HOME  >  ヨーロッパ  >  オーストリア  >  19世紀を味わえるオーストリア・ウィーンの「温室カフェ」パルメンハウス

19世紀を味わえるオーストリア・ウィーンの「温室カフェ」パルメンハウス

中世の雰囲気香るオーストリア。

街にはハプスブルク家の繁栄を物語る建築物や文化が溢れ、華やかな貴族文化が今なお強く残ります。

今回は、そんなオーストリアの「パルメンハウス」をご紹介します。

パルメンハウスは19世紀末芸術(ユーゲントシュティール・Jugendstil)が盛んな時期に建てられたガラスの温室です。

一度1990年代に改築され、1998年からまた公開されるようになりました。

 

現在では、一部は蝶の家(シュメッタリングハウス・Schmetterlinghaus)として

蝶や南国の植物が楽しめる場所となっており、また一部はオーストリアの連邦公園が所有する温室になっています。

 

そしてさらに、もう一部がカフェやバーとして使われているのです。

温室なのでカフェの中もあたたかく、大きなヤシの木などもあり、

どこか不思議な空間へ迷い込んだような気分にさせられます。

友人は日本でウィンナーコーヒーと呼ばれる、

コーヒーに生クリームを盛り付けたアインシュペンナー(Einspänner)を注文。

私は、生クリームをのせた大好きなホットチョコレートを注文しました。

そして、少し小腹が空いたので、ザッハートルテを注文してみました。

カフェ・ザッハーのオリジナルのザッハートルテに比べて入っているアンズのジャムが多く、チョコレート感が控えめなさっぱりしたケーキでした。

 

ウィーンには約2000件のカフェがありますが、温室にあるカフェはここだけです。

是非一度、パルメンハウスの独特な雰囲気を楽しんでみてくださいね。

 

【Palmenhaus】

住所:Burggarten, palmenhaus, 1010 Wien

営業時間:月~木 10:00~24:00

金・土 10:00~25:00

日・祝 10:00~23:00

「19世紀を味わえるオーストリア・ウィーンの「温室カフェ」パルメンハウス」が気に入ったら



オーストリアの情報はこちら

旅工房ヨーロッパセクション

旅工房ヨーロッパセクション
旅工房のヨーロッパ担当トラベル・コンシェルジュが、ヨーロッパの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動


閉じる