HOME  >  アジア  >  香港・マカオ  >  女子1人旅で楽しめる!香港のおすすめローカルグルメレストラン5選!

女子1人旅で楽しめる!香港のおすすめローカルグルメレストラン5選!

香港は女子一人旅におすすめな観光エリア。せっかくなら香港のローカルフードが食べたい!という人に1人で入れて香港の味も楽しめるローカルレストラン5選を紹介します!

【點點心】ローカルっ子が毎週通う!モダンな飲茶店

オープンしてから来年10周年を迎える受賞歴もある飲茶の人気店。伝統的な飲茶に少しアレンジを加えたモダンな飲茶がウリです。歴史が浅いにも関わらず、台湾や上海に支店を出すなど今最も勢いのある飲茶店の一つです。

Hong-Kong_Dim-Dim-Sum_entrance_001""

実は飲茶は、一般的に朝食べる習慣があるために午前中のみ提供する店が多いのですが、ここは深夜までいつでも提供しているので夜も食べることができるんです!

店内は明るく、ひとテーブルが小さいので1人でも入りやすい雰囲気。順番待ちの場合は、中に入り人数を伝えると番号が書かれた紙を渡されます。呼ばれるまで外で待つスタイルです。

Hong-Kong_Dim-Dim-Sum_interior""

基本的に週末は常に行列ができるので、オープン時間に合わせていくか、14時過ぎに行くと比較的少ない待ち時間で入れます。

メニューは中国語と英語のほか、日本語や韓国語があるので頼みやすいです。アルコール類はビール(香港製造のクラフトビールあり)とワインが注文できるので飲茶をつまみにアルコールも楽しめますよ。オーダーはメニュー名の横にある枠内に必要な数を記入して店員に渡すだけ!

Hong-Kong_Dim-Dim-Sum_menu""

中でも真係菠蘿包(写真手前:パイナップル入りパンHKD23)と脆皮鮮蝦腸(写真右奥:エビ入り揚げ腸粉HKD33)はぜひオーダーしたい一品です。

パイナップルパンとは、プレーンパンの上に甘いクッキー生地を被せた香港のローカル飲茶。見た目がパイナップルに似ていることからそう呼ばれるようになったといわれています。こちらのお店は小さめサイズでパイナップルジャムがぎっしり詰まっています!

Hong-Kong_Dim-Dim-Sum_Food_001""

腸粉(チョウフン)とは、野菜や揚げたパンをライスロールで包んだもの。少し甘めの醤油をかけていただきます。このお店のは、ぷりっぷりのエビがごろごろ入った揚げ春巻きをライスロールで包んでいて食べ応えがあり、皮のもちもちと具材のジューシーさを1度に味わえるのでオーダー率が高く人気の一品だそう。

価格もリーズナブルなので1人旅にピッタリ♪

香港らしい風景が楽しめる!おすすめは佐敦(ジョーダン)店

今回紹介した一号店はジョーダンにあり、1番近い最寄りの柯士甸(オースティン)駅A出口から徒歩3分程度です。そのほか佐敦駅と九龍駅からもそれぞれ徒歩10分程度で行けます。九龍駅からだとエレメンツショッピングモール内を通り抜けできますよ。

Hong-Kong_Dim-Dim-Sum_entrance_002""

佐敦のほか、旺角(モンコック)、湾仔(ワンチャイ)、沙田(シャーティン)にも店舗があるのですが、集合住宅(上写真)の一角にあって香港の日常風景を見られるので、在住者としては断然佐敦店がおすすめです!

もし時間がない弾丸旅行の場合は、女人街や金魚街など観光スポットが近いので旺角にある店舗がおすすめです。

【譚仔雲南米線】中国雲南発祥の麺料理を手ごろに!

雲南発祥の麺料理で今では香港のローカル麺のひとつとされる米線(マイシン)白濁の塩味スープに野菜や豆腐、肉類を入れたシンプルな麺料理です。ここは早い・安い・量が多いことからランチ時間帯には行列ができます。

Hong-Kong_Tam-Chai_entrance""

香港ではこの『譚仔雲南米線』ともうひとつ『譚仔三哥米線』というお店が有名なのですが、実は2店ともきょうだいで経営していてもともと家族経営のひとつのお店でした。しかし2008年に経営理念の違いから新たに『譚仔三哥米線』がオープンしたという背景があります。でも味はどちらもおいしく人気です。

譚仔雲南米線の各店はここ最近内装のリニューアルを進めていて、ソファー席に大テーブル、2人掛け席などさまざまなタイプの席ができ、きれいで女子1人でも利用しやすくなったのがうれしい♪写真を見てお分かりの通りお1人客も利用しています!

Hong-Kong_Tam-Chai_interior""

店内に入って人数を伝えると席に案内してくれます。オーダー方法はまずトッピングの具材を選びます。メニューは英語と広東語表記のみ。

具材によって価格が決まっていてひとつ具材を追加するごとに加算されていくシステム。スープは白濁スープ(ベース)、トマトスープ(HKD2追加)、重慶風すっぱい辛いスープ(HKD1追加)、湖南風酸っぱくて辛いスープ(HKD1追加)、麻辣スープ(HKD1追加)の5種類から選べます。1番安い組み合わせだとHKD31で食べられます。

Hong-Kong_Tam-Chai_menu""

私のおすすめは、辛さを選べる花山椒と唐辛子の麻辣スープと豚肉ミンチ(炸醤)の組み合わせです。ピリリと効いた花山椒の辛さに少し甘めの豚肉のミンチソースがマッチするのでスープに深みが増してよりおいしく食べられますよ。

Hong-Kong_Tam-Chai_Food_001""

もしお腹に余裕があればぜひサイドメニューも!3種類の味から選べる手羽先(HKD24)やゆで豚のガーリックソース掛け(HKD22)など個性豊かでなかなかおいしいです♪

Hong-Kong_Tam-Chai_Food_002""

【裕。鵝莊】サイズが選べる!ローストグースの新業態

ガチョウやチキン、豚、牛などの肉をじっくり焼いてたれを絡ませた焼味は、香港人に愛されているローカル料理のひとつです。焼味のお店は深井(シャンツェン)と上環(ションワン)にたくさん見られます。

ここは、1958年に新界の深井で創業したガチョウの焼味のお店『深井裕記燒鵝飯店』の支店なのですが、本店は郊外の少し行きにくい場所にありました。しかし多くの人においしいローストグースを食べて欲しいと尖沙咀(チムサーチョイ)にオープンしたのが2018年。駅からも徒歩5分とかなり便利な場所にあります。

Hong-Kong_Yuu_entrance""

木と穏やかな緑色を使った店内は、おしゃれな空間で女子1人でも入りやすいです。一般的に焼味の内装は古くてローカル感たっぷりなので女子1人では入りにくい店が多いです。だからこういうお店はとっても貴重なんです!

Hong-Kong_Yuu_interior_001""

焼味が吊るされた香港らしい光景を見ることもできます。シェフがキッチンで華麗に焼味をカットしている姿を見るのもなかなかおもしろいですよ。

Hong-Kong_Yuu_interior_002""

オーダー方法は紙に記入するタイプです。写真が入ったメニューブックも一緒に渡されるので言葉がわからなくても大丈夫!

Hong-Kong_Yuu_menu_001""

Hong-Kong_Yuu_menu_002""

ぜひオーダーしてほしいのは看板の深井焼鵝(ローストグース4分の1サイズ:HKD160)です。こちらのお店は、ガチョウの品質を保つため自家農場でガチョウを育てて脂や肉質管理を徹底しています。新鮮な食材にこだわるため、海外の良い農場から食材を輸入しているそうです。

Hong-Kong_Yuu_food""

これをライスと一緒に食べるのが香港人の一般的な食べ方。外の皮はパリパリで身はとってもジューシーです。食べ進めて脂っぽさを感じてきたら、備え付けの甘酸っぱいソースをつけて味を変えてみましょう。さっぱりするので食がすすみますよ。

食べきれない場合は持ち帰りもできます。「打包(ダーパオ)」と伝えるとタッパーとビニール袋をくれます。香港では持ち帰りは一般的なので気兼ねなく伝えてくださいね。

【光榮冰室】あの土鍋ごはんが1年中食べられる!

1人前用の土鍋に米と具材を入れ炊き込んだ土鍋ご飯煲仔飯(ボウジャイファン)はまさしく1人飯におすすめのグルメです。

Hong-Kong_koei_entrance_001""

温かい料理なので冬に煲仔飯を提供する店が増えるのですが、こちらのお店は年中提供しているのがうれしいところ!

ローカルフードやデザートショップが立ち並ぶ尖沙咀(チムサーチョイ)の厚福街(ハウホックガイ)にあります。尖沙咀駅B出口から徒歩4分と便利な場所でレトロな店構えが特徴です。

ドリンク用冷蔵庫には昔から愛されてきたロングセラーの商品が並びます。ビン入りのコカコーラはなんだか懐かしい感じがしますね。

Hong-Kong_koei_entrance_002""

店内で使われている椅子やテーブルはどこかノスタルジーを感じます。1度リニューアルしているそうで香港スタイルを残しつつも清潔な空間で食事を楽しむことができます。

Hong-Kong_koei_interior""

煲仔飯の提供は夜だけです(下記店舗情報参照)。オーダーは指差しで!初めて食べる場合、

・窩蛋鮮牛肉煲仔飯(新鮮な牛肉の卵付き煲仔飯)
・豉汁排骨煲仔飯(スペアリブの煲仔飯)
・鹹蛋肉餅煲仔飯(豚肉と卵の煲仔飯)

が食べやすくておすすめです。※ちなみに臘味煲仔飯は広東風ソーセージがのったもので少し癖があります

Hong-Kong_koei_menu""

今回はおすすめの一番上に挙げた窩蛋鮮牛肉煲仔飯(HKD72)を頼んでみました。牛肉をご飯にのせて炊き込み生卵を落としたものです。席に届いたらすぐに蓋を取らず3〜5分程度そのままで待ちましょう。おこげができやすくなりますよ。

Hong-Kong_koei_food_002""

蓋を取ったら机にある醤油ベースのたれをまわし入れ、生卵を崩して全体を混ぜ合わせます。卵に火が通るまで混ぜるのがポイントです。

Hong-Kong_koei_food_001""

またこのお店では香港のローカルドリンク香滑鴛鴦茶(上写真右:コーヒーミルクティーHKD15)が飲めるのでぜひ注文してみて!

Hong-Kong_koei_food_003""

最後に土鍋の底についたおこげを忘れずに食べましょう。初めは土鍋が熱いので、冷めてから剥がすのがコツです。

【十六座車仔麵】屋台から始まった香港のラーメン車仔麵の人気店

1950年代に誕生した当時木製リアカーで販売されていたことから「車仔麵(チェーチャイミン)」と呼ばれ、現在でも香港人に親しまれる香港式ラーメンのお店。

Hong-Kong_Block-Sixteen-Cart-Noodle_entrance""

先ほど紹介した裕。鵝莊と同じモンコックにあり、こちらはB2出口から徒歩2分の、女人街や金魚街がある通菜街沿いにあります。観光の途中に立ち寄れるので便利な立地です。

香港では近年スターバックスなどをはじめとしてノスタルジーを感じるレトロなインテリアのレストランが増えていて、このお店の内装もテーマパークのようになっているのが特徴。昔の香港を感じられます。

Hong-Kong_Block-Sixteen-Cart-Noodle_interior_001""

日本のラーメン屋さんのようなカウンター席もあり、きっとなんとなく落ち着くという方も多いはず。透明なカウンターテーブルの下には昔のラーメンボールが飾られています。

Hong-Kong_Block-Sixteen-Cart-Noodle_interior_002""

また、メニュー入れに昔ながらのポストを使用していたり、鉛筆を入れるコップはホーロー製だったりとフォトジェニックな空間です♪

オーダー方法はテーブルに備え付けられているメニューに赤鉛筆でチェックを入れます。麺、スープ(またはソース)、食材等を自分で選んでオリジナルラーメンをつくります。

Hong-Kong_Block-Sixteen-Cart-Noodle_menu""

私のおすすめは、菠菜麺(野菜を練りこんだ緑色の自家製麺)に、唐生菜(レタス)、菜肉燕餃(豚肉の餃子)、魚蛋(フィッシュボール)、日本鹵水流心蛋(日本産味付け卵)、そして麻辣乾撈(麻辣系ソース)を組み合わせた汁なし麺(HKD53)です!

Hong-Kong_Block-Sixteen-Cart-Noodle_food""

辛いのですが病みつきになるお味でおいしいんです♪ただしとっても辛いので、苦手な方は同じ具材に豉油乾撈(醤油ベースのソース)の組み合わせがおすすめです。この組み合わせです。

香港 街並み""

香港は日本よりも外食文化なので、女性1人でも気軽にレストランを利用する習慣があります。今回したのは女子に限らず1人で入りやすいお店ばかりを選んだのでぜひ気トライしてみてくださいね!

點點心

住所G/F, Man Kin Building, 28 Man Wui Street, Jordan佐敦店

電話番号2771-7766

営業時間10:00〜25:00

URLhttp://www.dimdimsum.hk/" http://www.dimdimsum.hk/

譚仔雲南米

住所G/F , Shop B, Oriental Centre, 67-71, Chatham Rd, TST

電話番号3625-1055

営業時間8:15〜22:40

URLhttps://ja-jp.facebook.com/Jointedheart/" https://ja-jp.facebook.com/Jointedheart/

※香港内に16店舗あり

裕。鵝莊

住所Shop C, G/F, Kowloon Centrer, No.37, Ashley Road, TST

電話番号2387-1133

営業時間11:00〜22:00

URLhttp://www.goosemanorhk.com" www.goosemanorhk.com

光榮冰室

住所Shop 6, G/F, 5-6 Hau Fook Street, TST

電話番号2422-6555

営業時間7:00〜23:00

URLなし

※煲仔飯の提供時間は18:30〜22:30

「女子1人旅で楽しめる!香港のおすすめローカルグルメレストラン5選!」が気に入ったら



香港・マカオ旅行・ツアー情報はこちら

AYA

AYA
香港在住3年目。アート、食、文化を感じられる旅行が大好き。最新スポットにも目がないので、ふらっと街中を散策するのが習慣です。アート、食、文化に関連した情報をお届けします!https://www.instagram.com/runners_high925/?hl=ja

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる