HOME  >  ヨーロッパ  >  ドイツ  >  デュッセルドルフからケルンまで!本場ドイツのクリスマスマーケットはどこがおすすめ?エリア別4選

デュッセルドルフからケルンまで!本場ドイツのクリスマスマーケットはどこがおすすめ?エリア別4選

冬になると、毎年開催されるドイツのクリスマスマーケット。伝統的な建物にクリスマスイルミネーションがマッチした景色が大人気で、世界中から観光客が訪れます。

開催される都市によっても雰囲気がまったく違うクリスマスマーケットですが、それぞれのクリスマスマーケットの特徴を紹介します。

【ドルトムント】世界最大のクリスマスツリー必見!

ドルトムントは、クリスマスが近づくと世界最大のクリスマスツリーが飾られたクリスマスマーケットが開催されます。

この美しいクリスマスツリーは高さ45メートル、重さ90トンにもなり、48,000個以上もの電球によってライトアップされています。迫力満点のこのクリスマスツリーは、夜になるとライトアップがしっとりととてもきれいです。

ドルトムントのクリスマスマーケットでは、うなぎの燻製、チーズやベーコンの揚げ物屋台など珍しい食べ物が並びます。ドイツの定番というよりは、変わり種が多い印象です。

そんな変わり種の多いマーケットの中で一番人が集まっているのは『グリューワイン』でした。グリューワインは、ドイツのクリスマスマーケットでよく飲まれる温かい赤ワインのことで、これは定番です。

こんなかわいい真っ赤なハートのマグカップに入って出てきました。マグカップは毎年デザインが異なり、記念に持ち帰ることができます。不要であれば、お店にカップを戻すとデポジットとして支払っていたお金が戻ってきますよ!

このマグカップ集めもクリスマスマーケットの醍醐味なので、その年でしか手にはいらないマグカップをぜひ持ち帰ることをおすすめします。

ちなみに、すべてのクリスマスマーケットではクレジットカードが基本的に使えないため、必ず現金を用意しておきましょう。

【デュッセルドルフ】ライトアップした観覧車やメリーゴランドが楽しい!

デュッセルドルフのクリスマスマーケットは複数箇所で開催されますが、中でもおすすめなのは、旧市街のMarktplatz(マルクト広場)にあるクリスマスマーケットです。期間限定でライトアップされた大きな観覧車やメリーゴーランドも登場します!

屋台ももちろん出ます。定番グリューワインやソーセージなどが揃い、地元のドイツ人で賑わいます。屋台からのいい香りについつい何を食べようか迷ってしまいますが、ここはぜひ、ドイツ料理の定番を思う存分堪能してください。

毎年クリスマスマーケットを楽しみに待っているドイツ人。そんな家族や友人達とわいわい集まって話をしているドイツ人を眺めているだけで、ほっこりとした気分になれます。

【ケルン】西ドイツ最大規模!屋外アイススケートリンクも

西ドイツ最大といわれるだけあり、ケルンのクリスマスマーケットもいろいろな場所で開催されます。ひとつひとつのマーケットが大きく、ライトアップもそれぞれに美しいです。私のおすすめは、2つ。

まずひとつめは大聖堂前のクリスマスマーケットです。ケルンのマーケットの中で一番大きいですが、ケルン中央駅から徒歩で回れます。

大聖堂前のクリスマスマーケットは、大聖堂の夜のライトアップ自体も素晴らしいのですが、星のように散りばめられたイルミネーションが美しいのが特徴です。

特設ステージでは、クリスマスソングの合唱も行われ、雰囲気も抜群!もちろん屋台も定番のドイツ料理からかわいい小物、大聖堂をモチーフにしたおみやげまでさまざまな物が売られており、見て歩くだけでも楽しめます。

もうひとつは、大聖堂前のクリスマスマーケットから徒歩で行けるHeumarkt(ホイマルクト)のクリスマスマーケット。大きな屋外アイススケートリンクが併設されているのが特徴です。

ホイマルクトのアイススケートリンクは、色とりどりの美しいカラーでライトアップされ、クリスマスの雰囲気を堪能しつつアイススケートを楽しむことができます。他のマーケットでは味わえないおすすめアクティビティです!

【ドレスデン】ドイツ最古のクリスマスマーケット!

ドイツの観光都市としても有名なドレスデン。そんなドレスデンのドイツで最も歴史あるStriezelmarkt(シュトリーツェマルクト)のクリスマスマーケットは、とにかく可愛いのです!

何が可愛いのかというと、それはお店のデコレーション。ひとつひとつのデザインが凝っていて、あたたかいクリスマスの雰囲気が満載!かわいいお店が集まったクリスマスマーケットは、乙女心をくすぐります。

この可愛らしいクリスマスマーケット全体が撮れる写真スポットとしておすすめなのが、正面入り口と一体になった展望台です。ここはライトアップが美しくすべてが見渡せる絶好の写真スポットなのでおすすめです。

また、スポットとしておすすめなのが、このクリスマスマーケットの入り口にある展望台です。展望台といっても低いのですが、ここからクリスマスマーケット全体を見渡すことができるので、絶好の写真スポットだと思います。

ドレスデンは、ドイツのクリスマスマーケットの中でもすごく雰囲気がいいです。屋台も、ドイツ東部らしくチェコの名物お菓子『トゥルデルニーク(コロネのようなパンの中にクリームが詰まったお菓子)』が売られています。ドイツ西部のクリスマスマーケットでは見かけないスイーツなので、ぜひ試してみてくださいね!

記事作成時点で、公式媒体に開催日、開催時間の確認をとっていますが、ドイツは情報の提供にあいまいなところがあったり、変わることもあります。ホテルで過ごす合間に、よく確認していただくことをおすすめします!

ドイツの12月はとてつもなく寒いですが、それでも外に出たくなるのはクリスマスマーケットがあるから。あたたかい雰囲気のイルミネーションやデコレーションで寒さを忘れ、ご友人やご家族とドイツのクリスマスを堪能してくださいね。

クリスマスマーケットをもっと詳しく知る!

【ドルトムント】クリスマスマーケット

住所Hansaplatz(ハンザプラッツ)

営業時間2018年11月22日~12月30日※11月25日/12月25日を除く
月~木10:00~21:00, 金土10:00~22:00, 日12:00~21:00, 12月24日10:00~14:00(一部close), 12月26日12:00~21:00, 12月2日12:00~21:00(ほか店舗も通常営業)

URLhttps://www.dortmunderweihnachtsmarkt.de/weihnachtsbaum/

英語案内:https://dortmunderweihnachtsmarkt.de/2018-docs/2018-Flyer-GB-Web.pdf

【デュッセルドルフ】クリスマスマーケット

住所Marktplatz(マルクト広場)

営業時間2018年11月22日~12月30日※日曜/11月25日/12月25日を除く
月~木/日11:00~20:00, 金土11:00~21:00, 12月24日10:00~14:00

URLhttps://www.duesseldorf-tourismus.de/en/our-top-events/duesseldorf-christmas-market/

【ケルン】クリスマスマーケット

住所Kölner Dom(大聖堂前)

営業時間2018年11月26日~12月23日
月火水日11:00~21:00, 木金11:00~22:00, 土10:00~22:00

URLhttps://www.cologne.de/events/christmas-markets/old-market-christmas.html

Heumarkt(ホイマルクト)
2018年11月26日~2019年1月6日※12月24日/25日を除く
月~日11:00~22:00, 12月26日以降11:00~21:00

【ドレスデン】クリスマスマーケット

住所Striezelmarkt(シュトリーツェマルクト)

営業時間2018年11月28日~12月24日10:00~21:00, 12月24日ha16:00

URLhttp://www.dresden.de/de/kultur/veranstaltungen/dresdner-striezelmarkt.php?shortcut=Striezelmarkt

12月24日は14:00に変わる可能性があるのでご注意ください

「デュッセルドルフからケルンまで!本場ドイツのクリスマスマーケットはどこがおすすめ?エリア別4選」が気に入ったら



ドイツ旅行・ツアー情報はこちら

LeaHase

LeaHase
旅行会社勤務を経て、現在ドイツで活動するフリーランスライター。ドイツ、カナダ、オーストラリア在住経験を持ち、これまで訪れた国は35カ国。現在もヨーロッパ旅行のアクセスが便利なドイツでの滞在を満喫中。

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる