HOME  >  ヨーロッパ  >  フランス  >  フランス旅行で気になる!チップ事情を現地在住者が解説

フランス旅行で気になる!チップ事情を現地在住者が解説

芸術の香りに包まれたパリをはじめ、太陽の恵み豊かな南仏プロヴァンス地方、地中海リゾートの定番ニース、豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿など見どころが満載で旅行者を魅了するフランス。

そんなフランスに観光に来るみなさんからよく訊かれるのがチップのこと。

今回は、フランス旅行の際に役に立つ、フランスのチップ事情を解説します。

 

まず結論からいうと、フランスではチップを出す義務はありません。

チップは「感謝の気持ち」 として、気持ちよい応対を受けた時に出せばいいでしょう。

 

レストランやカフェバーなどで食べたり飲んだりした場合、レシートの下の方を気をつけて みると「Service comprisセルヴィス コンプリ」つまり「サービス料込み」と記されていることも多いです。

しかしながら、フランスでチップを出すのは昔からの慣習!

フランス語でチップはプールボワールpourboireといいます。

Pourとboireがくっついた単語。英語に直訳すればfor drinkになります。「仕事の後にこのお金で一杯飲んで下さい」というのが語源です。

チップ用の小さな器を置いてある床屋やヘアサロンはたくさんあります。

現金で払うことが多いカフェバーではおつりのサンティーム小銭を残したりもします。

クレジットカード大国フランス。フランス人は至る所でクレジットカードを使うので、レス トランでもわざわざ現金でチップを残す人は少なくなったかもしれません。

 

一方、大多数の人がチップを握らせるのは美術館や博物館などのガイドさんです。

見学が終わり「さようなら/オ ルヴォワール Au revoir」「ありがとう/メルシー Merci」と言い軽く握手をする時にさりげなく渡します。1時間くらいの見学であれば2ユーロぐらいでしょうか。

 

最近はオーディオガイドのヘッドホーンを貸し出す所が増えてきましたけどね!

繰り返しますが、フランスではチップは義務ではありません。チップは有意義な時間を過ごしたときの「感謝の気持ち」です。

 

チップを渡せるような良い人に出会えるといいですね!

それではみなさん Bon Voyage !

「フランス旅行で気になる!チップ事情を現地在住者が解説」が気に入ったら



フランスの情報はこちら

旅工房ヨーロッパセクション

旅工房ヨーロッパセクション
旅工房のヨーロッパ担当トラベル・コンシェルジュが、ヨーロッパの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動


閉じる