HOME  >  北アメリカ  >  アメリカ合衆国  >  アメリカらしい、ボリューム満点のステーキはシカゴの「GIBSONS」で!

アメリカらしい、ボリューム満点のステーキはシカゴの「GIBSONS」で!

摩天楼発祥の地と呼ばれるアメリカ第3の都市、シカゴ。

最近話題のシカゴピザに続き、シカゴに来たら是非味わっていただきたいのがずばりお肉。

かつてはアメリカの食肉産業の一大中心地だっただけあって、実はシカゴはおいしいお肉が食べられるのです。

 

今回訪れたのは、こちらのGibson’s。

シカゴでもお肉ならココ、と言われる名店だそうです。

 

こちらのお店は、レストラン名のついたUSDAプライム・アンガスビーフを扱っているのですが、レストランの名前がついたUSDA認定プライム・アンガスビーフは全米でもこちらのレストランだけに許されたものだそうです。

店内には、このレストランを訪れたセレブリティの写真がズラリと壁一面に飾ってあります。

映画俳優や歌手等、シカゴを訪れた有名人もこちらのお店にお肉を食べにくるんですね!

 

ウェイターさんが、この日おすすめのお肉を焼く前の状態で見せてくれます。

白いお皿に乗っている分厚いお肉が名物のシカゴ・カット。

もう一つのバットにはロブスターやペッパーで下味をつけてあるお肉などなど。

どれもおいしそうで迷いましたがやはりここは名物のシカゴ・カット・ステーキを焼いてもらうことに。

焼きあがってきたお肉はほどよいミディアム焼き加減。

 

シカゴのステーキはお肉の表面を少し焦がすようなかんじででてくるのが特徴だそうですが、そのおかげで肉汁が中にたっぷりとじこめられ、とってもおいしい赤身を堪能することができます。サイドのマッシュルームとほうれん草もお肉をひきたててくれて、とても美味しかったです!

 

赤身のお肉だったので、想像していたよりもさっぱりと

食べられ、胃もたれもなさそうだな~と思っていたところ

「デザートはいかがですか?」と尋ねられました。

他のテーブルに運ばれているのを見てしまい、ノリでオーダーしてしまった巨大なケーキはMacadamia Turtle Pie。

 

こちらのケーキ、中はさっぱりめのバニラアイスでできているアイスケーキで、上にはマカデミアナッツとチョコがたっぷり。

ナイフがぐっさりとささってくるのも豪快でアメリカらしいですよね。

 

アイスケーキだったので意外にも(この巨大サイズながら)半分以上食べることができました。

 

ウェイターさんも「おお、よくがんばったね!Good Job!」と褒めてくれました。

お肉を二人で分けたのが正解でした・・・

 

みなさんもシカゴにいらしたら、是非おいしいステーキを味わってみてください!

 

【GIBSONS BAR & STEAKHOUSE】

住所:1028 North Rush Street,Chicago

営業時間:11:00~26:00

「アメリカらしい、ボリューム満点のステーキはシカゴの「GIBSONS」で!」が気に入ったら



アメリカ合衆国の情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動


閉じる