HOME  >  アジア  >  タイ  >  進化し続ける仏教都市、バンコクのおすすめ観光地4選!

進化し続ける仏教都市、バンコクのおすすめ観光地4選!

こんにちは!
先日、お客様から「バンコクでおすすめの観光地はありますか?」
という質問をいただいたので、実際に現地を訪れたアジア担当トラベル・コンシェルジュの
おすすめのスポットをご紹介します!

1.本当にお寺?宇宙的幻想空間「ワット・パクナム」

ここ最近日本でも認知されつつあるバンコクの新観光スポット。
外観の真っ白に塗装された荘厳な雰囲気もさることながら
建物の5階に位置する「プッタクナーロム室」の美しさは圧巻です。

メインの観光地である王宮ほどの賑わいもなく、ゆっくり鑑賞していただけます。
神秘的な天井画は写真映えすること間違いなし!
スマートフォンでも十分に綺麗な写真を撮ることができます。

お寺の場所は駅から離れており電車でのアクセスは少し不便。
チャオプラヤー川の少し西側なので、市内を拠点とされる方はタクシーで行くのがおすすめ。

【ワット・パクナム(Wat Paknam Phasicharoen)】
拝観料:無料
住所:Thoet That Road. | Bang Yi Ruea, Thon Buri, Bangkok 10160
営業時間:8:00~18:00

 

2.黄金の丘に建つアユタヤ王朝時代の寺院「ワット・サケット」

バンコクでも一風変わった立地の寺院がこちら。
大回りな螺旋階段を344段のぼると市内を360度見渡せる小高い場所に到着。
見晴らしが素晴らしく良い場所です!
晴れていれば美しい黄金の仏塔と青空のコントラストをご覧いただけます。

寺院には壁を鐘で飾る場所が散見され、誰でも鳴らすことができるので
寺院にいる間はどこからか鐘の音が聞こえてきます。

ここも駅から少々離れています。
バンコクでいろんなところを観光するならタクシーを使うのが無難ですよ。

【Wat Saket(The Golden Mount)】
拝観料:10バーツ
住所:344 Chakkraphat Diphong Road | Bang Bat, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100
営業時間:07:00~17:00

 

3.バンコクに行くならここは外せない「王宮・エメラルド寺院」

バンコクで観光地といえば真っ先にこの寺院がでてくるのではないでしょうか。
歴代のあるゆる王様によって建設された寺院がある王宮の面積はなんと約22万平方メートル。
各時代の様々な様式による寺院を見ることができるので写真を撮る手が止まりません。

拝観料は500バーツと、タイの中では少し高めの設定。
ですが、初めてバンコクに行くなら観光地として外せない場所です。
お昼からは観光客で混み合うので、少し早めの拝観がおすすめ!

ラーマ9世の葬儀が行われた場所でもあります。

【Yolk】
住所:340 N. State Street Chicago, IL 60654
営業時間:7:00~15:00

 

番外編.バンコクから片道3時間、鉄道の歴史を垣間見る「カンチャナブリ」

第二次世界大戦時、日本軍が戦争捕虜を動員し鉄道を建設した歴史が残る場所。
ここで走る鉄道は現在も1日に3本運転が行われています。
バンコクとは違ったのんびりとした雰囲気の中、
冷房もなく古い扇風機が回る車内でタイの田園風景を眺める様は旅情をそそります。

前述のとおり鉄道の運行本数が少ないので、
人気スポットでもあるクウェー川鉄橋の線路の上でフォトジェニックな写真を撮ることもできます。

切符は現地で買うこともできますが、初めてならツアーで行くのがおすすめ。

【Kanchanaburi】
住所:Kwaiyai Rd, Ban Tai, Amphoe Mueang Kanchanaburi, Chang Wat Kanchanaburi 71000
クウェー川鉄橋駅出発時刻:①06:15頃 ②11:00頃 ③16:45頃

 

バンコク観光を思い切り楽しもう♪

それぞれに様々な特色をもつ寺院が点在するバンコク。
寺院観光を検討する際はぜひ訪れてみてください!

「進化し続ける仏教都市、バンコクのおすすめ観光地4選!」が気に入ったら



タイの情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動


閉じる