HOME  >  アジアビーチ  >  バリ島  >  バリ島最後の秘境!?在住者が教えるクタのPantai Jermanジェルマンビーチ

バリ島最後の秘境!?在住者が教えるクタのPantai Jermanジェルマンビーチ

ここ数年のバリ島人気上昇と共に、女性の一人旅も流行ってきているのではないでしょうか?そんな中でもローカル感に溢れ、女性一人でも安心してゆっくり過ごせるビーチを紹介します!

バリ島クタのPantai Jerman ジェルマンビーチとは?

近年観光業が進み、クタ周辺のビーチは観光客で賑わい、観光客仕様のお店が増えてゆったりと時が流れるローカルなビーチは少なくなっています。しかしジェルマンビーチは、そんなクタの中でも栄えてるエリアから少し離れているため、バリ本来の静けさを満喫することができるんです!

煌びやかな、音楽が鳴り響く観光客ターゲットのレストラン等はなく、過度な客引きも少ないです。砂浜には小さな屋台『ワルン』が並び、独特な南国の雰囲気があります。一度訪れたらまた来てしまいたくなる、そんな場所です。

ジェルマンビーチのへの行き方

空港から近いこのビーチは、セガーラ通りをまっすぐビーチに向かったところにあります。ビーチの前には大きなホテル、Holiday Inn Resort Baruna Baliがあります。

南クタ周辺からは徒歩でいけます。たとえば、ディスカバリーモールからは徒歩約10分です。北クタ周辺からは少し遠く、徒歩約30分ほどかかります。タクシーでいけますが夕方はラッシュアワーでクタ周辺の渋滞がひどいので、徒歩の方が早いかもしれません。

この周辺は公共バス『クラクラバス』が走っているのですが、観光客が使っているのをほぼ聞いたことがないので、最近の移動手段としてはバイクレンタルかタクシー、GRABまたはgo- jekというアプリでのバイクタクシーが主です。タクシーやバイクタクシーで行く場合は、ビーチの入り口で降ろしてもらいましょう。(駐車料金がかかってしまうため)

ジェルマンビーチに訪れる観光客は主にサーファーです。このビーチからリーフブレイク(エアポートリーフ、クタリーフ)まで行ける船が出てるので、ワルンに荷物を預けてサーフィンの前後にお茶や食事をする人が多いんです。

夕方になると、夕陽を見に来る地元の子ども達、家族で賑わいます。ワルンでゆっくりご飯を食べながら海を眺めるのもよし、船のおじさんにお願いして海のお散歩に出かけるのもよし、波が穏やかになる干潮時に浅瀬で泳ぐのもよしなローカルビーチです♪

ちなみに、船のお散歩はほとんどの場合その場で交渉です。相場としては、1隻貸切で時間300,000rpくらいです。船の大きさにもよりますが3~4人が定員です。ワルンやビーチでローカルの人に「船に乗りたい!」と伝えておじさんに声をかけてもらうとスムーズですよ。

バリでご飯ならやっぱり『ワルン』!屋台メシでローカルに溶け込む!

ワルンとは、屋台や小さなローカルレストランのことです。インドネシア料理の王道、ナシゴレンからアヤム(チキン)、イカン(魚)など、ワルンによってメニューも豊富!ワルンの一番のよさは、安さとローカルな雰囲気なので、安価に美味しい現地料理を楽しみたい女子一人旅にもピッタリ!

ジェルマンビーチのワルンは席を砂浜の上に設けているため、ビーチを散歩中に立ち寄りやすく、ワルンの人たちも優しく声をかけてくれるので一人でもとても入りやすいです。昼間は一人でゆったりバリコーヒーを飲みながら本を読んでいる人や、ご飯を食べながら海を眺めている人も多く見かけます。

ビーチを目の前のこのロケーションの割にはものすごく安く、どのお店も大体同じような値段です。ナシゴレンは25,000rp (日本円で約192円) 、アイスティーが5,000rp (約40円)とびっくりするほど安い!ナシゴレンの、シーフードかチキンかによって多少変わることはありますが、それでもちょっとの差です。

ジェルマンビーチのワルンはほとんどみんな日本語と英語が喋れるので一人旅でも安心です!!

在住者オススメの『Wik’s Warung(ウィックズ ワルン)』にぜひ行ってみて!

私がおすすめしたいのは、Wik's warung(ウィッグズワルン)です。オーナーのご夫妻がとてもフレンドリーで、英語と日本語が話せるので安心です!

オススメはなんといってもインドネシア料理の王道、ナシゴレン!

奥さんのコマンさんが作ってくれる料理はどれも美味しいのですが個人的にバリで食べた数々のナシゴレンの中でも私の一番はココ!「少しだけ辛く」など、お願いするとちょうどよい美味しさで調節してくれます。値段は25,000Rpと激安。

他にも、デザートには『アイスチャンプル』と呼ばれる氷とフルーツが合わさった南国(特に東南アジア地域でよく見る)ならではのデザートがあります。このメニューはジェルマンビーチの他のワルンにはないのでコマンさんのワルンでぜひ試してみて下さい。値段は20,000rp(日本円で約150円)。

日本でいうかき氷にフルーツが乗ってるデザートなのですが、氷がかき氷のように細かくスライスされていないのが特徴です。マンゴー、スイカ、ドラゴンフルーツ等が入っており、練乳やチョコレートソースがかかっています。

ひとつ注意点ですが、ここウイッグズワルンは年中無休ですが、不定期で、お店の都合によりお休みすることがあります。ひとつのワルンがお休みでも、基本的にはほかのワルンがどこかしら開いているので、そんな時はぜひほかのワルンにトライしてみてくださいね。詳しい営業事情はおそらく本人達も分かっていないのもインドネシアらしいといえばらしいかも。

ゴールデンタイム到来!もうひとつの特典、サンセット

クタ周辺に滞在しているならば、クタビーチへ夕陽を見に行く人が多いと思います。しかし観光客であふれ、音楽が爆音で流れていたりと、ゆっくりとしたサンセットタイムとはとてもじゃありませんが言えません。

反対に、ジェルマンビーチは観光客より地元の人が多く集まるので本場のバリを感じながらゆっくりとした時間を過ごせます。砂浜にあるワルンでゆっくりとバリならではのビンタンビールを飲みながらサンセットを眺めてみてはいかがでしょうか。

また、夕方になると焼きとうもろこし売りのおじさんも現れるのでバリのとうもろこしもぜひ試してみてください!

以上、ジャルマンビーチのワルン情報はいかがでしたか?バリ島を訪れた際には空港から近く、空港までも歩いて10分~15分ほどなので到着後のサンセットを見に、又は帰国前の空いた時間に是非行ってみてください!

「バリ島最後の秘境!?在住者が教えるクタのPantai Jermanジェルマンビーチ」が気に入ったら



バリ島旅行・ツアー情報はこちら

元木満里奈

元木満里奈
サンディエゴ州立大学に通う大学4年生。旅行とサーフィンを趣味とし、現在は語学留学でバリ島にてサーフィン共に修行中です!最近はサーフトリップ含め、いろんな場所に行っているので私の旅ブログもよかったらチェックしてみてください。 blog barefootertravel.com

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる