HOME  >  アジア  >  タイ  >  世界でたったひとつを。タイダイ染め体験レポート inバンコク

世界でたったひとつを。タイダイ染め体験レポート inバンコク

タイ=遺跡やグルメ・・だけじゃない!

おしゃれなカフェや雑貨のショップがぐんと増え、女子旅にも人気を集めています。

今回はおしゃれ好きな女性におすすめしたい、世界でたった一つのアイテムができるタイダイ染め体験の様子を詳しくレポートします。

 

秘密のアトリエのようなショップ

今回タイダイ染めを体験したのは、バンコクにある工房「Charm-Learn Studio Thailand」

Charm-Learnはジャルーンと読み、繁栄するという意味が込められているそう。

 

外観もとても可愛らしく女性なら間違いなく写真を撮りたくなってしまうはず。

 

中に入ってみると、どこか懐かしい雰囲気を感じつつもナチュラルでおしゃれな雰囲気。

こちらの写真に写っているアイテムは販売もしていました。

その他、可愛らしいピアスも売っていましたよ。

こちらのおしゃれな額縁に入った絵は、タイの王様の絵でした。

タイの人の国王への愛を感じられますね。

 

感性のままに。いよいよタイダイ染め体験

2階のアトリエへ向かい、いよいよタイダイ染め体験です。

今回体験したのはトートバッグを作るコース。

スタッフの方が見本を使いながら説明してくれます。

まずは布をジャバラ状に折り、その後は感性のままに木の棒や小さなビーズなどを輪ゴムで止めていきます。

縛った部分には染料が入らないので、どんな模様を作りたいかを考えながら止めるのがポイント。

下の写真のように木の棒をV字型に止めると、

波状に模様が入ります。

ただぐしゃぐしゃと丸めて輪ゴムで止めても、なんだか味のある模様に仕上がります。

止め方は全部で5種類ですが、気の向くままに止めればOK!とのこと。

輪ゴムで止めるとき、弱すぎると染料が入ってしまい模様が出なくなってしまうので注意です。

強すぎず弱すぎない力で止めるのが意外と難しい・・。

やり方が分からなかったり、困ったことがあればスタッフの方に伝えるとサポートしてくれます。

みんなでワイワイお話しながら作業できるので、グループで行くと楽しいですよ。

 

さて、止め終わったらいよいよ染料で染めていきます!

 

タイ産の自然染料にこだわる

染料は赤と黄色の2種類。

黄色はマリーゴールド、赤はファーンと呼ばれる木の皮が原料なのだそう。

どちらもタイ産のものを使用しているんだとか。

一度水に浸したバッグを、お好みの色の鍋に入れます。

ぐつぐつと沸き立つ染料の独特な香りがその場に広がっていました。

10分程度煮たあと、スタッフの方に取り出してもらい、そのまま屋上で干して乾かします。

今回、団体のグループでタイダイ染めを体験しましたが、それぞれ全く違う雰囲気のバッグに仕上がっていました!

 

世界にたったひとつだけのアイテムをつくろう

模様や輪ゴムを止める力によって、まったく違う顔に仕上がるタイダイ染め。

今回は10人以上の団体専用コース(1時間、2,000バーツ)を体験しました。

通常は2日間からのコースで3,000バーツ。通常コースは自分で染めた布でバッグをつくれるそうです。

※どちらも完全予約制

 

自分だけのアイテムと素敵な思い出づくりにぜひいかがでしょうか?

 

【Charm-Learn Studio Thailand】

住所:95 Phraeng Sanphasat Rd, Khwaeng San Chao Pho Sua, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ

営業時間:火~日 10:30~18:00(月曜定休)

サイト:https://www.facebook.com/charmlearnstudio95/

「世界でたったひとつを。タイダイ染め体験レポート inバンコク」が気に入ったら



タイの情報はこちら

旅工房アジアセクション

旅工房アジアセクション
旅工房のアジア担当トラベル・コンシェルジュが、アジアの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動


閉じる