ミャンマーの世界遺産「バガン遺跡」ヤンゴンからの日帰りツアーレポート

2019年に世界遺産に認定されたばかりの、バガン遺跡。行ってみたいけど、どうやったら行けるの?どんな遺跡があるの?そんな疑問を解消すべく、日帰りツアーに参加してきたので紹介します!

バガン遺跡とは

バガン遺跡群とは、ミャンマー随一の観光地である遺跡群です。インドネシアの「ボロブドウール遺跡」、カンボジアの「アンコール遺跡群」とともに「世界3大仏教遺跡」とも言われています。

そして、2019年に世界遺産に認定されたばかりの、今とてもホットな観光地なんです♪

バガン遺跡のあるニャウーという都市へは、ヤンゴンから国内線フライト・長距離バス・電車のいずれかで移動します。バスや電車の陸路移動はかなり時間がかかるので、飛行機移動がベターです!

今回は、ミャンマー旅行の拠点であるヤンゴンから、往復飛行機利用の日帰り観光ツアーを予約していたので飛行機でバガン遺跡の最寄りの街である「ニャウー」に向かいました。

バガン遺跡日帰りツアーに参加してみた!

出発フライトは6時45分ヤンゴン空港発。このツアーには送迎がついているので、朝5時には宿泊ホテルにガイドさんが迎えに来てくれ、空港へ向かいます。

ヤンゴン空港の国内線ターミナルには、カフェやコンビニ、ケンタッキーのお店があるので待ち時間もゆっくり過ごせます♪

小さなプロペラ機に搭乗して、約1時間半のフライト移動!

フライト時間がかなり短いのですが、簡単な機内食も用意されています。

この日のメニューはチーズパンとチョコレートケーキでした。コーヒーや紅茶、オレンジジュースなどドリンクも種類が豊富で、朝食代わりにもってこいです!朝が早くてホテルで朝食を食べなかったので、とってもありがたかったです。

ニャウー空港に到着後は、そのまま空港でバガン遺跡のチケットを購入します。バガン遺跡の入場チケットは一人20ドルです。

お金を支払って顔写真の撮影をすると、その場でチケットが発券されます。チケットにあるQRコードを各遺跡で確認するシステムになっていて、入場もスムーズ!古代遺跡の中なのに、とても現代的なシステムだと感じました。

ニャウー到着後、遺跡の前に市内観光へ

遺跡に入る前に、まずはガイドさんの案内のもとマーケットの見学に行きました。マーケットには肉や、魚、野菜、くだもの、さらに日用品まで用意されておりかなり品ぞろえが豊富でした!

マーケット内にロンジー(ミャンマーの民族衣装)なども売っていたのでせっかくなので実際に買って着て、観光するのもおすすめです!

マーケットではタナカも試しに塗ることができます。「タナカ」とは木をすり潰して作る天然の化粧品で、ミャンマーの強い日差しからお肌を守ることもでき、日焼け止め代わりにぴったりです。

わたしもタナカを実際に塗ってみましたが、効果抜群!その日は日焼けもあまりなく過ごすことができました。塗ってみたい人は、ぜひガイドさんに相談してみてください♪

バガン遺跡群へ!おすすめの遺跡は?

マーケットを散策したあとは実際にバガン遺跡観光へ!バガン遺跡の中にはたくさん遺跡があるので、今回はミャンマー担当のトラベル・コンシェルジュが特に気に入った遺跡2つをご紹介!

アーナンダー寺院

バガン遺跡群の中で最も美しいと言われている寺院です。レンガを積んで作った壁一面に漆喰を塗っていて、白い壁がとっても綺麗でした。

白い壁とてっぺんの金色の塔が太陽光に反射して寺院自体もキラキラして見えます!遺跡の敷地に貯水池があるのですが、池に反転した寺院が映るのがインスタ映えでおすすめです♪

また、寺院の中にある仏像は、近くで見上げると「厳しい顔」、遠くから見ると「微笑んだ顔」をしているように工夫をされた造りになっています。

これは、仏像を直近で見る人(身分の高い人)には厳しく、遠くから見ている一般の国民には優しくあるという当時の寺院と人々のかかわり方を示していると考えられています。

実際に近くで仏像の顔を見た後、そのまま後退してみると、、、表情が全くの別物で本当に驚きました!

近くで見た顔

遠くで見た顔

建設当時はデザインをするパソコンも、建築機械もないのにどうやってこの精巧なデザインを作ったのか、想像できません!

マヌーハ寺院

次に紹介するのは、戦に負けて捕虜となったマヌーハ王が建てた寺院です。仏像は浮かない顔で、とっても狭い寺院に収められています。

本当に狭いので、ガイドさんと並んで歩くことができず、一列になって寺院の解説を聞くほどでした。ガイドさん曰く、負けて捕虜になってしまった気持ちが、寺院にも強く表れている証拠だいうことでした。

寺院の脇にある大きな絵には、マヌーハ夫婦の様子が描かれているのですが捕虜になってしまって奥さんに顔向けできない王様の様子が、、、

この二人、なんだかとっても気まずそうじゃないですか?当時の様子がイメージできて面白かったです。

上からバガン遺跡を眺める絶景スポットへ!

いくつか遺跡を見て回った後は、最後に絶景を見られるビューイングタワー。タワーの展望チケットは一人5ドルです。入り口でチケットを購入した後、最上階の展望フロアへ!

フロアに立ち入った瞬間にたくさんの寺院がすぐ目に入ってきます。形も大きさも様々な仏塔が広大な敷地に点在している様子は本当に圧巻です。

それぞれの寺院にいろんな人の思いや、当時の歴史背景があるんだと思うともっと知りたい!もっと見てみたい!という気持ちが強くなりました。

タワーの屋上フロアは360度展望台になってるので、感動してタワーを何周も周ってしまいました!この壮大さは写真では全然伝わらないので、ぜひ足を運んでみてほしいです。

ちなみに、タワー3階の屋外は、夕方になるとお酒の飲めるバーと、ギターの生演奏が楽しめます。バガン遺跡に沈む夕日を見ながら飲むビールは格別だと思います!

次来るときは、日帰りでなくバガンに1泊してまた来よう!と思いました。

国内線でヤンゴンへ

ビューイングタワーから空港までは車で5分ととても近いです。フライトの時間が許す限り、ギリギリまで観光できる距離なのがありがたいですね。

夕方18時45分のフライトでヤンゴンへ。帰りのフライトも軽食が出ます。この日のメニューはチョコデニッシュとクルミのケーキでした。たくさん動いて疲れた体に、甘い食べ物が染み渡ります♪

ヤンゴン空港到着後、宿泊ホテルまでガイドさんが送迎してくれて、21時ごろホテルに到着。ツアー終了です。

まとめ:バガン遺跡は日帰りツアーがおすすめ!

バガン遺跡観光の様子、お楽しみいただけましたでしょうか?

実際に行ってみて、遺跡の綺麗さ、壮大さはもちろん感動したのですが当時の人々の心情や、いろんな思いが色濃く遺跡に表れていて
思わず「すごい!」と声に出したり、くすっと笑いたくなったりそんな人間味溢れるところもバガン遺跡の魅力なんだと思いました!

そしてバガン遺跡は一人で行くことも可能ですが、寺院の詳しい解説があったほうが何倍も面白いのでぜひガイドさんと一緒に観光するのがおすすめです!

世界遺産に登録された今、ぜひミャンマー・バガン遺跡への観光に出かけてみてください!

バガン遺跡ツアーはこちら

「ミャンマーの世界遺産「バガン遺跡」ヤンゴンからの日帰りツアーレポート」が気に入ったら



ミャンマー旅行・ツアー情報はこちら

旅工房アジアセクション

旅工房アジアセクション
旅工房のアジア担当トラベル・コンシェルジュが、アジアの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる