HOME  >  ヨーロッパ  >  セルビア  >  セルビア名物ブルーベリーシェイクは試す価値アリ!共産主義国家初のマクドナルドをリポート!

セルビア名物ブルーベリーシェイクは試す価値アリ!共産主義国家初のマクドナルドをリポート!

首都ベオグラードにあるスラビヤ店は、共産主義国家に初めてつくられたマクドナルドの店舗。ほかのヨーロッパの国々と陸続きにあるセルビアらしいメニューをご紹介します!

セルビアマックの特徴は?

ベオグラードの街中には古い建造物も多く残っていますが、こちらのマクドナルドは1932年に建てられた旧個人宅を利用しています。美しい装飾が施された上品な建物にMのサインが輝き、ひときわ存在感を放っています。

マクドナルドの店舗としては1988年に開店しました。

Serbia_macdonald_building_001""

建物に近づいてみると、人物や植物などをかたどった細かいレリーフが施されているのがわかります。入り口のドアノブは建設当初からのものでしょうか、凝ったデザインが素敵です。

Serbia_macdonald_door_001""

1988年の開店当時、セルビアはユーゴスラビアという共産主義国家でした。アメリカ文化の受け入れには好意的ではなかった人もいたようですが、連日大勢のお客さんが詰めかけ、結果的には大成功を収めました。1999年NATOによる空爆が行われた際、この店舗への放火もありましたが、現在マクドナルドはセルビアの人々の生活に自然と溶け込んでいます。

Serbia_macdonald_townsnap""

内陸国のセルビアでは肉を好んで食べるため、マクドナルドのバーガーは人気があります。ただしプレスカヴィッツァと呼ばれる現地のバーガーと比べると「ボリュームがもの足りない」と感じる人も多いとか。

Serbia_macdonald_terrace_001""

敷地内の屋外スペースはテラス席になっていて、お天気のいい日なら気持ちよさそう。背景にある「Mc Cafe」の文字がペイントされているのは実は別の建物なのですが、遠くから見てもかなり目立っていて看板としての役割を十分に果たしていますね。

マックでサッカー観戦!?店内設備

店舗は2階建てで、中央部分は吹き抜けになっています。約15年前に内装や什器が大幅にリノベーションされたそうで、店内にはゆったりとした空間が広がり、清潔に保たれています。商品を購入するときは日本と同じようにカウンターで注文します。

Serbia_macdonald_counter_001""

スポーツ好きなセルビア人のためでしょうか、2階にはテレビが設置されサッカーなど試合の様子が映し出されていたのも特徴的でした。

Serbia_macdonald_tv_001""

セルビア人はおしゃべりが大好きで友人や家族と会話を楽しみつつ食事する人が多く、1人マックの数は日本と比べると少ない印象を受けます。この日は平日の夕方でしたが、家族連れで子どもの誕生日を祝ったり、恋人同士で語らったりと、みんな思い思いの時間を過ごしていました。

食事のあとは、日本と同じように自分でゴミを片付けます。返却スペースにはセルビア語で「ありがとう」を意味する「Hvala(フヴァーラ)」の文字が。

Serbia_macdonald_trashbox_001""

セルビア語ではキリル文字とラテン文字の2通りの表記方法がありますが、店内ではキリル文字の数はゼロ。キリル文字は外国人客にとっては読みにくいこともあり、徹底してラテン文字の表記がされているようでした。

セルビアの特産品!ブルーベリーのシェイク

シェイクのメニューには、バニラ、チョコレート、ストロベリーの3種類に加えて、ブルーベリー味(140ディナール)があります。ほんのりとした薄紫色がきれいでほどよく酸味と甘みが混ざりあっておいしい!

Serbia_macdonald_bbshake_001""

セルビアでは果実栽培が盛んでラズベリーやブルーベリーはセルビアの特産品です。

年によって生産量が十分でない場合には輸入品を使うこともあるそうですが、セルビアのマクドナルドでは可能な限り地場産品を使うように努めており、ブルーベリーは国産品を使用しているそうですよ!

メニューはセルビアらしいラインナップ!

セルビアとイタリアは地理的にも近いですが、なぜかイタリアンを称する商品がセルビアのメニューに(笑)。

Serbia_macdonald_chickenburger_001""

このチキンイタリアンバーガー(360ディナール)の長さは15cmほどで、中には鶏胸肉、トマト、レタス、チーズがはさまり、マスタード風味のドレッシングがアクセントになっています。パンの部分は柔らかく、ボリューミーに見えますが食べやすいです。

Serbia_macdonald_salad_001""

そのほか、野菜サラダ用にドレッシングが個別に売られていますがヨーグルト味(60ディナール)のものを発見。シーザーサラダドレッシングのような味で日本人にも好まれそうです♪パッケージを確認するとこちらはドイツで製造されたものでしたがセルビアでは乳製品の需要が高いです!

Serbia_macdonald_pavlaka_001""

さらにセルビアらしいと感じたのは、フライドポテト用のソースパブラカソース(40ディナール)があること。パブラカは現地でよく料理に用いられるミルククリームです。ただし内容量のうちパブルカは37%のみでミルク感は強くなく、マヨネーズとほぼ同じ感じです(笑)。

人気チョコブランドMilkaとのコラボ!マフィン&ドーナツ

Milkaというスイスのチョコブランドとコラボレーションした商品なんかもあります。セルビアではこのチョコレート製品がとても人気でスーパーマーケットでは棚にずらりと並んでいます。

Serbia_macdonald_muffin_001""

Milkaコラボのマフィン(220ディナール)。紫色の包み紙にはアルプスの山々がデザインされていて、つぶつぶ感を残した濃厚な味のミルクチョコレートが上にかかっています。いずれも中にもチョコが入っていて、甘いものが好きな人にはたまらない味わいです♡

Milkaコラボのドーナツ(150ディナール)もありますよ。このMilkaコラボは期間限定です。今セルビラに来る予定のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

Serbia_macdonald_donuts_001""

スラビヤはべオグラードの中心部にあります。人気の観光スポット、カレメグダン要塞とサヴァ大聖堂の中間地点にありますので、休憩にも便利ですし、セルビアだけでなくほかのヨーロッパで人気のある食文化もうまく取り入れているので、きっと面白い体験ができるはずです!

マクドナルド ベオグラードスラビヤ店

住所Deligradska 2

電話番号+381-11-2656-491

営業時間7:00~26:00

URLhttps://www.mcdonalds.rs/restoran/slavija/

「セルビア名物ブルーベリーシェイクは試す価値アリ!共産主義国家初のマクドナルドをリポート!」が気に入ったら



namakemono

namakemono
べオグラードでのんびり生活している日本人です。現在はフリーランスでライティングやイラストレーションのお仕事を主にさせていただいております。セルビアは人々の心が温かく、大切なものを取り戻すことができるような場所。美味しいものもたくさんあるので、心と体の栄養をとりたい方におすすめの旅先です。https://www.instagram.com/namakemono.diary/

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる