HOME  >  アジア  >  ベトナム  >  古き良きホーチミンを満喫!「チョロン地区」の魅力とは

古き良きホーチミンを満喫!「チョロン地区」の魅力とは

女子旅としても近年大注目のホーチミン。いつかは行ってみたい、前から気になっていたという方が多いのではないでしょうか?そんな皆さんに、「ホーチミンのおすすめ観光スポット」としてホーチミン最大の中華街「チョロン地区」をご紹介したいと思います!

1.チョロンってどんなところ?

「チョロン地区」はホーチミン市内の南西に位置しており、ホテルやお土産屋さんが立ち並ぶホーチミン1区のメインストリート「ドンコイ通り」からは、タクシーで15分ほどの距離です。華僑の人が多く住んでおり、ホーチミン最大の中華街と呼ばれているんです!また、高層ビルなどが少なく、古い街並みが残る「古き良きホーチミン」を感じることができます♪

2.ローカルマーケットで地元の生活を探る!

まず朝一番に行ったのは「ビンタイ市場」。ベトナム人の朝は早く、市場に到着した8時30分頃には多くの人で賑わっていました。

お店の数・種類はさまざまで、衣類・おもちゃ・食料品のお店が所せましと並んでいます。また、華僑の人が多いので漢方や中華料理の食材のお店が多いのもチョロン地区の市場ならでは。

また、ローカルなフードコートも充実!ベトナム名物料理の「フォー」やベトナムコーヒー、ココナッツドリンクなどが売られていました。私もベトナムのデザート「チェー」を食べてみました。当日はかなり暑かったので、さっぱり食べられてとても美味しかったです♪しかも1つ1,400ドン(約70円)でとってもリーズナブル!

観光に向いたお土産屋さんなどは少ないですが、活気ある市場の様子や、住んでいる人たちの生活の様子が垣間見えるとてもディープなスポットでした!

3.歴史あるお寺「ティエンハウ寺」

次に見に行ったのは、「ティエンハウ寺」です。このお寺は18世紀に建てられた歴史ある建物で、観光スポットとしても人気があるようです。観光客や、お寺に訪問にきたベトナム人がたくさんいました。

お寺の中や正門の壁には細かく彫られた石造があり、それらが1つのストーリーになっているそう。また、お寺の中にはベトナムのお正月「テト」の様子を描いた絵が飾られています。ベトナムの伝統が詰まった歴史を感じるお寺です。

いかがでしたか?「チョロン地区」は開発の進むホーチミンの街並みから、ちょっぴりタイムスリップしたような、歴史ある街の様子・活気ある人の暮らしを見ることができます。

街歩きや散策にぜひ「チョロン地区」を訪れてみてください。日本では見ることのできない、面白い体験がきっとできると思います♪

Ba Thien Hau Temple( 天后宮 ティエンハウ廟)

住所710 Nguyen Trai | Cho Lon, District 5, Ho Chi Minh City, Vietnam

開場時間:6:00~17:30 。無休。
(毎月旧暦の1日と15日は5:00~22:00)

入場料金:無料

「古き良きホーチミンを満喫!「チョロン地区」の魅力とは」が気に入ったら



ベトナムの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動


閉じる