天空の鏡!マレーシアのウユニ塩湖スカイミラーを満喫するコツ!

マレーシアのインスタ映えスポット、【スカイミラー】はご存知でしょうか。

有名なボリビアのウユニ塩湖のような場所が実はマレーシアにもあります。クアラルンプールから2時間ほどで行くことができるので、気軽に幻想的な写真が取れるというのもスカイミラーの魅力の一つです。

今回は、このスカイミラーと上手な写真の撮り方をご紹介いたします!

クアラルンプールから近い!天空の鏡 スカイミラーへ

今回ご紹介するインスタ映えスポット、スカイミラーはクアラルンプールの隣の州・セランゴール州にあります。場所はクアラルンプールから約1時間半、スピードボートで40分ほどで到着するので半日あれば十分です!今回はスカイミラーを訪れるオプショナルツアーに参加。出発は朝早く、この日は8時前に港に到着しました。

スカイミラーは潮の満ち引きの関係で新月と満月のときのみ体験できる貴重なスポットです。時期によって撮影できる時間が違うので、ツアーもその時間に合わせて出発。

参加者が揃うのを待ち、9時ごろ50名ぐらいが3つぐらいのボートに分かれ、ライフジャケットを着てスカイミラーへ出発。

ボートの中でガイドの方が英語と中国語で簡単な注意事項などの説明をしてくれます。
ゴミを捨てないでと言った説明や、ボートでは絶対立たないで、など簡単な説明なので英語が分からなくでも問題ないのでご安心を。

ボートはすごいスピードで進むので、ものすごく揺れます。
40分ぐらいボートに揺られるので、船酔いする方は酔い止めを持参するのをおすすめします!

スカイミラーで写真撮影♪

ボートに揺られ、到着したところは干潟です。サンダルなどはボートで脱いで、裸足で向かいます。

張り切って、いざ写真を撮ってみると…

「…あれ?あんまりきれいに映らない…」
想像していたのはもっと自分が水面に反射してきれいな写真だったのに。。

実は、自分のカメラで水面に映る写真を撮影してもそんなにきれいには写りません。
インスタ映えする写真はすべて、コツを知り尽くしたガイドさんが撮影してくれているのです!

撮影の前に、撮影ポイントの干潟は平らにして、撮影場所を影にするため屋根をつくり・・・その下に寝転がって撮影をするというガイドさんが体を張ってすてきな写真を撮影してくれています。

撮影ポイントのセッティングが終わるとお待ちかねの撮影タイムです。撮影は8人ほどのグループになり、一緒に撮影します。
色んなポーズや構図をカメラマンさんが指示をしてくれるのでそれに従って、ポーズをとって写真を撮ります。
カラフルな傘など撮影道具も用意してくれますよ!

写真は、すべてカメラマンさんのカメラで撮影をし、終了後にメールですべてのデータが無料で送られてきます。
この日は、天気もよく、きれいな写真がたくさん撮れました!

写真撮影はグループで行うので、同じグループの人たちと自然と仲良くなれるのも嬉しいポイント!
一期一会の出会いも素敵な思い出です!

みんなでわいわい1時間ほど写真撮影を行い、またボートに揺られ港まで帰ります。
待合室には、売店やシャワー付きのトイレもあるので
お土産を買ったり、シャワーで足を洗ったりもできます。

きれいな写真を撮影するポイント

1.ピンクなどのカラフルな服を着る

白や黒でも水面には映りますが、ピンクや黄色の服がより映えます!
カラフルな服を着用して参加される方がおすすめです。

2.躍動感が大切!

みんなでジャンプした瞬間を撮影したり、遠近法を利用して撮影します。
恥ずかしがらずに思いっきり楽しんでなりきってください。
一斉にジャンプして、きれいに揃っていたときの一体感は気持ちいいです。

3.何よりも天気

何よりも天気がきれいな写真を撮れるかどうかを大きく左右します。
こればかりは運なのですが…
スカイミラーに行く日は晴れるように祈りましょう…

アジアのウユニ塩湖でSNS映えしよう!

いかがでしたでしょうか。ボリビアまで行かなくても、このような写真が撮影できちゃいます!
クアラルンプールから少し足を伸ばして、ぜひ貴重な体験をしてみてください。
思い出に残る写真が撮れること間違いなしです!

スカイミラー観光付きツアーはこちら

    

 

マレーシア政府観光局

マレーシア政府観光局公式ブログでマレーシアのさまざまな観光地やイベント情報などを紹介しています。またホームページに各種ガイドブックをeパンフレットで公開しています。マレーシアへのご旅行前のプランニングにお役立てください。/公式HPブログ

「天空の鏡!マレーシアのウユニ塩湖スカイミラーを満喫するコツ!」が気に入ったら



マレーシア旅行・ツアー情報はこちら

旅工房アジアセクション

旅工房アジアセクション
旅工房のアジア担当トラベル・コンシェルジュが、アジアの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる