イケメン王子で話題の国『ブルネイ』へ!ロイヤルブルネイ航空搭乗レポート

天皇の即位の礼の際、イケメン王子の来日で話題になったブルネイ・ダルサラーム。2019年3月に成田とブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンの間に直行便が就航し、アクセスしやすくなりました。

今回ロイヤルブルネイ航空に乘ってブルネイに行ってきたので、気になる機内食やブルネイの空港の様子などをレポートします!

ブルネイってどんな国?

ボルネオ島にあり、マレーシアに隣接している人口40万人ほどの国です。イスラム教が国教で国民の8割近くがイスラム教徒。美しい2つのモスクが有名です。

BRUNEI_SultanOmarAliSaifuddienMosque_1-640x481""

英語が通じます

公用語はマレー語ですが、どこに行ってもだいたい英語が通じます!

渡航前は街中の写真でアラビア文字を見て、言葉通じなかったらどうしよう…文字が読めなかったら迷ったとき困るかも??と心配していましたが、大体英語も併記されており、構える必要はなかったです!

シンガポールドルが使えます

通貨協定が結ばれており、シンガポールドルとブルネイドルは等価に扱われます。紙幣であればブルネイでもシンガポールドルが使えます♪なので私はシンガポールドルを持っていきました。おつりはブルネイドルで返ってきます!

お酒は一切販売されていません

ブルネイ国内ではスーパーだけでなくレストラン、ホテルのラウンジでもお酒の販売はなく、人前で飲むことも禁止されています。ただしイスラム教徒以外の観光客は国外から持ち込み、ホテルの室内で飲むのはOK!

ブルネイのフードは味が濃く、お酒に合いそうな味です。飲みたい場合は持ち込みましょう※持ち込める量は決まっているので大使館のサイトで確認してみてください。

ロイヤルブルネイ航空搭乗レポート

週4で直行便運航

成田からブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンまでの直行便は週4日、月水金日出発です。昼前11:45に出て夕方17:10に到着します。飛行時間は約6時間半。時差は日本マイナス1時間です。

帰りは深夜0:35発なので、最終日は夜までたっぷりブルネイを堪能してから空港に向かえます。帰りの飛行時間は6時間弱。日本到着は朝7:30です。※フライトの情報は2019年12月現在

私は水曜出発、日曜の朝到着の3泊5日間でブルネイを楽しんできました!

BRUNEI_royalbruneiairline_0""

成田空港は第一ターミナル北ウィングのBにカウンターがあります。変更になる可能性もあるので、当日空港でも確認してくださいね!

BRUNEI_royalbruneiairline_2""

ロイヤルブルネイ航空の機内

エコノミークラスのシートはこちら!

BRUNEI_royalbruneiairline_3""

少し足元の広いプリファードシートもあります。プリファードシートの足元はこのような感じ。身長160cmの私は、伸び伸び足が動かせました。

BRUNEI_royalbruneiairline_4""

枕と袋に入った毛布が用意されています。

BRUNEI_royalbruneiairline_5""

イヤホンは搭乗口前にありましたが、取り損ねても機内で配っていました!

BRUNEI_royalbruneiairline_6""

USBポートがあるので飛行中に充電できます。

BRUNEI_royalbruneiairline_7""

機内コンテンツの表示は日本語にできます!映画やドラマは日本語吹き替えなどはなく、ほとんど英語吹き替えか英語字幕です。種類は豊富でした!

イスラム教の国ならではのエアライン!

CAさんの衣装がステキ

ロイヤルブルネイ航空の女性CAさんの制服は、イスラム圏らしい頭と髪を覆うスカーフが印象的!

BRUNEI_royalbruneiairline_8""

旅の安全を願うお祈り

なんと離陸前に旅の安全を願うイスラム教のお祈りが流れます。英語でも表示があります。無事を願っていざブルネイへ!

BRUNEI_royalbruneiairline_9""

機内食はハラルフード

イスラム教では食べてよいものと食べてはいけないものが決まっています。豚肉とアルコールはNG!ロイヤルブルネイ航空内でも提供されません。イスラム教の規則に則った加工方法などで調理された料理、ハラルフードがでます。

往路の機内食はビーフまたはフィッシュでした!

BRUNEI_royalbruneiairline_11""

私はビーフをチョイス!デザートは粒あんの大福でした♪美味しい!!

BRUNEI_royalbruneiairline_13""

お隣のマダムがをチョイスしていたので撮らせてもらいました!こちらも美味しかったそうです!

BRUNEI_royalbruneiairline_12""

復路は最初に軽食が出て、到着2時間くらい前に朝食が出ます。

BRUNEI_royalbruneiairline_14""

朝食はビーフまたはチキン

BRUNEI_royalbruneiairline_15""

ブルネイのフードが食べたかったので『コロミー』をチョイス!コロミーは醤油系の味付けをされた麺料理です。これも美味でした!

BRUNEI_royalbruneiairline_16""

慣れないハラルフードでしたが、どちらも美味しくて大満足!

ブルネイは日本人の味覚に合うごはんが多いように感じました。

ブルネイの空港について

ブルネイ国際空港は搭乗口が8つのこぢんまりとした空港です。空港にも美しいモスクがあります。

BRUNEI_royalbruneiairline_17""

出国前のエリア

到着フロアにはジョリービー®︎やケンタッキー、バーガーキングなどのファストフードや、両替所とSIMカードを販売しているショップがあります。

出発フロアにはブルネイで作られたハラルフードを扱うお店や、お土産屋さんがありました。

BRUNEI_royalbruneiairline_18""

定番のブルネイ土産、エビチップスが売っています。

BRUNEI_royalbruneiairline_20""

ただ空港は種類が少なめです。ショッピングという感じではないかも。

BRUNEI_royalbruneiairline_21""

出国後のエリア

出国後のエリアにはエーウォンというブルネイのお土産専門店やブルネイで作ったお菓子を扱うお店があります。お土産を買うのであれば、出国後のエリアの方が充実しています。

BRUNEI_royalbruneiairline_19""

街中にもたくさんあるブルネイのお土産屋さんです。

ブルネイで作られたクッキーなどが売られています!2ドルくらいのものもあるので、最後にお金を使い切るのによいかも!

日本への帰国便は深夜です。遅い時間になると空港内のお土産屋も全部しまってしまいます。空港に到着し、お土産屋さんが開いていたら早めに買うことをオススメします。

 

BRUNEI_royalbruneiairline_24""

あまり観光のイメージのないブルネイですが、実は見どころいっぱいの国です。マレーシアやシンガポールが近く、周遊でいくのもオススメ!
直行便ができアクセスしやすくなったので、ぜひこの機会に行ってみてください♪

 

「イケメン王子で話題の国『ブルネイ』へ!ロイヤルブルネイ航空搭乗レポート」が気に入ったら



ブルネイ旅行・ツアー情報はこちら

ERICA

ERICA
美味しいもの&かわいいものを求め、2か月に1回ペースで海外の街中をフラフラ♪ 旅先でどんな服を着よう?何を食べよう?とワクワクすることが日々の動力源。旅に行くために働いています!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる