HOME  >  アジア  >  韓国  >  韓国ラーメン特集!トレンド&おみやげにおすすめなインスタント麺TOP6!

韓国ラーメン特集!トレンド&おみやげにおすすめなインスタント麺TOP6!

一体どれを買えばいいの!?と迷うほど、韓国マートにたくさん並ぶインスタントラーメン。そこで、新発売された話題の品を中心に、買って間違いナシの商品を実食しながらご紹介していきます!

農心『ヤンニョムチキン』

2018年衝撃のデビューを飾ったのがこの「ヤンニョムチキン」味のインスタント麺です。韓国の人が大好きな、フライドチキンに甘辛いソースを絡めたヤンニョムチキン。まずはそれをインスタント麺にしようと思った、その発想がスゴイ!

Korea_ramen_002""

実際にヤンニョムチキンを食べようとすると、1人で食べるのはなかなか難しいんです。なぜなら韓国のチキンは、1ピースずつの販売ではなく“1羽”じゃないと注文できないからです(笑)。

ところがこのインスタント麺『ヤンニョムチキン』の登場で、今まで人数が集まらないと食べることができなかったチキンの味を、いつでもどこでも、そして1人でも気軽に楽しむことができるようになったのです!
でき上がりはこんな感じです。

果たして本当にヤンニョムチキンの味がするのでしょうか?!

Korea_ramen_003""

なんとビックリ!ヤンニョムチキンの味そのものではないですか!甘いけど辛くて美味しい、そして心なしかチキンの風味も少しするような・・・?!

これでもう日本にいながらも、韓国のヤンニョムチキンを楽しむことができる~♪とはいえ、なかなかの辛さなので、食べる時はむせないように気を付けてくださいね!

辛くて食べれない!という場合は、半熟の目玉焼きやカットしたサンチュをのせると食べやすくなりますよ~!

Korea_ramen_004""

paldo『海鮮ラーメン』

2018年、各社そろって新製品を出していたのが海鮮味のラーメンでした。

これまで韓国で“海鮮味の辛いラーメン”といえばチャンポンのことでしたが、どうやらそれともまた違うようなのです。

Korea_ramen_005""

ではどんな違いがあるのか、さっそくいただいてみましょう!

Korea_ramen_006""

オモ!意外に具だくさんです。

Korea_ramen_007""

海鮮のダシがとてもよく出ていて、辛いのにスープがまろやかになっています!辛いシーフードテイストは日本ではあまり見ないので、これは韓国らしい味かも。

チャンポンはガツンという辛さが特徴ですが、海鮮ラーメンはチャンポンの角が取れて柔らくなった味といった感じで、より食べやすくなっています。

Korea_ramen_008""

こちらは『海鮮ラーメン』の袋バージョン。

Korea_ramen_009""

作り方が韓国語で書かれているので、もしかしたらご存知無い方もいらっしゃるかも知れませんが、韓国の袋ラーメンは基本的に麺とスープを一緒に煮込みます。

日本のように、スープは後入れではないんですね。辛さ対策で、卵と白菜、しいたけを煮込んでアレンジしてみました!

Korea_ramen_010""

太めの麺がとってもモチモチしてて美味しい♪ 韓国の袋ラーメンはどれも麺がモチモチしていますが、個人的にはpaldo の麺が1番食感が良い気がします。

ちなみに麺を煮込む時間ですが、韓国では少しやわらかめが好まれるようで、表示通りだとちょっとコシが無いような気がします。

どのメーカーのラーメンも、表示時間より30秒早く火を止めると、モチモチでツルツルの食感を楽しむことができますよ!

Korea_ramen_011""

でき上がったラーメンは器に移さず、鍋から小皿に取って食べるのが韓国スタイル!韓国の人たちだって辛いから、こんなふうに食べているんですよ~!ドラマでよく見るこのラーメン鍋で食べると、おいしさもひとしお。

農心『ポックムノグリ』

韓国の大人気定番インスタント麺『ノグリうどん』に新たな仲間が加わりました。

その名も『ポックムノグリ』。「ポックム」とは「炒める」という意味で、ようするに焼きうどんをイメージしているようです。

Korea_ramen_012""

でも、その味は焼きうどんとは全然別モノ!昆布や海鮮から出るダシの働きで、とってもまろやかで深い味になっています。

たぶんかなり辛いんだと思うのですが、海鮮の旨みで辛さは全然感じられません。

Korea_ramen_013""

ハッキリ言わせていただきます!とても美味しいです!いや、これはホントにヘビロテしてしまうかも・・・。

今回ご紹介するインスタント麺の中でもイチオシの商品なので、お店で見つけたら即ゲットして下さいね!タヌキのかまぼこも点数高いです♪

オットゥギ『チーズポッキ』

海鮮味と並んで2018年に流行したインスタント麺といえばチーズ味です。チーズタッカルビなるメニューもあるように、韓国の人のチーズ愛は相当なもの。

ついにはチーズ味のインスタント麺も登場し、こちらも各社から色々な新製品が発売されました。

Korea_ramen_014""

『ラーメンポッキ』で有名なオットゥギのポッキシリーズにも、チーズ味の『チーズポッキ』が出ましたよ!

さっそく食べてみましょう♪

Korea_ramen_015""

いや・・・チーズのニオイがかなりキツいんですけど・・・。

正直、ソースを入れてまぜまぜしている間に、「想像してた味と違ったら、どんな調味料を追加しよう?」なんて考えていたのですが、そんな心配は全然必要ありませんでした。

食べてみると・・・。あ美味しい。笑。

チーズ臭さは気にならず、クドさも全然ありません!まろやかでありながら、後味がちょっとだけスパイシーなところもGood!あっという間に完食してしまいました!これはクセになっちゃう味かも?!ㅋㅋㅋ

SAMYANG『三養ラーメン・クワトロチーズ』

チーズシリーズでもう1つご紹介したいのが『三養ラーメン・クワトロチーズ』です。こちらは先ほどのチーズポッキとは違い、スープがあるラーメンです。

Korea_ramen_016""

粉末スープのパッケージまでカカオフレンズのキャラクターが描かれているのが可愛いですね♪ ピンクがラーメンスープ、黄色が食べる直前に入れるチーズの粉末です。

Korea_ramen_017""

まず麺と一緒にピンクのラーメンスープを入れ、沸騰したお湯を注ぎます。そのまま2分間電子レンジをかけると、麺がより美味しくなるそうですよ!最後にチーズの粉末を加えて全体的に混ぜます。

Korea_ramen_018""

確かに、麺にちょっとツヤが出たかな?!

Korea_ramen_019""

チーズの味が結構効いているので、辛さはあまり感じません。韓国ではよく辛いラーメンにスライスチーズをのせて食べたりしますが、まさにその味!スープが少しトロッとしています。

ちょっと濃い目の味付けかな?と思いますが、チーズ好きさんにオススメしたいラーメンです!

オットゥギ『ジンラーメン』

2018年韓国で1番ブレイクしたラーメン、それは発売から30年を迎えた『ジンラーメン』です。

今ごろジンラーメン?!と思うかも知れませんが、なぜか最近人気が再上昇!現在の売り上げは、あの『辛ラーメン』に迫る勢いなんだとか。

ジンラーメンは2種類あり、赤袋は辛い味、青袋はマイルド味になっています。

Korea_ramen_020""

実は数年前にジンラーメンを食べた時は、特別美味しいと感じなかったので、それ以来ジンラーメンは買っていなかったんです。

でもここ最近の人気の秘密を知ろうと、久々に食べてみたところ・・・。なるほど、麺が各段に美味しくなっています!以前に比べると、麺にコシが出てモチモチの食感に生まれ変わりました!

赤い袋も辛ラーメンほど辛くないので日本人には食べやすいですよ。唐辛子の辛さだけではなく、色々なシーズニングが入っているので、辛いというよりはスパイシーと表現した方が良いかも知れません。

煮込むときに卵を入れると、より美味しくなりますよ!

Korea_ramen_021""

青い袋の方はさらに食べやすく、“ちょっとピリ辛”という程度なので、辛いのが苦手でこれまで韓国ラーメンが食べれなかったという人にもオススメ!お土産にもピッタリです。

Korea_ramen_022""

2018年は海鮮とチーズがキーワードだった韓国のインスタント麺。師走を迎えたマートには早くも来年の流行を予感させる新商品が並び始めました。

Korea_ramen_001""

「オイスターソース麺」や「中華ビビン麺」など、どうやら来年は中華風のインスタント麺がトレンドとなりそうです。

辛い!でも食べたい!不思議とクセになる韓国ラーメン。寒い冬、辛いラーメンを食べてぽっかぽかに暖まって下さいね!

「韓国ラーメン特集!トレンド&おみやげにおすすめなインスタント麺TOP6!」が気に入ったら



韓国旅行・ツアー情報はこちら

よこたん

よこたん
韓国・仁川市に在住して8年目の主婦です。趣味はカフェ巡りと、美味しいパン屋さんをさがすこと、そして日本へ旅行に行くこと。仁川空港のある永宗島から、「韓国の美味しいもの」「楽しいこと」を発信して行きます。

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる