だまし絵のお城!?チェコの世界遺産チェスキークロムロフ城 

なんでそんな外観なの!?チェコにあるだまし絵のお城、チェスキークロムロフ城に行ってきました!

チェスキークロムロフ城って?

チェスキークロムロフ城は、南ボヘミア貴族の住居でした。

建築、文化、大きさの面で、ヨーロッパでもっとも重要な記念建造物のひとつといえます。敷地内には、修道院や展望台、宮殿などが集まっています。(公式サイト『About』ページより)

チケットと休館日

チケットは、礼拝堂とホール、博物館と劇場、など入れる建物によっていくつかのパターンにわかれています。もっともベーシックなチケットで、270~320ユーロ。

旧市街への北側入り口プディヨヴィツェ門

休館日は建物ごとに異なりますが、月曜日が休館の建物が多いです。

営業時間は、だいたい9:00~16:00の建物が多く、長いと17:00か18:00まで開館している建物もあります。

◆各チケットと営業時間詳細

お堀には熊がいる!

門を抜けると城下町になっています。

チェスキークロムロフ城を代表するシンボル、キャッスルタワーが見えてきました。

お城のお堀には、なんと2頭の熊が!なぜ、いつ頃からいるのか定かではないものの、お城を検索すると必ず「熊」がセットで出てくるので、熊がいることは日本人にもかなり有名みたいです。

城の敷地内は複合施設のようになっていて、実際に食事やお茶ができるカフェもあります。

Castle Tower(白の塔)

チェスキークロムロフの心臓部ともいえる城の塔にやってきました。ここは、外観だけでなくぜひ内部も見学してほしいです。

内部には博物館があり、王宮時代に使われていた調度品や食器などが展示されています。当時の面影そのまま!外をのぞける場所もあるので、ぜひ塔からチェスキークロムロフの街並みを眺めてみてください。※塔と博物館が見学できるチケットが必要(Castle Museum and Castle Tower/150ユーロ)

城内部はだまし絵だらけ!

いよいよお城の内部へ潜入します。

このお城、プラハからはだいぶ遠いのですが、なぜそんなにもてはやされているかといえば、このだまし絵。

実は、レンガやドアが絵になっているんです!

どれが本物の窓で、どれがだまし絵のドアか、わかりますか?

あの黄色い壁の建物にある彫刻、

全部絵です!

よーく見ると、屋根の軒の裏側にある彫刻まで絵です。

なぜこんなことになったか、想像がつきますか?

一説には、当時の所有者がお金がなく、少しでも豪華に見せるためだったとも、時代の流行だったともいわれているそうですが、明確な理由はわかっていません。

そこまでして見栄をはらなくても・・・と思いますが、ここまで精巧だと許せちゃう気もします。

立体的な彫りを施したレンガを真似た壁。

近くに寄ってみると、色をつける部分が緻密に計算されていました。

この壁は、鉄格子までがだまし絵(笑)。

上写真の本物の鉄格子と区別がつきますか?

下の写真は、何がだまし絵かわかりますか??

手前の木製のドアがニセもの

こちらは、下側の窓がだまし絵です。

冬は建物内部に入れない!

実はチェスキークロムロフは、冬シーズンは建物内部はクローズしてしまい見学できません!

建物によって少しずつ異なりますが、クローズ期間はだいたい11月~4月末です。

1番早く休館になる建物で10月1日~、1番遅く再開する建物で5月31日なので、もっともおすすめなシーズンは6月~9月末です。

ただ、カフェなどは開いていますし、チェスキークロムロフの街並みもとても美しいので、冬でも訪れる価値はアリだと思います。

お土産スポット!ラトラーン通り

チェスキークロムロフ城散策のあとは、城下町を散歩しましょう。

伝統工芸品やポストカード、マグネットなど、観光地でよく見るようなお土産屋さんが集合していて、カフェやスイーツのお店もあります。

プラハでは、一般的によく見る工芸品もハンドメイドしてるお店が多かったような気がします。このマグネットも、色合いやシルエットになんとなく温かみを感じませんか?

ラトラーン通りのなかで1番人気のお店はこちら。伝統菓子やチェコビールなどが購入できます。

店内は、昔ながらのウッド調で誰かのお家に来たみたいな雰囲気です。

ビール、リキュール、伝統菓子、チョコレート、ジャムやはちみつなどを取り揃えています。

ボトルからそのまま注ぐ果実ブランデーとリキュールは、1杯からお試しできます。もちろん瓶でも売ってます。

1杯25CZK

世界のビールは最近女子人気の高いお土産です。チェコビールはけっこうレアじゃないですか?

ビール1本35CZK

もっと大きなサーバーもありました!家に置きたいサイズです。

これは、クリスマスや新年のシンボルとして、飾ったり人に送ったりする型押しジンジャークッキー。チェコといえば、の伝統菓子です。なんと、16世紀のオリジナルレシピに基づいて作っているそうです!ビールより高いです(笑)。

129〜169CZK

お家で作ってみたい方には、ジンジャーブレッドの調味料もありますよ。このお店のサイトはチェコ以外の7ヶ国語対応なのですが、調味料の案内表示とリンクしてました(笑)。

69CZK

お土産にすると喜ばれる定番のジャムは、日本では見かけないサワーチェリー(普通のサクランボより酸味が強いらしい)なんていうのもありましたよ♪

169〜229CZK

瓶のアイテムが多いので、うっかり買いすぎないように気をつけて。

Český Perník

住所Latrán 54, Český Krumlov

電話番号+420-777-607-576, +420-777-637-374

営業時間9:00〜18:00

URLhttps://bit.ly/2HEEai1

 

約3時間の移動は快適な長距離バスで!

プラハからチェスキークロムロフの街までは、約3時間ほどかかります。お城の内部が見られる春夏シーズンに訪れるなら、滞在時間が延びるので1日観光と見ておきましょう。

でも大丈夫!チェスキークロムロフまではもちろん、ヨーロッパ各地の観光スポットへ輸送サービスを行っている観光バスFun&Relaxは、飲み物のサービスやお世話をしてくれるスタッフがいてかなり快適です。

各座席にはモニタがありますので、暇つぶしの心配も無用です。

予約は、「booking」から「Prague(プラハ)⇔Český Krumlov(チェスキークロムロフ)」間を選択するだけ。プラハはいくつか乗り場があり、乗る場所によって若干値段が異なりますが、片道7~10.7ユーロほどです。

プラハから向かう時間が朝6時or21時以降の便は、1~2ユーロほど安くなりますよ。

◆予約の詳細⇒RegioJet Fun&Relax

精巧すぎるだまし絵は見応え十分!プラハからちょっと足を伸ばして遠出したい時はぜひ。

Český Krumlov State Castle

住所Zámek 59 38101 Český Krumlov

電話番号+420-380-704-711, +420-380-704-721

営業時間建物によって異なるため下記参照

URLhttp://www.zamekceskykrumlov.eu/en/

※営業時間
https://www.zamek-ceskykrumlov.cz/en/plan-your-visit/opening-hours

「だまし絵のお城!?チェコの世界遺産チェスキークロムロフ城 」が気に入ったら



チェコ旅行・ツアー情報はこちら

旅Pocket編集部

旅Pocket編集部
旅Pocket編集部のアカウント。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする海外情報をお届けします!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる