HOME  >  ヨーロッパ  >  フランス  >  ワインのメッカ!フランス・ボルドーの1級ワインをつくる5大シャトー

ワインのメッカ!フランス・ボルドーの1級ワインをつくる5大シャトー

フランス南西部に位置する月の港、ボルドー。首都パリから2時間ほどの距離にあり、世界最大の上質なボルドーワイン生産地としても有名です。

今回はそんなボルドーにあるシャトーをご紹介します!

 

シャトー château はフランス語で「城」を意味する単語ですが、ボルドー周辺では多くのワイナリー(栽培から醸造、瓶詰までの工程を行う)が「シャトー OOO」と名乗っています。

小さくて質素なシャトーもあれば、まさにシャトーの名にふさわしい、見事な城館を所有する大規模なワイナリーも多数あります。

 

ボルドー地区にはワイン界の頂点に立つ最高級ワインを生産する有名シャトーが集中しています。今回は1855年にナポレオン3世の時代に格付けされた「ボルドーの5大シャトー」をご紹介しましょう。

 

「ボルドーの5大シャトー」というのは、1級から5級まであるボルドー赤ワインの格付けで堂々たる1級に君臨するシャトーのことです。

ボルドーの北、距離的に一番遠いシャトーから徐々に南下する形で紹介します。

 

広大なぶどう畑が広がるメドック地方で、

北方に位置するシャトー・ラフィット-ロートシルドLafite Rothschild。

仏語読みはラフィット-ロッチルドです。ボルドーから約70kmです。

 

 

すぐ隣にあるのが、シャトー・ムートン-ロートシルドMouton Rothschild(仏:ムートン-ロッチルド)。

元をたどれば同じロートシルド家。

兄弟が各々のシャトーを経営して別々に発展させました。

こちらはシャトー・ラトゥール Latour。

以上3シャトーはポイヤックPauillacという町の周辺にあります。

 

ラトゥールから22km南下するとマルゴー村に入り、

かの有名なシャトー・マルゴー Margauxがあります。

 

場所は変わり、ボルドーの西側。

ボルドーの隣町ペッサックにあるシャトー・オー-ブリオンHaut-Brion。

 

オー-ブリオンはボルドー市役所から約4キロという近さ。

昔はこの辺りは閑散とした郊外だったのでしょうが、

今では〈住宅 街の中にワイナリーがある 〉という趣です。

 

どれもこれもため息が出るくらい高価な高級赤ワインを生産しています。

シャトー・ラトゥール以外は一般の見学を受け入れています。

ぜひ訪れてみてくださいね!

 

 

「ワインのメッカ!フランス・ボルドーの1級ワインをつくる5大シャトー」が気に入ったら



フランスの情報はこちら

旅工房ヨーロッパセクション

旅工房ヨーロッパセクション
旅工房のヨーロッパ担当トラベル・コンシェルジュが、ヨーロッパの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動


閉じる