HOME  >  アジア  >  マレーシア  >  年末年始はマレーシア周遊!アーバンステイとリゾートステイを楽しむ欲張り旅

年末年始はマレーシア周遊!アーバンステイとリゾートステイを楽しむ欲張り旅

2019年の年始は長期休暇が比較的取りやすいカレンダーになっているため、海外旅行を計画している方も多いと思います。この年末年始はマレーシアでの贅沢&欲張り周遊旅行はいかがでしょうか?

予算気候◎!真冬にビーチを堪能できる年末年始のマレーシア周遊プラン

ズバリ、私が年末年始にマレーシア周遊をおすすめする理由は、予算と気候です!せっかくなら限られた予算の中で贅沢な旅行をしたい!と思う人は多いと思います。年末年始は長期休暇が取れますが、値段がとても高いのが難点。

しかし、マレーシアの主要地域は価格の安いLCCのエアアジアが就航しているため、ハイシーズンでも往復約7万円で航空券を買うことができます。

さらに、マレーシアは日本の約1/3の物価なので、宿泊先はリッチなホテルも選べちゃう!私がチェックした限りでは、1人あたり1万円~の予算で5つ星に泊まることも可能です。すべての費用を含めても4泊程度であれば約15万円で贅沢な旅行を楽しめます。

また、マレーシアは年中常夏なので、年末年始でもプール&ビーチが楽しめます。4つ星以上のホテルにはほとんどプールが付いていますので真冬の日本とは対照的な過ごし方がができます♪

クアラルンプールにはビーチがないので、アレンジで周遊するのがおすすめ。飛行機で1時間程度でいけるペナン島やランカウイ島は、アジアンリゾートでゆったり過ごすことが可能です。都会とリゾートを一度の旅行で楽しめるのは、マレーシアならではだと思います!

ここからは、2017~2018年の年越しで、クアラルンプールでのニューイヤーイベントの後、サバ州にあるコタキナバルに2泊した私のマレーシア周遊体験をご紹介します!

12月31日 予約不要!誰でも気軽に参加できるペトロナスツインタワーのカウントダウン

12月30日深夜に羽田を出て翌朝クアラルンプールに到着。この日はKLCCパークで24:00からカウントダウンの花火が約10分間打ち上げられます。予約は一切不要なので、誰でも参加できます。

パークに着くとすでに多くの人でにぎわっていました。驚いたのは、音の出る楽器を鳴らして盛り上がっていたこと。ブブゼラのような大きな音で本当にびっくりしますが、熱気ある東南アジアらしい雰囲気。ぜひエネルギーを肌で感じてください!近くの屋台で販売しているようなので、興味のある方はのぞいてみるといいかも。

食事は、花火の前に周辺で済ませてから参加するのがおすすめです。パークの隣にあるスリアKLCC(ショッピングモール)にはフードコートもあります。そこで飲み物などをピックアップするのも良いですね♪

花火を見るのにおすすめの観覧場所はシンフォニーレイク側です。ツインタワーは基本的にはどこからでも見えるのですが、花火を見るためには噴水ショーでお馴染みのシンフォニーレイク側で待機する必要があります。

実は、打ち上げる直前に反対側に向かってしまい、花火をツインタワーの裏側から見ることになってしまいました・・・。花火はシンフォニーレイクより打ち上げられます。アシャキリン・モスク側か、KLCC水族館やトレーダーズホテル側で待機するといいと思います。

■ペトロナス・ツインタワーへの行き方

一番近いのは、LRT(高架鉄道)クラナジャヤ線のKLCC(KJ10)駅です。下車したらスリアKLCCを目指してください。モールに入らないで直接広場に出ることができる出口もありますが、不安な方は一度スリアKLCC内に入り、噴水方面の出口から出ていただくとわかりやすいと思います。

年末年始、マレーシア周遊旅の宿泊ポイント@クアラルンプール

宿泊は、LRTの駅に徒歩圏内のホテルを選ぶようにしましょう。空港にアクセスのよいKLセントラル駅周辺なら、周遊旅行もより楽に移動ができるのでおすすめです。

私はアロフトホテルに宿泊したのですが、駅直結で便利です!モダンでとってもお洒落なホテルなのでおすすめですよ。

マレーシアの宿泊で注意していただきたいのが、12月31日をまたぐ宿泊の場合、『ガラディナー』という東南アジア特有の文化。

高級ホテルだとほとんどのプランが宿泊とディナーがセットになっています。ディナーも含めたプラン(料金や滞在時間)ということを踏まえ、行動プランを考えてくださいね。

1月1日 クアラルンプールからコタキナバルに移動!

カウントダウンを都心のアラルンプールで楽しんだ後は、アジアンリゾートステイを楽しみましょう!

ランカウイ島やペナン島など、マレーシアにはおすすめのアイランドリゾートがたくさんありますが、今回私は、コタキナバルに2泊しました。

1月1日の午前中の便でコタキナバルに向かうため、KLセントラルからクアラルンプール空港に向かいます。

クアラルンプール空港からコタキナバル国際空港までは約3時間ほどのフライト。そこから滞在先までは、タクシー配車サービスGrabを利用しました。東南アジアの移動はこれなしには語れないとっても便利なサービスですよ♪

シャングリラ ラサ リア リゾート&スパでゆったりリゾートステイ♪

今回は何もしないことが目的だったので、シティから離れたシャングリラ・ラサ・リア・リゾート&スパに滞在。さすがシャングリラだけあり、プライベートビーチを望めるお部屋がとても素敵で興奮しました!

チェックインをしてからはプールに入ったり、ビーチに行って夕暮れの写真を撮ったりして楽しみました。プライベートビーチなので人も少なく、大はしゃぎしても問題ありません♪

夜ご飯は、ホテルにある屋台のような雰囲気の屋外レストラン『テピラウトマカンストリート』をチョイス。フレッシュなシーフードをはじめとするマレーシアの代表的な食事をビュッフェ形式で楽しめます。

美しいイスラム教建築、サバ州立モスク

ホテル滞在だけでなく、観光も楽しみましょう♪

イスラム教建築であるモスクは日本人にとってあまり身近ではありませんが、外観も内観もとても美しく、マレーシア観光の必見スポットだと思います。ぜひ訪れていただきたいです!

ただ、私は今回、中まで見学することができましたが、宗教上の理由から、女性はイスラム教徒以外の方は中までは入れない場合があるそうです。また、モスクを訪れる際には、髪の毛を束ねるゴムと羽織るものを持参し、なるべく露出が少ない恰好をしてくださいね。

コタキナバルは世界遺産にも登録されているキナバル自然公園など見どころが満載!マレーシア旅行の際には、ぜひ訪れてほしい都市の一つです。

アレンジ次第でいくらでも楽しめるのがマレーシア旅行の醍醐味!お得に贅沢な旅行ができるマレーシア。今年の年末年始は、マレーシアで過ごしてみるのはいかがでしょうか?

PETRONAS Twin Towers

住所Concourse Level, Petronas Twin Tower, Lower Ground, 50088, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia

電話番号+60-3-50391915

営業時間9:00~21:00 (金曜日13:00~14:30はクローズ)最終入場時間20:30

URLhttps://www.petronastwintowers.com.my/

Aloft Kuala Lumpur Sentral

住所No. 5, Jalan Stesen Sentral, Kuala Lumpur Sentral, 50470 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

電話番号+60-3-27231188

URLhttps://www.marriott.com/hotels/travel/kulal-aloft-kuala-lumpur-sentral/

Shangri-La’s Rasa Ria Resort & Spa

住所Pantai Dalit, PO Box 600, Tuaran, Kota Kinabalu, Sabah

電話番号+60-8-8797888

URLhttp://www.shangri-la.com/jp/kotakinabalu/rasariaresort/

Sabah State Mosque

住所Jalan Tunku Abdul Rahman, 88100 Kota Kinabalu, Sabah

営業時間月~木08:00~12:00/14:00~17:00金14:00~17:00土日08:00~12:00/14:00~17:00

URLhttps://www.sabahtourism.com/destination/sabah-state-mosque/

「年末年始はマレーシア周遊!アーバンステイとリゾートステイを楽しむ欲張り旅」が気に入ったら



マレーシア旅行・ツアー情報はこちら

izumeen85

izumeen85
外資系IT企業勤務の20代 OL。海外・国内問わず旅行が趣味で、仕事の暇を見つけては旅行に行っています!“旅行のために働く”がモットーです。大学生の時より訪れた国は、アジアを中心に10か国以上。最近はちょっと贅沢な旅行がテーマです♪

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる