創業1947年!ハワイのローカルの味を堪能できる「Highway Inn(ハイウェイ・イン)」

入れ替わりが激しいハワイの飲食業界の中で、1947年の創業当時から、ローカルに愛され続け、今も人気が衰えないレストランがあります。オアフ島西側、ワイパフに創業された「Highway Inn(ハイウェイ・イン)」。実はこの歴史あるレストラン、2013年にカカアコエリアに2号店をオープンしました。ハワイ好きの皆さんならなじみが深いカカアコエリアなら、立ち寄りやすいですよね。

沖縄にルーツを持つ日系人、セイイチ・トグチさんは、ハワイの伝統料理を大事にしたいとレストランをオープン。

今も「ハイウェイイン」のメニューには、創業当時のトグチファミリーの写真が残されています。「ハイウェイイン」のオープンのあと、ハワイではさとうきびプランテーションなどがさかんになり、ハワイ人だけでなく、移民した日本人や多くの人たちに愛されるレストランへと成長していったのです。

 

1980年代になって、フレッシュなハワイアンフードを毎日サーブしていると、お店の評判はますます高くなります。その頃からのシグニチャ―メニューの一つが、写真の「ビーフシチュー$13.95」。当時の味をそのままに今でもお店の人気メニューです。ビーフシチューと言っても日本の感覚で考えると、ずいぶん違う薄味ですが、とろとろに煮込んだ野菜やビーフが口の中でとろける優しい味です。

 

カカアコにオープンした2号店に行ってみよう

さてカカアコにオープンした2号店、店内はレトロ感とモダンな雰囲気が溶け合った素敵な空間です。

厨房はオープンキッチンになっていて、シェフたちが料理する姿を見ることができます。シェフやスタッフたちが笑ったりしながら、なごやかに仕事をしているのもハワイののんびりした空気が伝わってきて良い感じです。

 

そんなキッチンから運ばれてくるハワイらしいお料理、こちらが「ポケ(時価)」。今日はリムという海藻が入ったポケやセサミアヒなどがありましたが、スパイシーポケをオーダーしました。新鮮なマグロを独自のタレで漬け込んだ、ハワイアンフードです。

 

ハワイアンフードもハワイアンデザートも

またブレックファーストメニューも人気です。卵料理とポルチュギーズソーセージ、それにトーストなどがついた定番の朝ごはんメニュー。シンプルですが、ハワイの人たちが大好きなメニュー「カカアコブレックファースト$10.25」です。

卵も指定農場から届けられ、野菜やその他の素材も、できるだけハワイのローカル素材が使われているところも、創業当時のまま。ボリュームもたっぷりです。

朝ごはんにおススメしたい一品はこちら。「ポイパンケーキ、マカダミアナッツ(1枚)$5.50」ポイはタロイモのことで、昔からハワイの主食だったもの。粘りがあるので、パンケーキに混ぜ込むと、モチモチした食感になり、その上にハウピアソースという、ココナッツミルクを使ったソースがかっています。

パンケーキは1枚、2枚、3枚とオーダーできますが、濃厚なソースで、たっぷり厚みのあるパンケーキは、日本人女性であれば1枚を2人でシェアしてもちょうど良いくらいかもしれません。

濃いめのコーヒーによくあいます。

ハワイの人たちは甘いものも大好き。お店にはいつも「今日のデザート」が並んでいます。ちなみに、先ほどのパンケーキのソースにもなっていたハワイの伝統的なハウピアがケーキのようにデザートになったもの「ハウピア$1.50~」。ハワイ語でハウ、が冷やす、ピアが固める、という意味。日本で言えば、濃厚なココナッツ味のゼリーと言ったところでしょうか。

ここでは、ハイウェイインのオリジナルグッズも売られています。ハワイ好きな方へ、また自分へのお土産にも良いですよね。

ハワイの昔ながらの食文化を守りながら、今もハワイアンたちに愛される「ハイウェイイン」。ハワイ好きの皆さんもぜひ一度、ハワイの歴史を感じる店に足を伸ばしてみて下さいね。

 

【Highway Inn(ハイウェイ・イン)】

住所:680Ala Moana Blvd, Honolulu

営業時間: 月~木 8:30~20:30

金、土   8:30~21:00

日            9:00~14:30

電話番号:808-954-4955

 

創業1947年!ハワイのローカルの味を堪能できる「Highway Inn(ハイウェイ・イン)」



KEYWORDS ハワイに関連するタグ

  • CATEGORY

  • COUNTRY


旅工房本体サイトに移動

旅工房本体サイトに移動


閉じる