中世の香り残るカフェ・ザッハー。伝統のザッハートルテを楽しもう

中世の雰囲気香るオーストリア。

カフェの文化も盛んで、街中には19世紀の雰囲気を残した素敵なカフェが立ち並んでいます。

 

そんなオーストリアのチョコレートケーキと言えば、ザッハートルテ。

今回は、ザッハートルテ発祥のホテル・ザッハー(Hotel Sacher)のカフェをご紹介します。

 

ホテル・ザッハーは1876年から続くウィーンの老舗のホテルで、オペラ座のすぐ裏にあります。

 

 

そのホテルの1階にあるのが、カフェ・ザッハーです。

中は宮廷文化が残る、とてもおしゃれな内装です。

訪問時に驚いたのは、日本人の多さ!

お客さんの半分は日本人の方だったのではないでしょうか。

それだけ日本でザッハートルテが愛されているということですね。

 

実はケーキだけではなく、お食事も楽しめます。

 

 

写真左は、オーストリア風ボイルドビーフ(ターフェルシュピッツ・Tafelspitz)をゼリー寄せにし、それをサラダと一緒にお酢やかぼちゃの種油で味付けしたものです(Tafelspitzsulz mit Kürbiskernöl und Vogerlsalat)

 

右のものは、黄色いアンズタケというきのこ(アイヤーシュヴァンマル・Eierschwammerl)と卵のオーストリア風パスタ(ノッカル・Nockerl)をいただきました。

どちらも味が濃すぎず、とても美味しかったです。

 

お食後にはザッハートルテを。

 

 

オーストリアには様々な種類のコーヒーがありますが、写真に写っているのはコーヒーにスチームドミルクを入れたメローンジュ(Melange)というものです。

 

また、生クリーム入りのホットチョコレート(ハイセ ショコラーデ ミット シュラークオーバース・Heiße Schkolade mit Schlagobers)をも飲んでみました。

ほっこりとするお味でとても美味しかったです!

 

カフェ・ザッハーはザッハートルテだけでなくお食事も美味しいので、みなさんも食後にザッハートルテをいただてみてはいかがでしょうか?

 

【カフェ・ザッハー】

住所:Philharmonikerstrasse 4, Vienna 1010

営業時間:8:00~24:00

中世の香り残るカフェ・ザッハー。伝統のザッハートルテを楽しもうが気に入ったら



旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動


閉じる