HOME  >  ヨーロッパ  >  オーストリア  >  ウィーンで人気のカフェ、デーメル(Demel)

ウィーンで人気のカフェ、デーメル(Demel)

音楽と共に築き上げられた街、ウィーン。音楽の都と呼ばれ、トップレベルのオーケストラやオペラを楽しむため、多くの旅行客で賑わいます。

今回はウィーンでとても人気のカフェ、デーメル(Demel)をご紹介します。

 

デーメルは、最近日本にも進出しているので、ご存知の方も多いかもしれません。

18世紀後半にできた老舗のお菓子屋さんで、シンボルにハプスブルク家の家紋の双頭の鷲が使われていることからもわかるように、帝国時代には宮廷御用達のお店でした(Hofzuckerbäckerei・ホーフツッカーベッカライ)。

デーメルの本店は、コールマークト(Kohlmarkt)という通りにあります。

旧宮殿(ホーフブルク・Hofburg)のすぐ近くです。

デーメルはマジパン細工が有名で、ショーウィンドーにも季節によってクリエイティブなマジパン細工が飾り付けられます。

撮影時は舞踏会(Ball・バル)の季節なので、舞踏会をイメージしたものになっていました。

店の奥の方では、職人さんたちがお菓子を作っているところを

ガラス越しに見ることが出来ます。

店内はこんな感じで、貴族文化を感じられる豪華な雰囲気。

ケーキなどを注文したい場合は、ケーキコーナーで商品を見て選ぶことができます。

私たちは、ザッハートルテを注文しました。

 

ザッハートルテといえば、こちらのデーメルの他にホテル・ザッハーのザッハートルテが有名ですよね。

この2つのザッハートルテの大きな違いは、主にジャムを多く入れるか入れないかです。

デーメルのザッハートルテは、チョコレートのバターケーキの上にたっぷりあんずのジャムを塗り、その上からチョコレートのアイシングでコーティングします。

一方、ホテル・ザッハーのものはチョコレートのバターケーキの生地を2つに切ってその間にもあんずのジャムを入れ、さらにケーキ全体にもあんずのジャムを塗ったあとにチョコレートのアイシングでコーティングするというものです。

私が食べてみたところでは、デーメルのザッハートルテの方が、アイシングが分厚く、チョコレートの味が少し強い印象でした。

 

オーストリアに訪れた際には、ぜひ食べ比べも楽しんでみてくださいね。

 

【Cafe Demel】

住所:Kohlmarkt 14, 1010 Wien

営業時間:9:00~19:00

「ウィーンで人気のカフェ、デーメル(Demel)」が気に入ったら



オーストリアの情報はこちら

旅工房ヨーロッパセクション

旅工房ヨーロッパセクション
旅工房のヨーロッパ担当トラベル・コンシェルジュが、ヨーロッパの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動


閉じる