HOME  >  アジア  >  インドネシア  >  価格重視でバリ島へ♪フィリピン航空・マニラ乗り継ぎ体験記

バリ島へ行くのに、フィリピン航空&マニラ乗り継ぎと聞いて、馴染みがなく不安な方もいるのではないでしょうか?でも実は直行便よりも約2万円も安くいける、学生やアクティブ派におすすめのフライトなのです!東京からは成田・羽田ともに毎日午後出発の便が運行しています。

今回は人気の羽田発の便を利用しバリ島に行ってきました。機内サービスや、乗り継ぎの仕方についてご紹介します。

羽田15時出発、フィリピン航空でいざ乗り継ぎ地のマニラ空港へ!

羽田空港の出発は午後3時。朝の通勤ラッシュにも巻き込まれず空港へ行ける時間帯なので、とても快適です。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_1-640x480""

出発2時間前にチェックインカウンターへ向かうと、既に長蛇の列ができていました。座席が離れてしまうこともあるので、長期休暇などの人気日程に旅行される際は、早めに空港に到着するか、事前にwebチェックインをすることをおすすめします。

受託手荷物は、2つまで預けることができ、合計23キロまでです。マニラで荷物を受け取る必要はなく、そのまま目的地のバリ島まで運んでくれます♪搭乗券は羽田からマニラ、マニラからバリ島の2枚を受け取ります。受け取る時点でマニラの出発ゲートも決まっていましたが、変更になることもあるようなので、到着時に必ず確認するようにしましょう。

座席

座席は2‐4‐2の配列で、各席には搭乗時から枕とブランケットとヘッドホンが用意されていました。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_2-640x480""

座席間隔も狭くなく、男性でも足が伸ばせる広さで快適。USBポートも1つあるので携帯の充電ができます。

日本語に対応した個人モニターが付いており、画質はとても綺麗!日本語吹き替えや最新作の映画がたくさんあり、約4時間のフライトでしたがあっという間に感じました。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_3-640x480.jpg""

機内食

離陸から1時間ほどで機内食が運ばれてきます。機内食は日本食洋食から選択することができます。スタッフの方が写真を見せてくれるので、イメージもしやすく英語が苦手な方でも選びやすいのが嬉しいポイント。日本食を選択するとお弁当箱のような入れ物で提供されました。メインは鶏肉で、サラダやフルーツ、デザートに抹茶のケーキが付いています。日本人好みの味付けでとても美味しかったです!

Philippine-Airlines_Bali_Manila_4-640x480""

マニラ空港での乗り継ぎ

マニラ空港へ到着したら、案内板に沿って移動。日本語表記もあるので、海外旅行慣れしていない方にも安心です。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_5-640x480""

進んでいくと長い行列が・・・

Philippine-Airlines_Bali_Manila_6-640x480""

列の先は乗り継ぎカウンターがあり、乗り継ぎカウンターでスタンプをもらうと空港のスタッフが誘導してくれます。

その後、荷物検査のために列に並びます。荷物検査のゲートがひとつしかないのと、ちょうど他の到着便と重なってしまったので、ここで40分~50分くらい待つことになりました。

また、ここでの荷物検査には少し注意が必要です。日本では問題ない折りたたみ傘やセルカ棒を持っていると、ここで没収されてしまいます。実は私も折りたたみ傘を没収されました…。

混んでいると時間はかかってしまいますが、乗り継ぎの際の移動距離は長くないので、迷うこともなく次のゲートにたどり着けます。空港内には小規模ながら免税店や土産屋さん、売店がありました。売店では、缶ジュースが1缶60ペソ*ほどで販売されていました。

ただし売店ではクレジットカードが使えないらしく、日本円はお札のみ使えますがおつりはフィリピンのペソになりますので注意が必要です。
*2019年8月時点のレートで日本円に換算すると約125円です。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_9-640x480""

空港内のフリーWi-Fiは電波が弱め…。時間帯にもよるみたいですが、基本的に繋がらないと思っておいた方がいいでしょう。

マニラから最終目的地のバリ島へ!

座席

マニラからバリ島への機材は、羽田マニラ間と異なり3-3の配列で小型でした。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_11-640x480""

4時間のフライトなので、小さめでもそこまで問題はありません。ただ前後の間隔が少し狭く、外国人の男性は少し狭そうにしていました。体の大きな方は少し狭く感じるかも…。

ちなみに個人モニターもなく、ブランケットの用意もありません。機内エンターテイメントがないため退屈してしまいそうと思いましたが、夜便ということもあり寝ている人がほとんどで、実際にうとうとしているとあっという間に到着してしまいました。

Philippine-Airlines_Bali_Manila_12-420x560""

機内食

機内食は牛肉がメインのパスタか、チキンがメインのごはんから選択できました。牛肉がメインのパスタの方には、他にパスタのサラダと、ナッツとドライフルーツのお菓子が付いていました。短時間のフライトでも機内食がしっかり出るのは嬉しいですよね♪

Philippine-Airlines_Bali_Manila_13-640x480""

到着は深夜1時ですが、ご安心を!空港の両替所はまだ開いていますし、同じ時間帯に到着する他の便もあるので明るく賑やかでした。またガイドさんが明るく迎えてくださり、ホテルチェックインまでサポートしてくださるので安心です。

 

いかがでしょうか?乗り継ぎに少し並んだりすることはありますが、他に不便なことはなく、むしろ羽田からマニラの機材はとてもいいと感じました!フィリピン航空を使えば、5つ星の憧れのホテルに宿泊しても、お手頃価格でバリ島旅行が楽しめます♪予算を抑えてバリ島へ行きたい方はぜひフィリピン航空の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

フィリピン航空を利用する上で気になることがある方は、お気軽に実際に搭乗したことのあるバリ島担当のトラベル・コンシェルジュまでご相談ください。

「価格重視でバリ島へ♪フィリピン航空・マニラ乗り継ぎ体験記」が気に入ったら



旅工房バリセクション

旅工房バリセクション
旅工房のバリ担当トラベル・コンシェルジュが、バリの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる