フレンチコースイメージ

【全国版】憧れの人気オーベルジュ14選&選び方のポイント

2022/06/05

1,772views

最近よく耳にする「オーベルジュ」は知らない方も多いと思います。今回は、オーベルジュについて解説し、いつか行ってみたいと思ってる方向けにもこだわりが詰まったおすすめのオーベルジュをご紹介します。この記事を読んでぜひ、オーベルジュの旅へ出かけてみては?

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

オーベルジュの意味とは

コース料理イメージ

オーベルジュとは、フランスで発祥した宿泊施設を備えているレストランのことです。おいしい食材を求めて郊外や地方に移住したシェフが、美食を求めてやってくるお客さまを料理でもてなし、部屋を提供したのが始まりといわれています。ホテルは宿泊することが目的の施設ですが、オーベルジュはあくまでもレストランが主体。帰宅時間を気にすることなく、新鮮な食材を使った極上の料理を味わいながらゆったり過ごせるのが大きな魅力です。

オーベルジュ選びのポイント

オーベルジュは郊外にある施設が主流なので、公共交通機関でのアクセスが難しいことがほとんどです。車を運転しないのであれば、送迎の有無も考慮するとよいでしょう。また、オーベルジュのメインは食事です。コース内容やアルコールが料金に含まれているかどうかといった料理に関することを基準に選ぶと、満足度アップ!加えて、アットホームでカジュアルな山小屋風の施設もあれば高級ホテルのようにハイクラスの施設もあるので、雰囲気も重要ポイントです。オーベルジュは部屋数が少なく人気のお店ほど予約が取りにくいので、しっかり予定を立てるのも忘れずに。そして、予約前に年齢制限やドレスコードもチェックしておくといいでしょう。

【温泉付き】極上ステイを叶えるオーベルジュ

オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭【神奈川県】

移ろいゆく季節とともにメニューが変わる、日本人のためのフランス料理

出典:一休.com

ディナーコースのメニューには、春夏秋冬に美しさを見いだす日本人の感性が生かされています。生産者と生産環境にこだわった旬の食材をふんだんに使い、フレンチの伝統を知り尽くしたシェフが生み出す料理は、どれも至極の味わい。彩り豊かな一皿一皿を楽しみながら、季節を舌と目で感じてみてください。翌朝のブレックファーストには、体を目覚めさせてくれるサラダやフルーツが並びます。

客室は全室かけ流しの展望風呂付き!箱根の天然温泉に癒やされる

出典:一休.com

客室はスイート、ダブル、ツインの3タイプが用意されています。すべての部屋に大涌谷温泉かけ流しの露天風呂または半露天風呂が付いているので、他人の目を気にすることなく、心ゆくまでゆったりとくつろげるのが魅力。長い歴史を持つ上質な温泉と大自然の景色が、ここでしか味わえない癒やしをもたらしてくれます。

上質を知り尽くした大人を飽きさせない、多彩なスタイルの客室

出典:一休.com

「箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭」の客室は、洞窟のような砂岩の壁を備えた部屋やオリエンタルな雰囲気の部屋などそれぞれ趣が異なり、どこに泊まろうかワクワクさせてくれます。箱根の森の景色を思う存分楽しみたいなら、デッキテラス付きの部屋がおすすめ。室内にはオリジナルのバスケアセットやコーヒーメーカーといった、うれしいサービスも用意されています。

オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

料金1泊2食付き 26,400円~

電話番号0460-84-0501

URLhttps://www.fontenu-hakone.com/

オーベルジュ花季【静岡県】

「おばあちゃんの味」がテーマの心のこもった創作懐石

出典:一休.com

「オーベルジュ花季」で味わえるのは、和食の枠にとらわれない懐石料理です。海の幸も山の幸も豊富な伊東の食材を惜しまず使い、女性シェフが腕を振るいます。手間暇かけて下ごしらえする料理の数々は、洗練されていながらもどこか懐かしい味わい。名物の「おばあちゃんの胡麻どうふ」もぜひ賞味しましょう。朝の和食もボリュームたっぷりで、元気とパワーをチャージできます。

1日2組限定の、真心こもったおもてなしにほっこり

「伊豆の隠れ家」という言葉が似合うオーベルジュ花季を利用できるのは、1日2組のみに限定されています。客室は2階と3階にそれぞれ1部屋ずつ用意されているので、のびのびと過ごせるのが魅力。建物のすぐ脇には清らかな松川が流れ、市街地からは少し距離のあるのどかな雰囲気が日常を忘れさせてくれます。
○子連れOK

客室は檜風呂の天然温泉付き!和室で過ごすくつろぎのひととき

出典:一休.com

2部屋の客室にはそれぞれ古代檜風呂が設置されていて、伊東の天然温泉を好きなときに好きなだけ堪能できます。おいしい食事と温泉で、体も心も温まるに違いありません。部屋のタイプは、誰もがほっとできるようなシンプルな和室。食事処は、和洋の2部屋で幅広い年代の人が利用しやすい椅子席が用意されているのもうれしいポイントです。

オーベルジュ花季

アクセス《電車》「南伊東駅」から徒歩約5分

料金1泊2食付き 36,300円~

電話番号0557-38-2020

URLhttps://www.hanagoyomi.jp/

箱根 漣-Ren-【神奈川県】

大自然の恵みを十二分に引き出した本格派フランス料理とワイン

出典:一休.com

おいしい料理には、確かな技術を持ち素材の魅力を知り尽くしたシェフと、極上の食材が欠かせません。その両方が揃っている「漣-Ren-」のコースメニューは、本格派フランス料理でありながら日本人の味覚に合う繊細な味わいが魅力。ワインメニューには、シンプルな製法で造られたナチュラルワインが並んでいます。洗練された空間で、料理もワインもじっくりと堪能しましょう。

箱根ならではの2種類の温泉でリラックス

出典:一休.com

「漣-Ren-」では2種類の温泉が楽しめます。内湯は、大涌谷温泉の源泉掛け流しのにごり湯。露天風呂は一部の客室に付いているものも含めて、無色透明の仙石原温泉(循環式)となっています。お気に入りの湯にこだわるもよし、入り比べてもよし。温泉という自然の恵みを堪能できるのは、箱根の地に建つオーベルジュの魅力の1つです。

一部客室は露天風呂付き!余計なもののないシンプルさがうれしい

出典:一休.com

客室はシンプルなベッドルームで、快適な半露天風呂の付いたデラックスツイン、寝湯もできる露天風呂付きのスーペリアツインなど多彩。緑に囲まれた静かな環境の中で、木々のざわめきや小鳥のさえずりが安らぎをもたらしてくれます。周辺を散策するなら、近くの「箱根ガラスの森美術館」や「仙石原すすき草原」といった名所に足を運んでみましょう。

箱根 漣-Ren-

料金1泊2食付き 21,600円~

電話番号0460-84-9000

URLhttps://hakone-ren.jp/

オーベルジュフォンテーヌ・ブロー熱海【静岡県】

熟練の技と熱海の新鮮な食材から生み出されるフランス料理

出典:一休.com

「フォンテーヌ・ブロー熱海」で提供されるディナーコースは、季節ごとにバリエーション豊かな食材が集うフランス料理です。次の1皿への期待が高まるアミューズに彩り豊かな前菜、地元の食材を十二分に生かす熟練の技術に思わずうならされる肉料理に魚料理。プロフェッショナルだけが表現できる味を堪能できます。ブレックファーストは、青く広がる朝の相模湾を見ながらさわやかな気持ちで味わいましょう。

相模湾を一望するロケーション!歴史ある温泉リゾートを満喫

出典:一休.com

熱海は、徳川家康も愛した由緒正しい温泉リゾート地です。「フォンテーヌ・ブロー熱海」は海沿いの高台にあり、見晴らしのいいダイニングからは海が見え、非日常感にひたれるのが大きな魅力。ビーチもすぐそこにあり、開放感たっぷりのひとときを過ごせます。客室ごとにプライベートバスがあり、温泉を自分のペースで楽しめるのも高ポイントです。

熱海ならではの塩分を含んだ温泉をお部屋で堪能

出典:一休.com

全7タイプの客室には露天または半露天風呂が付いています。眺望は海の見えるオーシャンビューや、木々の緑がやさしいガーデンビュー。全室が源泉かけ流しの天然温泉で、他人の目や時間を気にすることなく心ゆくまでくつろげます。塩分を含んだ無色透明の温泉は保温効果が高く、心にも体にも癒やしをもたらしてくれるでしょう。

オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海

アクセス《電車》「伊豆多賀駅」から徒歩約10分

料金1泊2食付き 23,512円~

電話番号0557-68-3303

URLhttps://fontenu-atami.com/

オーベルジュ サウステラス【和歌山県】

自然豊かな南紀白浜を味わい尽くす創作フランス料理と鉄板焼き

出典:一休.com

「サウステラス」で味わえるのは、高級食材と和歌山で採れた新鮮な野菜を使ったフランス料理です。塩分を控えめにしつつ、オリーブオイルを使うことでバターの量を最小限にしたメニューは、素材の味を感じられるものばかり。初ガツオやマダイなど、旬の海鮮が食べることの喜びを教えてくれます。特別な日には、プレミアムスイート限定で提供される新鮮食材の鉄板焼ディナーもおすすめです。

1日10組限定、海と温泉も楽しめるオーベルジュリゾート

出典:一休.com

雑多な都会から離れた南紀白浜は、大自然と食材の宝庫でありながら海と温泉で知られるリゾート地でもあります。雄大な太平洋を一望する「サウステラス」のおもてなしを受けられるのは、1日10組のみ。館内には内風呂・露天風呂を備えた大浴場と貸切露天風呂があり、日本三古湯の1つに数えられる白浜温泉の湯に浸かれます。
○子連れOK

和洋室もある客室は心からリラックスできるぬくもり空間

出典:一休.com

客室はスタンダードなツインルームや畳の上でくつろげる和洋室、デラックスツインにプレミアムスイートと多彩なタイプが用意されています。プレミアムスイートでは鉄板焼きメニューを味わえるだけでなく、最上階の半露天風呂も利用可能。気取らないシンプルなインテリアには温かみがあり、何度も泊まりたくなります。

オーベルジュ サウステラス

料金1泊2食付き 24,200円~

電話番号0739-42-4555

URLhttp://www.southterrace.co.jp/



【大人限定】2人きりでゆっくり過ごせるオーベルジュ

sankara hotel&spa 屋久島【鹿児島県】

「地産地消」をコンセプトにした屋久島ならではのフランス料理

出典:一休.com

鹿児島県の離島であり、世界遺産にも登録されている屋久島の南東部に立つ「sankara hotel&spa 屋久島」は、島の食材を取り入れたフランス料理が自慢のオーベルジュです。春に旬を迎える名物のタンカンや山菜、夏には南国のフルーツ、秋には安納イモなど、屋久島ならではの食材がふんだんに使われています。レストランはカジュアルフレンチの「ayana」と自然派のフレンチフルコースを提供する「okas」の2つ。好みや旅の目的に合わせてチョイスしましょう。

島の楽しみ方は無限大!疲れたらスパでリラックス

出典:一休.com

自然の息吹やパワーをダイレクトに感じられる屋久島へ来たら、トレッキングやドライブを楽しみたい人も多いのではないでしょうか。併設されているスパでは、屋久島の自然がもたらすエッセンスを積極的に取り入れたボディトリートメントやタラソセラピーが受けられます。遊び疲れたときには、プロのテクニックに身を委ねて癒やされましょう。

満点の星空の下、亜熱帯の森に抱かれて眠る

出典:一休.com

居心地のよさとインテリアにまでこだわったモダンな雰囲気の客室は、スイートからヴィラまでの全5タイプがあります。大きな窓からは屋久島の自然豊かな風景が見え、開放感たっぷり。アメニティにはタイの「THANN」や天然由来成分を配合したオリジナルコスメが用意されています。

sankara hotel & spa屋久島

料金1泊2食付き 36,750円~

電話番号0800-800-6007

URLhttps://www.sankarahotel-spa.com/

オーベルジュ・オー・ミラドー【神奈川県】

レジェンドシェフが手がける、ここにしかないフランス料理

出典:一休.com

「オー・ミラドー」は、農林水産省の「料理マスターズ」でブロンズ賞およびシルバー賞に輝いた勝又登氏がオーナーシェフを務めるオーベルジュです。「西と東の融合」をテーマにした料理は、フランス料理の伝統と和食の技法を融合させたここにしかないもの。海・山・川・湖・畑があり、豊かな自然の恵みと食材が揃う箱根だからこそのメニューを追求し続けている、オーベルジュの草分けとも言える存在です。

まるで海外に来たかのよう!森の中にたたずむ3つの館

出典:一休.com

宿泊施設は、「パビヨン・ミラドー」「コロニアル・ミラドー」「本館」の3つ。「パビヨン・ミラドー」は西洋のお屋敷やお城を思わせる外観で、フランスの森の中に迷い込んだかのような雰囲気に包まれています。また、バリ島をテーマにした「コロニアル・ミラドー」の1階には温泉があり、ゆったりくつろぎたい人におすすめ。芦ノ湖にも近く、箱根観光の拠点としても魅力的です。

フランスそれともバリ?海外旅行気分で非日常を味わう

出典:一休.com

「パビヨン・ミラドー」や「本館」はインテリアもフランスを思わせるもので、フランス製のトイレやバスタブが付いています。ふかふかのベッドに潜り込めば、童話の中に登場するお姫さまの気分を味わえそう。バリ島がテーマの「コロニアル・ミラドー」はアジアンな雰囲気で、部屋の中では素足でくつろげます。

箱根オーベルジュ オー・ミラドー

アクセス《バス》バス停「桃源台」から徒歩約20分

料金1泊2食付き 29,040円~

電話番号0460-84-7229

URLhttps://mirador.co.jp/

オーベルジュ ドゥ オオイシ【香川県】

シェフ自らが仕入れる瀬戸内の海の幸を使ったフランス料理

出典:一休.com

瀬戸内海に面する「オーベルジュ ドゥ オオイシ」は、レストランからスタートしたオーベルジュです。シンプルでありながら惜しみなく瀬戸内の食材を取り入れたぜいたくな味わいは、本場フランスの田舎にあるオーベルジュを思わせます。自家製パンや無農薬のフルーツを使った自家製ジャム、香川産のハチミツなどが使われているコースメニューを堪能して、香川と瀬戸内の魅力を再発見してみてください。

目の前は瀬戸内海!誰にも教えたくないお気に入りの1軒

出典:一休.com

屋島の森と瀬戸内海に挟まれた立地には、都会では決して味わえない開放感と特別感があります。陽光にきらめく海や遠くに浮かぶ島々を眺めながら、何もしないぜいたくに身を委ねましょう。自然豊かな環境ながら、高松駅までは車で約20分、栗林公園などの観光地も車で約30分以内と、利便性も兼ね備えています。

テレビも電話もない静かな部屋で、日常を忘れるひとときを過ごす

出典:一休.com

「オーベルジュ ドゥ オオイシ」の客室は、たった5部屋のみ。シンプルにまとめられた部屋にはテレビや電話がありません。窓から望む絶景が最高のエンターテイメントです。ベッドに寝転びながら自然の音に耳を澄ませてもよし、お気に入りの音楽をかけてもよし。疲れたときや忙しさに飲まれそうになったとき、ほっとひと息つける空気がここにあります。

オーベルジュ・ドゥ・オオイシ

料金1泊2食付き 31,834円~

電話番号087-843-2235

URLhttp://www.auberge-de-oishi.jp/

ヒュッテ・エミール【山梨県】

多彩な味を楽しめるフランス料理には八ヶ岳の恵みがたっぷり

出典:一休.com

「ヒュッテ・エミール」のフランス料理フルコースは、一品一品のボリュームを抑え、前菜からデザートまで多くの種類を楽しめる工夫がされています。料理には八ヶ岳で育った野菜の他、厳選された食材が使われていて、目で見て舌で味わえるものばかり。朝食は洋食以外に、土鍋で煮込む「きのこ雑炊」が人気。空気がひんやりと澄み渡る山の朝にぴったりのメニューです。

富士山と南アルプスの雄大な景色に抱かれながら旅情にひたる

出典:一休.com

多くの登山愛好家を魅了してやまない八ヶ岳の南麓に建つ「ヒュッテ・エミール」からは、富士山と南アルプスの眺めを堪能できるのが魅力。クラシックな雰囲気に満ちた館内では、暖炉やランプがあたたかな灯りを宿し、旅情をかき立ててくれます。料理だけでなく空気も水もおいしいこの地では、生きることの喜びを感じられるに違いありません。

富士山が見える部屋も!異国情緒あふれる3タイプの客室

出典:一休.com

宿泊は1日3組限定で、客室はツインルームとトリプルルームの合計3タイプ。木の質感を生かしたクラシックな家具とアイダーダウンの寝具が配置され、それぞれの部屋の窓からは山や緑の眺望が楽しめるようになっています。日本の四季が見せてくれる風景を眺めながら、思い思いにくつろぎましょう。

ヒュッテ・エミール

アクセス《電車》「甲斐大泉駅」から徒歩約5分

料金《基本料金》1泊2食付き 30,000円~

電話番号0551-45-7011

URLhttp://www.hutteemile.com/



他にもまだまだ!魅力が詰まったオーベルジュ

One Suite THE GRAND【沖縄】

西麻布の名店が沖縄に初出店!体と心が喜ぶ繊細な創作和食

出典:一休.com

「One Suite THE GRAND」が建つのは、沖縄本島から橋を渡って行く離島、古宇利島です。施設内のレストラン「La BOMBANCE古宇利島」では、料理の世界ひと筋に生きてきた料理人による創作和食が味わえます。彩り鮮やかで芸術性すら感じさせる料理の数々には、沖縄の食材も使われていて、都会的センスと地元食材の力強さの両方を感じられるのが魅力。料理によく合うおいしい日本酒も揃っています。

青い海と真っ白な砂浜が美しい離島で沖縄リゾートを満喫

出典:一休.com

島の高台に建つ「One Suite THE GRAND」の館内にはエメラルドグリーンの海へ続いているかのようなインフィニティプールがあり、リゾート感たっぷり。青い海と青い空が広がるパノラマの景色を独り占めできます。沖縄の市街地から距離がある古宇利島は豊かな自然が残るのどかなエリアで、昼間は海を見ながら、夜には星空を眺めながらゆったり過ごせるのも大きな魅力です。

ぜいたくな全室オーシャンビュー!ジャグジー完備の部屋も

出典:一休.com

すべての客室から海が見え、スタンダードなオーシャンフロントを除きジャグジーが完備されています。中にはインフィニティプールへ直接アクセスが可能な客室や古宇利島の星空を楽しめる専用の庭付き客室も。プールで遊んだり、テラスでお昼寝したり、ジャグジーでリラックスしたりと、理想の休日を過ごしましょう。

One Suite THE GRAND

料金1泊2食付き 30,969円~

電話番号0980-51-5770

URLhttps://onesuite.thegrand.jp/

ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座【沖縄】

沖縄らしさを力強く感じさせてくれる個性的なフランス料理

出典:一休.com

敷地内にあるレストランでは、琉球スッポンやセーイカ、パパイヤ、沖縄県産黒毛和牛など、ここでしか手に入らない地元の食材をふんだんに取り入れたフランス料理を楽しめます。お米は沖縄県産の羽地米という、シェフの新年が見え隠れするこだわりぶりが魅力。さらにラウンジでは「沖縄そば」といった郷土料理も注文可能で、沖縄の食を余すところなく堪能できます。

全身で沖縄の自然がもたらす恵みを受け止めるスパメニュー

出典:一休.com

レストランと客室以外に、トリートメントプログラムを受けられるスパも設置されています。メニューは琉球ホリスティックマッサージやホットストーンセラピー、ドライヘッドスパなど。自分の体の状態に合わせた最適なプログラムを選べます。スッキリして海へ遊びに行きたくなったら、マリンアクティビティで体を動かしましょう。
○子連れOK

客室の目の前は海!感動的なサンライズのために早起きしよう

出典:一休.com

「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座」が建つのは、沖縄県中部の東海岸。広々とした敷地には19の客室があり、部屋ごとに異なる眺望を楽しめます。すべての部屋のテラスにはジェットバスが備え付けられていて、理想的なリラックスタイムを過ごせるのが魅力。南風を肌で感じながら、心も体も満たされましょう。

ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座

料金1泊2食付き 31,350円~

電話番号098-968-5600

URLhttps://www.hiramatsuhotels.com/ginoza/

柚子屋旅館 金沢 緑草音【石川県】

春夏秋冬の素材と滋味を心ゆくまで楽しめる旬の懐石料理

出典:一休.com

金沢の高台に建つ「緑草音」では、日本の四季を五感で味わえる彩り豊かな懐石料理を堪能できます。おめでたい新年には紅白の彩りを添え、初夏にはハモやアユ、冬にはカニと旬の食材と時節を取り入れた繊細な味わいには、季節の移り変わりとともに生きることの尊さが息づいています。伝統文化が生きる街・金沢で生まれた和のオーベルジュで、日本人のDNAを揺り動かす味を楽しみましょう。

古きよき時代の別荘を思わせる邸宅で心静かに過ごす

出典:一休.com

緑に囲まれ、昭和の文豪がお忍びで訪れそうな雰囲気がある「緑草音」は、誰もがほっとできる空間。客室は心地よい静寂に包まれ、窓からは金沢市内を眺められます。とはいえ車なら金沢駅まで20分ほど、兼六園には10分ほどと、決して不便ではありません。金沢観光を楽しみながら大人のおこもりステイをしたい人におすすめです。

ひとつとして同じ部屋はない和の上質空間

出典:一休.com

「緑草音」の客室は、茶室を改装した日本間「黒百合」、蔵を改装し和と洋のテイストを融合させた特別室「山法師」など、全部で7室が用意されています。センスのいいアンティークな家具や調度品が置かれ、さりげない豪華さがありながらも落ち着きを感じられるのが魅力。布団の部屋とベッドの部屋があり、就寝スタイルで選ぶこともできます。

山乃尾別邸 緑草音

料金1泊2食付き 54,450円~

電話番号076-208-3999

URLhttps://ryokusone.jp/

神戸北野ホテル【兵庫県】

最高峰のフランス料理と世界一の朝食をオーベルジュスタイルで

出典:一休.com

異人館が建ち並ぶ神戸の高台に建つ「神戸北野ホテル」のメインレストラン「アッシュ」で味わえるのは、地元の特産品や旬の食材を使ったフランス料理です。ディナーで満たされた翌日のお楽しみは、ダイニング「イグレック」で提供されている「世界一の朝食」。山口総料理長がベルナール・ロワゾー氏から公式に贈られたヨーロピアン・ブレックファストには、新しい日を迎えることの喜びが美味となって表現されています。

レンガ造りの外観と異国情緒あふれるインテリアがおしゃれ

出典:一休.com

美しいレンガ造りのホテルに一歩足を踏み入れれば、そこはまるで異国のよう。古くから海外と交流を持っていた港街・神戸にふさわしい気品を感じられます。街の中心地である三宮駅からも徒歩圏内で、神戸観光の拠点にもぴったり。異人館や神戸南京町を散策しながら、メリケンパークなどの名所へ足を運んでみましょう。
○子連れOK

イギリス風のクラシカルな優雅さが素敵な30の客室

出典:一休.com

イギリス風のエレガントなインテリアでまとめられた客室は、全部で30室。それぞれに雰囲気が違い、映画のヒロインが登場しそうなロマンチックな部屋からシックな部屋、重厚で貴賓あふれる部屋などが用意されています。アメニティにはメイク落としやバスソルトも含まれ、充実のラインアップ。神戸を旅する人を温かく迎え入れてくれます。

神戸北野ホテル

アクセス《電車》「三宮駅」から徒歩約15分

料金1泊2食付き 35,293円~

電話番号078-271-3711

URLhttps://www.kobe-kitanohotel.co.jp/

オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ【長野県】

自然豊かな軽井沢ならではの食材が生きているフランス料理

出典:一休.com

避暑地や別荘地として知られる軽井沢の「オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ」では、高原野菜をはじめ自家農園の無農薬野菜やハーブ、抗生剤を使わずに飼育される千代幻豚など信州の恵みを使ったフランス料理を食べることができます。春には旬を告げるフキノトウが使われ、雪が降り積もる冬にはジビエ料理も登場。ワインも充実のラインアップで、お気に入りの1本と出会えるかもしれません。

絵画のような風景と都会にはない安らぎに包まれる

出典:一休.com

今も昔も休息を求める人々から愛され続けている軽井沢では、春には小鳥がさえずり、夏にはやわらかな木もれ日が降り注ぎ、雪の降る冬にはしんとした静けさが漂います。都会にはない静寂の中で食材が生きる極上の料理に満たされること、これ以上のぜいたくはありません。オーベルジュの精神が生きるロケーションとおもてなしを堪能してみてください。
○子連れOK(10歳以上)

ペットとのお泊まりもOK!全室がジュニアスイートというぜいたく空間

出典:一休.com

「オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ」の客室は、全室が50平米のジュニアスイートです。インテリアはパリで選ばれた壁紙やアンティーク家具が設置されているヨーロピアンスタイルで、日本にいながらオーベルジュの本場フランスへ旅したかのような非日常感にひたれるのが魅力。リゾートらしい華やかさの中にくつろげる工夫がちりばめられていて、ペット同伴可能な部屋も用意されています。

オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ

アクセス《電車》「軽井沢駅」から徒歩約10分

料金1泊2食付き 23,000円~

電話番号0267-42-0095

URLhttps://www.karuizawa-primavera.jp/



旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる