの入国カードは出国カードと切り取り線でつながっています。入国審査のときに提出しますが、出国の部分は返却されるので、必ずなくさないように保管しておいてくださいね。

 

15:00 バンコク・スワンナプーム空港に到着

大阪、名古屋、福岡、札幌から集まる参加者と名刺交換とお話をし、他の旅行会社やメディアさんとのつながりを作りつつ情報をキャッチ!

移動のバスの中から見えたバンコクの道路の様子。すごい数のバイクを見ると、タイに来たんだという実感がわいてきます。

19:00 ボートで夕食へ

いまバンコクの若者に人気だという「SUPANNIGA EATING ROOM BY KHUNYAIxRoots Coffee」で夕食。FAMツアーでは現地で流行っているスポットなどの最新情報をキャッチできます。こうしたレストランやショッピングの情報も、お客様のご案内に活かせるポイント。

できてまだ5ヶ月というこちらのレストラン、内装もお料理もとってもおしゃれでした♪2階のテラスからはワット・アルンがきれいに見えますよ。

 

21:00 ホテルのバーを視察

夕食後は、宿泊する「Millennium Hilton Bangkok」のルーフトップバーを視察。キラキラしたバンコクの夜景を見下ろすことができ、とてもロマンチック。バーへのアクセスや雰囲気など、行ったからこそ分かる情報をお客様へのご案内に活かします。

1日目はこれで終了!FAMツアーの本番は次の日から。疲れがたまらないよう、ホテルでゆっくり休みます。

 

11/16(火)

8:30 ホテル視察①Millennium Hilton Bangkok

ホテルで朝食を済ませたあと、ロビーに集合し、宿泊したMillennium Hilton Bangkokを視察。

FAMツアーの大事なミッションの一つが、ホテル視察です。

定番から今売出し中のホテルなど、様々なホテルをホテルマネージャーやスタッフの説明を聞きつつ見学します。

お部屋の広さ、コンセントの位置、ミニバーの中身、バスアメニティなどお客様が気になる点は徹底的に写真とメモで記録。またレストランの場所や、ホテルの立地などもチェックしてお客様へのおすすめポイントを探ります。

【Millennium Hilton Bangkokのおすすめポイント】

・4軒あるレストランはすべてチャオプラヤ川を一望できる。朝食もバラエティ豊富。

・ホテルの隣には2018年夏完成の商業ビルが建設中。ショッピングに便利な立地になりそう!

・モダンでおしゃれな客室は窓が大きくとられていて、バンコクの景色を堪能できます。

 

9:30 ホテル視察②THE SIAM

【THE SIAMのおすすめポイント】

・緑がたくさんでフォトジェニック。SNS映えは抜群!

・客室は一室ずつデザインが違う。アンティークな小物がかわいくカップル、女子旅におすすめ。

・一室に一台スマホがあり、国際電話、ネットが無料で使えて便利。

 

13:20 タイダイ染め体験

タイダイ染め体験の出来る工房「Charm-Learn Studio」へ移動し、アクティビティを体験。どんな魅力があるのか、どんな方におすすめなのか、アクセスや費用、所要時間などをチェックします。

ちなみにこのアクティビティ、自分だけのアイテムができ、旅の思い出にぴったりでした!

★体験レポートはこちら

 

16:45 レセプションパーティへ出発

今回のFAMツアーでのメインイベント、タイ国政府観光庁主催のレセプションパーティ会場へ出発!タイ国政府観光庁が2018年のテーマ「Open to the New Shades of Thailand」をパーティに参加した世界40か国、総勢400名の旅行会社やメディアへ発表しました。

政府観光局と共同のキャンペーンを開催することも多い旅工房。来年のテーマやタイが打ち出していきたいポイントなどを学び、今後のキャンペーンの提案などの参考にします。

 

20:30 おすすめのおみやげをチェック

パーティ参加後、大型スーパーへ。事前にタイ担当のトラベル・コンシェルジュに聞いておいた、お客さまにもおすすめすることが多いというおみやげを探しにいきました。

★タイ旅行で買いたいおみやげ4選

 

ホテル施設にレセプションパーティと一般の方はなかなか体験できない行程が多かった2日目。次の日はいよいよ、このFAMツアーのメインであるクラビへの移動です。

旅行会社しか行けない!?「FAMツアー」参加レポート その2もどうぞ!

「裏側公開!旅行会社しか行けない「FAMツアー」とは?参加レポートその1」が気に入ったら



タイの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動

旅工房本体サイト:サマーセールに移動


閉じる