HOME  >  ヨーロッパ  >  フランス  >  とろんっチーズ界のセレブ「カマンベール」本場フランスの食べ方

とろんっチーズ界のセレブ「カマンベール」本場フランスの食べ方

美食の国、フランス。

フランスといえば、なワインと一緒に楽しみたいのがチーズですよね。

今回はフランス産チーズ界のセレブ、カマンベールについてご紹介します。

 

カマンベールとは、牛乳使用の表面が白カビに覆われたやわらかいチーズです。

元々はフランスのノルマンディー地方の村の名前なのですが、この名を使ったチーズはフランスばかりではなく世界中にあります。

日本でも北海道カマンベールというのがありますよね。

 

フランスでは〈カマンベール〉を生産する会社がたくさんあります。

 

 

その中で〈カマンベー ル・ドゥ・ノルマンディCamembert de Normandie〉というカマンベールがAOP(appellation d’origine protégée 原産地呼称保護)に認定されている本場伝統の正真正銘のカマンベールです。

 

このカマンベール・ドゥ・ノルマンディの生産量は フランスのカマンベール全体生産量の約5%です。

 

 

カマンベールの内部はクリーム色。白い皮も食べられます。

本来カマンベールは独特な臭い匂いがあり、熟成によってそれが増していきます。

常温でトロリとしてくるくらいになると、ちょうどいい臭みで食べ頃です。

フランス人に言わせれば「臭くないカマンベールはカマンベールじゃない」のです!

直径約11cm高さ約3.5cmの円形。値段は1.5から2.5ユーロくらい。

やはりAOPのチーズの値段は高いです。

食卓では、どのチーズにも言えることですが、食べる分だけをその都度カットします。

 

熱してもおいしいので、丸ごと木箱のままかアルミホイルに包んでオーブンやバーベキューで焼いて「カマンベール・ロティ」にしても美味。

中身がトロトロになるのでスプーンですくって食べます。

そして焦げた皮もたまらなくおいしいです。

もしトロトロにならなかったら!?…残念ですが失敗です。

 

フランスに訪れた際にはぜひカマンベールを買って、絶品のカマンベール・ロティにチャレンジしてみてくださいね♪

「とろんっチーズ界のセレブ「カマンベール」本場フランスの食べ方」が気に入ったら



フランスの情報はこちら

旅工房ヨーロッパセクション

旅工房ヨーロッパセクション
旅工房のヨーロッパ担当トラベル・コンシェルジュが、ヨーロッパの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動


閉じる