HOME  >  ハワイ  >  女子旅で訪れたい♡ハワイおすすめ観光スポット3選

女子旅で訪れたい♡ハワイおすすめ観光スポット3選

女子旅として王道の大人気旅行先、ハワイ。

ハワイにはさまざまな観光スポットがありますが、今回は女子同士だからこそより楽しめる、ハワイ女子旅のおすすめの観光スポットをお届けします♪

    

フォトライター&エディター

Kana

わくわくした瞬間を切り取るのが大好きな、世界を旅するフォトジェニック案内人。フリーランスフォトライター&エディターとして、パソコン片手に世界を旅しています。地元金沢や富山でのテレビ出演やフォトジェニック講師など、多岐にわたり活動中。 Instagram:kaaaana_stagram / Blog:kana-days.com

ハワイ女子旅おすすめ観光① ハワイ出雲大社でパワーチャージ

出雲大社と聞くと、島根県を思い浮かべると思いますが、ハワイにもあることをご存知ですか?

日本の出雲大社は、縁結びのご利益があることで有名ですよね!ハワイでも同じく縁結びのご利益があります。

恋愛の良縁はもちろん、仕事や友人関係などの良縁を求め、連日たくさんの観光客が訪れるんだとか。

ハワイ出雲大社についたらまず、日本と同じように手と口を清めます。

清め終わった後にびっくりしたのは、手水舎に自動のペーパータオルが設置されていたこと!

アメリカならではの光景に驚いたとともに、ハワイのオリジナル感を味わえてちょっとウキウキに。

ハワイ出雲大社での参拝手順は日本と異なるため要注意!

日本での参拝手順は、みなさんもうご存知の通り「二礼二拍手1礼」ですよね。

しかし、ここハワイ出雲大社では「二礼四拍手一礼」。お辞儀した後に4回拍手をするという点で異なります。

お賽銭も日本円ではなく、ドル紙幣のみとなっているので気をつけてくださいね。

本殿の両端に佇む狛犬は、レイがかかったハワイらしさ満点のトロピカルな風貌に。

片方の狛犬は、耳にもお花が飾られており、とてもかわいらしくなっていました。

社務所には、ハワイ出雲大社限定のお守りや御朱印帳が売られています。中でも人気のお守りは、「HAPPINESS」と書かれた幸福お守りなのだとか。

その他にもマラソンのお守りやスポーツのお守りなど、ハワイ出雲大社限定のお守りがたくさん並べられていました。

私は、ハワイ出雲大社限定の御朱印帳を購入。

御朱印帳はピンクを基調としたハワイらしいさ満載のデザイン(30ドル)と、緑とゴールドのシンプルなデザイン(25ドル)と2種類あります。

日本で御朱印を集める度にハワイを思い出すことができ、人とほとんど被らないデザインのため、自分用のお土産にもおすすめです♪

(御朱印帳は、参拝した本人分のみ購入でき、友人へのお土産にはできません。)

御朱印帳を開いてみると、ハワイらしく「Aloha」の文字も入っていました。

ハワイ女子旅おすすめ観光② ラニカイビーチでのんびりチルタイム

近年、女子の間で人気急上昇中な「ラニカイビーチ」。

カイルアからさらに先に進み、住宅街を抜けた場所にあるラニカイビーチがとても綺麗だと話題になっているのです。

ラニカイビーチは「天国の海」とも称され、海の美しさがうかがえます。

カイルアタウンからラニカイビーチまで歩いて向かおうとすると40分ほどかかってしまします。そのため、カイルアタウンで自転車をレンタルしてラニケアビーチへ向かうのがおすすめ!

私は「Kailua Bicycle」というレンタル自転車ショップで1日自転車をレンタルしました。

レンタル料金は時間ごとに異なります。私は1日で借りれる最長時間8時間(9時~17時まで)でレンタルし、22ドルでした。

カイルアタウンからラニカイビーチまでは自転車で10~15分ほど。

ラニカイビーチは、海へと続く11本の小道から入ることができます。入る小道によってたどり着くビーチの雰囲気がかなり違うため、まずは好みのビーチを見つけてみてください♪

ただし、11本もある小道は、端から端までかなり距離があるので要注意です。

おすすめの小道は、カイルア方面から数えて8~10本目。

8~10本目の小道をくぐり抜けた先にあるビーチは、目の前に双子の島が広がる最高な景色が♡こじんまりした、プライベートビーチ感を味わうこともできるのでおすすめです。

ただし、お昼の12時頃になると潮が満ちてきて砂浜がほぼなくなってしまいます。行かれる方は早めの時間帯に訪れて楽しんでくださいね♪

ラニカイビーチに午後から行かれる方は、1~3本目にあるビーチがおすすめ。

ビーチが広いため、満潮時でも砂浜もあり、のんびりと楽しむことができます♪

ハワイ女子旅おすすめ観光③ ウェット・アンド・ワイルド・ハワイでプールを満喫

ハワイに唯一あるウォーターパーク「ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ」。東京ドーム3個分の敷地にある25個のアトラクションを楽しむことができます♪

まずはロッカーへ荷物を預けに行きましょう。ロッカーは有料で、レギュラーサイズ(13ドル)と大サイズ(18ドル)から選ぶことができます。

ロッカーを借りる際はスクリーン画面を操作。日本語を選択することができるので日本語を選択後、ロッカーの暗証番号を自分で決めます。

その後カード決済をすると、あとはロッカーは何度でも開け閉め自由になります。私たちは、女子2人でレギュラーサイズのロッカーを共同で利用しました。(写真はラージサイズのロッカーです。)

準備ができたら、いざプールへ。今回は25種類あるアトラクションから、女子旅でおすすめな乗って楽しかったアトラクションを紹介していきます!

まず最初におすすめするアトラクションは「オハナ ハイウェイ」。約200mの水流を水しぶきをあげながら下っていくアトラクションです。

大きな丸いフロートに乗りこみ、フロートに掴まりながらを下っていきます。通常3~4人でわいわい楽しむことができるので女子旅にもぴったりなアトラクション。

今回は2人で乗りましたが、2人でも思いっきり楽しめました♪

次におすすめするアトラクションは「ワイメア ワール」。フロートに乗ってスライドを下って行くのですが、普通のスライダーとは違った楽しみを味わえるのがポイント!

滑り始めはただのスライドなのですが、途中で突如すり鉢状のボウルに放り出されます!ボウルでは、360度1周または2周ほど回ったあと、またスライダーの入り口へと吸い込まれて行くのです。

このボウルのコースは一度体験すると、クセになるほどやみつきになるので、ぜひ体験してみたくださいね♪

こちらは1人乗り、2人乗りで楽しむことができます。

最後におすすめするアトラクションは「トルネード」です。そのアトラクションの巨大さとずぶ濡れ度、絶叫度はピカイチ!

フロートに乗ってすぐに待ち構えているのは、約15mの高さからほぼ垂直に落ちるコース。後ろ向きにコースを進んでいた私は落ちる寸前に振り返ってしまい、その垂直さを見て驚愕してしまいました…!

しかし驚いている暇もなく、次に待ち構えていたのは40mの竜巻のコース。巨大な竜巻に巻き込まれたかのように、巨大なスライダーに飲み込まれていきます。

大きく水しぶきもかかり全身びしょ濡れになりながら、何が何だかわからないままコースが終了。

スリル満点なトルネードはとても盛り上がるので、絶叫好きな方はぜひ体験してみたくださいね♪

いかがでしたか?ハワイには、女子旅にぴったりな観光地や施設がたくさんあります。

女子同士で恋愛運アップを狙いに行ったり、綺麗な海でのんびりしたり、周りを気にせず思いっきりプールではしゃいだりなど、いろんな要素を交えて楽しめるハワイ。

何度行ってもまた違った楽しみ方があるので、ぜひ何度も訪れて満喫してくださいね♪

ハワイ出雲大社

住所215 N Kukui St, Honolulu, HI 96817

営業時間8:30-16:45

URLhttps://www.izumotaishahawaii.com/

Kailua Bicycle(カイルア・バイシクル)

住所18 Kainehe St., Kailua, HI 96734

電話番号808-261-1200 (日本語可)

営業時間9:00〜17:00

URLhttp://kailuabicycle.com/

Lanikai Beach(ラニカイビーチ)

住所Kailua, Oahu, HI 96734

シャワー・トイレなし

Wetn wild hawaii(ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ)

住所400 Farrington Highway, Kapolei HI 96707

電話番号1-808-440-2914

営業時間10:30~(日による。詳しくは公式HPの営業時間をご確認ください)

URLhttps://www.jpwetnwildhawaii.com/

料金:入場券(1日パス)
大人(12歳以上)52.35ドル/子供(3~11歳)41.87ドル

「女子旅で訪れたい♡ハワイおすすめ観光スポット3選」が気に入ったら



ハワイ旅行・ツアー情報はこちら

株式会社LiB

株式会社LiB
日本初のキャリア女性向け転職支援サービス「LiBzCAREER」、ずっと活躍し続けたい女性のための転職エージェンシー「LiBzPARTNERS」など、働く女性のライフキャリア支援事業を展開。私たちは、女性と仕事、そして生活をつなぐサービスを通じて、がんばる女性を応援しています。https://www.libinc.co.jp/

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる