飛鳥乃温泉

偉人も愛した【道後温泉】観光&グルメスポット18選+そぞろ歩き「お散歩モデルコース」

更新:2022/06/15

25,040views

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

道後温泉を訪れたら立ち寄りたい、おすすめの観光スポットや付近のご当地グルメを紹介します。道後地区を代表する共同浴場をはじめ、松山城や坊っちゃん列車など家族で楽しめるスポットや、鯛めしといったお楽しみのご当地グルメなど、人気スポット&グルメがもりだくさん。1日観光のモデルコースも紹介しますので、温泉旅行の参考にしてくださいね。

道後温泉までのアクセス

松山空港から

松山空港から道後温泉までのアクセスはリムジンバスかレンタカーがおすすめです。リムジンバスなら空港から道後温泉駅前まで乗り換えなしでスムーズに移動できます。レンタカー会社は空港周辺にたくさんあるので、予約しておけばハイシーズンでも問題なく借りられるでしょう。

【バス】
リムジンバスで約40分、バス停「道後温泉駅前」からすぐ

【車】
約30分

JR松山駅・松山市駅から

【JR予讃線「松山駅」から】
JR予讃線「松山駅」の正面に位置する、伊予鉄道環状線「JR松山駅前駅」に乗り換えて、「道後温泉駅」まで約30分です。

【伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」から】
乗り換えなしで「道後温泉駅」まで約30分です。

伊予鉄道環状線「JR松山駅前駅」・伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」から道後温泉を結ぶ【坊っちゃん列車】は観光・移動手段としておすすめです!日本で数少ない路面電車に乗って、松山の街並みを楽しみながら道後温泉に向かいましょう。

【バス】
①JR予讃線「松山駅」からバスで約30分、バス停「道後温泉駅前」からすぐ
②伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」からバスで約30分、バス停「道後温泉駅前」からすぐ

【車】
①JR予讃線「松山駅」から約15分
②伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」から約10分

松山観光港から

フェリーで松山に到着した場合は、松山の海の玄関口「松山観光港」からリムジンバスで移動します。リムジンバスはフェリーの到着に合わせて出発するので、到着時に案内を聞き逃さないようにしましょう。船旅に疲れてできるだけ早く移動したい人はタクシーがおすすめです。

【バス】
リムジンバスで約50分、バス停「道後温泉駅前」からすぐ

【タクシー】
道後温泉まで約30分

道後温泉で人気!観光スポット【ベスト10】

道後温泉本館【子どももおすすめ】

日本の公衆浴場として初の国の重要文化財に指定されながら、博物館化することなく今も営まれている、道後温泉を代表する温泉施設です。明治時代の建物は改築を経ながらも、古き良き時代を感じさせてくれます。円柱型の湯釜からとうとうと湯が流れ出す浴室「神の湯」では、道後温泉の歴史を感じさせる雰囲気を楽しめるでしょう。
施設の北側にはお湯をかけてお祈りすると願いが叶うと言われている「玉の石」があります。縁結びや商売繁盛にご利益があるので、お願い事をしてみては。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは3つ星を獲得しています。

道後温泉本館
道後温泉本館
道後温泉本館

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6

アクセス《車》松山ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約3分

料金大人:420円、子ども(2歳~11歳):160円

電話番号089-921-5141

営業時間06:00~23:00(最終入場:22:30まで)※利用時間1時間

URLhttps://dogo.jp/onsen/honkan

飛鳥乃湯泉【子どももおすすめ】

遠くからでも目立つ塔屋が目印の共同浴場。開放感いっぱいの大浴場と露天風呂では、源泉掛け流しの「美人の湯」を楽しめます。

湯帳(ゆちょう)と呼ばれる、昔の身分が高い人が着ていたとされる浴衣を着て当時さながらの入浴体験もできたり、皇室専用浴室を再現した特別浴室を利用できたりと、ほかでは味わえない体験を子どもと一緒に楽しめます。

飛鳥乃温泉-露天風呂
飛鳥乃温泉-外観

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町19-22

アクセス《車》松山ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約4分

料金1階浴室入浴のみ 大人(中学生以上):610円、子ども(小学生以下):300円

電話番号089-932-1126(道後温泉コンソーシアム)

営業時間06:00~23:00※利用時間1時間30分

URLhttps://dogo.jp/onsen/asuka

道後温泉 第4分湯場・手湯【子どももおすすめ】

「分湯場」とは、各源泉から汲み上げられた湯が集まる場所。道後温泉地区にある4つの分湯場のうち、見学スペースが唯一設けられている第4分湯場では、6本の源泉から汲み上げた湯が集まる様子を間近に見ることができます。5本の配管からザーザーと勢いよく流れ出る湯の迫力は、子どもたちに大人気!道後温泉を訪れたら必見の立ち寄りスポットです。

道後温泉第4湯湯(手湯)

住所〒790-0842 松山市道後湯之町7-28

アクセス《車》井門ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」からすぐ

電話番号089-921-5141(道後温泉事務所)

営業時間09:00〜20:00、休み:不定休

URLhttps://dogo.jp/news/2556.html

坊っちゃんカラクリ時計【子どももおすすめ】

作家・夏目漱石の代表作『坊っちゃん』にも登場する道後温泉の共同浴場「道後温泉本館」。同施設の竣工100周年を記念して、平成6年(1994年)に坊っちゃんカラクリ時計が誕生しました。

1時間に一度、音楽の調べに合わせて作中の主人公・坊っちゃんや、ヒロインのマドンナなどのキャラクターが現れ、楽しく盛り上げます。道後温泉の夜を華やかに彩る夜間のライトアップも必見。

坊っちゃんカラクリ時計

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町6-7

アクセス《車》井門ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約3分

電話番号089-948-6558(松山市観光・国際交流課)

営業時間08:00〜22:00

URLhttps://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/karakuri.html(松山市役所)

石手寺

神亀5年(728年)に創建された四国八十八箇所霊場の第51番礼所で、四国お遍路の元祖・衛門三郎ゆかりのお寺。文保2年(1318年)に建立の国宝・二王門をはじめ、境内の多くの建築物が国の重要文化財に指定されており、文化財の宝庫としての側面もあります。

門前の「五十一番食堂」では、寺の名物でモチモチとした焼きもち「おやき」が味わえますよ。ミシュランガイドでは1つ星に選ばれています。

石手寺
石手寺

住所〒790-0852 愛媛県松山市石手2-9-21

アクセス《車》井門ICから約20分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」から徒歩約5分

拝観料無料

電話番号089-977-0870

拝観時間24時間

URLhttp://nehan.net/index-06.htm

道後ぎやまんガラス美術館

自然溢れるイギリス調の美しい庭園に囲まれたガラス美術館です。モダンな建物内には、江戸時代に作られたカットガラス「ぎやまん」やびいどろのほか、明治・大正の和ガラスが約300点展示されています。その規模は西日本最大級。ため息が出るほどに美しい貴重なガラス作品に囲まれて、優雅な時間を過ごしてみませんか。ガラスと水のオブジェがライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出す夜間拝観もおすすめです。

道後ぎやまんガラス美術館
道後ぎやまんガラス美術館

住所〒790-0836 愛媛県松山市道後鷺谷町459-1

アクセス《車》井門ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約5分

料金大人(高校生以上):650円、子ども(中学生):450円

電話番号089-933-3655

営業時間09:00〜22:00(最終入館:21:30まで)、休み:水

URLhttps://www.dogo-yamanote.com/gardenplace/museum/

道後公園【子どももおすすめ】

日本の歴史公園100選認定。14世紀前半から16世紀末まで、伊予を統治した河野氏によって建てられた湯築城の跡地を利用した公園は、地元から愛されている憩いの場です。子ども向けの遊具広場もあり、家族で遊べます。晴れた日には、展望台から見渡せる瀬戸内海の島々の絶景を堪能しましょう。

園内にある俳人の松尾芭蕉や正岡子規などの句碑を、1時間ほどかけて巡るのも楽しいですよ。桜の名所としても有名です。

道後公園

住所〒790-0857 愛媛県松山市道後公園

アクセス《車》井門ICから約15分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」から徒歩約2分

料金無料

電話番号089-941-1480

営業時間24時間

URLhttp://www.dogokouen.jp/

子規記念博物館

俳人・正岡子規の出身地であることから、俳句の里としても知られる松山市。正岡子規の名前を冠した市内の博物館では、彼の作品を通して松山市や近代文学の理解を深めることができます。館内には、正岡子規に関連する資料の現物やレプリカが展示されているほか、親友であり作家の、夏目漱石との交流を示す下宿「愚陀仏庵(ぐだぶつあん)」の復元展示も必見です。

子規記念博物館

住所〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30

アクセス《車》井門ICから約15分《電車》伊予鉄道松山市駅線「松山市駅」から徒歩約3分

料金大人(大学生以上):400円

電話番号089-931-5566

営業時間5月〜10月:09:00〜18:00(最終入館:17:30まで)、11月〜4月:09:00〜17:00(最終入館:16:30まで)

URLhttps://sikihaku.lesp.co.jp/

湯神社

道後地区を見渡せる高台にある神社。天災で温泉の湯が出なくなってしまった時に祈祷を行ったところ、再び湯が湧き出したと伝わる、まさに道後温泉の守り神と言える社です。温泉の神様「少彦名命(すくなひこなのみこと)」や、縁結びにゆかりのある「素盞鳴命(すさのおのみこと)」「稲田姫命(いなだひめのみこと)」など4人の神様が祀られ、縁結びのご利益も期待できますよ。

湯神社

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町4-10

アクセス《車》井門ICから約20分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約4分

拝観料無料

電話番号089-921-0480

拝観時間24時間

URLhttps://yu-jinja.official.jp/

にきたつの道

道後商店街の中央付近から延びているにきたつの道は、ごはん屋さんやカフェ、酒蔵などが並ぶ美しい小路です。温泉に浸かった後の夕涼みにも最適、小川の流れを楽しみながらお散歩できます。また毎月第4日曜日には朝市が開かれ、路地に地元の野菜やフルーツ、お弁当などを扱う店が30軒以上並びます。愛媛で採れた真珠の販売もあり、とっておきのお土産としておすすめです。

にきたつの道

住所〒790-0848 松山市道後喜多町

アクセス《車》井門ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約5分

料金無料

電話番号089-943-8342(道後温泉旅館協同組合)

URLhttps://matsuyama-sightseeing.com/spot/20-2/(松山市公式観光情報サイト)




道後温泉【付近】おすすめスポット

松山城【子どももおすすめ】

かつて松山藩主が居城とした江戸時代から残る現存12天守の1つで、美しい日本の歴史的風土100選にも選ばれています。ロープウェイやリフトでアクセスできる城は、夜になると松山市街が一望できる夜景スポットに。また敷地内にある二之丸史跡庭園は「恋人の聖地」にも認定されているロマンティックな場所としても知られています。運が良ければ松山城マスコットキャラクターの「よしあきくん」に会えるかもしれません。

松山城
松山城

住所〒790-0008 愛媛県松山市丸之内1

アクセス《車》井門ICから約20分《電車》伊予鉄道松山市駅線「大街道駅」から徒歩約5分

料金大人:520円、子ども(小学生):160円

電話番号089-921-4873(松山城総合事務所)

営業時間2月~7月・9月~11月:09:00~17:00、8月:~17:30、12月~1月:~16:30(天守最終入場:閉館50分前まで)

URLhttps://www.matsuyamajo.jp/

坊っちゃん列車【子どももおすすめ】

松山市内の観光には伊予鉄道の「松山市駅」や「JR松山駅前駅」と、道後温泉や松山城を結ぶ坊っちゃん列車がおすすめです。作家・夏目漱石が、松山の街を舞台に描いた名作『坊っちゃん』で「マッチ箱のような汽車」と呼んだ列車を復元した、機関車と客車を繋いだ車両です。松山市駅では一旦機関車を客車から切り離し、人力で展開させる様子が見られます。珍しい展開方法なので、電車好きはもちろん大人から子どもまで見入ってしまう光景です。

坊っちゃん列車

住所〒790-0012 愛媛県松山市湊町5(松山市駅)

アクセス《車》井門ICから約15分

料金1乗車 大人(中学生以上):1,000円、子ども:500円

電話番号089-948-3323

営業時間道後温泉駅⇔松山市駅 始発:09:19、最終:15:42

URLhttps://www.iyotetsu.co.jp/botchan/

坂の上の雲ミュージアム

松山出身の正岡子規らが生きた明治時代を題材にした、作家・司馬遼太郎の同名小説。この作品から名付けられ、建築家・安藤忠雄が設計したスタイリッシュな博物館です。館内には明治時代の小説や主人公のエピソード、ゆかりの品などが展示されています。希望あふれる未来を描いた同作の主人公のように、未来の自分や家族へ手紙を送るユニークなプロジェクト「坂の上の雲ミュージアムレター」も行っています。

坂の上の雲ミュージアム

住所〒790-0001 愛媛県松山市一番町3-20

アクセス《車》井門ICから約15分《バス》JR予讃線「松山駅」からバスで約10分、バス停「一番町」からすぐ《電車》伊予鉄道松山市駅線「大街道駅」から徒歩約2分

料金大人:400円、子ども(高校生):400円

電話番号089-915-2600

営業時間09:00〜18:30(最終入館:18:00まで)

URLhttps://www.sakanouenokumomuseum.jp/

萬翠荘

国指定の重要文化財。愛媛の旧藩主の子孫にあたる、久松伯爵の別邸として大正時代に建てられた、純フランス風の建物が美しい建築物です。当時は社交場として多くの人が訪れ、皇族が立ち寄ることもありました。今も健在の絢爛豪華なたたずまいを利用し、イベントや展示が行われています。まるで伯爵が生きていた時代にタイムスリップしたかのような雰囲気に包まれる場所です。

萬翠荘

住所〒790-0001 愛媛県松山市一番町3-3-7

アクセス《車》井門ICから約15分《バス》JR予讃線「松山駅」からバスで約18分、バス停「一番町」から徒歩約5分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「大街道駅」から徒歩約5分

料金大人:300円、子ども(高校生以下):100円

電話番号089-921-3711

営業時間09:00〜18:00、休み:月(祝の場合:開館)

URLhttp://www.bansuisou.org/

大観覧車「くるりん」【子どももおすすめ】

松山市駅のいよてつ髙島屋にある大観覧車は、松山城や瀬戸内海を一望できる松山市の観光スポットです。夜はライトアップで光り輝く観覧車から、松山市内の夜景を見渡せます。床や座面がシースルーのゴンドラもあり、空に浮いているかのようなスリリングな体験ができると人気です。誕生月は、通常ゴンドラに何回でも無料で乗れるサービスもあります。

大観覧車「くるりん」写真提供:㈱伊予鉄グループ
大観覧車「くるりん」写真提供:㈱伊予鉄グループ

住所〒790-8587 愛媛県松山市湊町5-1-1

アクセス《車》井門ICから約15分《電車》伊予鉄道「松山市駅」からすぐ

料金通常ゴンドラ:700円、シースルーゴンドラ:1,200円(2021年7月時点)

電話番号089-948-7056

営業時間10:00〜21:00(最終搭乗:20:45まで)、休み:いよてつ髙島屋に準ずる(2021年7月時点)

URLhttps://www.iyotetsu.co.jp/kankou/kururin/

古き良き【道後ハイカラ通り】おすすめのグルメ&ランチ

道後麦酒館の【道後ビール】

100年以上の歴史がある日本酒の酒蔵・水口酒造の直営店。こちらでは「ケルシュ」「アルト」「ヴァイツェン」など、ブルワリーから直送した「道後ビール」を提供しています。湯上がりの喉を癒す爽やかな味わいのビールがたまりません。愛媛県のご当地グルメ・宇和島風鯛めしなど、特産品を使った料理や道後の地酒もおすすめです。なお立ち飲みスタイルの「別館」でも道後ビールが味わえますよ。

道後ビールグラス4種
サーブ_麦酒館
麦酒館_料理・ドリンク
麦酒館、ビールと料理
麦酒館内観

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町20-13

アクセス《車》井門ICから約20分《バス》JR予讃線「松山駅」からバスで約30分、バス停「道後温泉前」から徒歩約4分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約4分

料金道後ビール グラス(250ml):600円、ジョッキ(500ml):900円 他

電話番号089-945-6866

営業時間11:00〜22:00

URLhttps://www.dogobeer.jp/

丸水の【鯛めし】

愛媛県宇和島名産の鯛めしが、100年以上続く老舗でも味わえます。
同店の看板メニューは、細切りにした新鮮な真鯛の刺身を秘伝のタレと生卵を合わせて味わう鯛めし。松山を訪れたら一度は食べたい絶品です。ほかにも宇和島の郷土料理で、ほぐした鯛の身と麦味噌を、鯛のだし汁で味わう「伊予さつま」や、フカと呼ばれるサメを湯通しし、酢味噌につけて食べる「ふかの湯ざらし」なども堪能できます。
※新型コロナウイルス感染予防のため休業中。再開日は公式HPをご確認ください。

丸水 道後店

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町13-10

アクセス《車》井門ICから約20分《バス》JR予讃線「松山駅」からバスで約30分、バス停「道後温泉前」から徒歩約2分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約2分

料金鯛めし 天然真鯛:2,200円、鯛めし 鯛一郎クン(養殖) :1,650円 他

電話番号089-968-1861

営業時間11:00〜15:00(ラストオーダー:14:00)、17:00〜20:00(ラストオーダー:19:00)

URLhttps://www.gansui.jp/

えひめ果実倶楽部 みかんの木【ジェラート】

道後温泉商店街のジェラートショップ。こちらでは、伊予柑や愛媛みかんの甘みと酸味がたっぷり詰まったシャリシャリ食感のジェラートが味わえます。温泉で一風呂浴びた体にはぴったりの一品。食べ歩きしながら商店街や、にきたつの道を散策してみてはいかが。

住所〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町13-15

アクセス《車》井門ICから約20分《バス》JR予讃線「松山駅」からバスで約30分、バス停「道後温泉前」から徒歩約3分 《電車》伊予鉄道松山市駅線「道後温泉駅」から徒歩約3分

料金ジェラート(愛媛みかん):380円、愛媛温州みかんジュース:300円

電話番号089-941-6037

営業時間09:00〜21:00

URLhttps://dogo.co.jp/mikan/

道後温泉を存分に楽しむ、1日モデルコース

09:30 ①道後温泉駅

↓徒歩すぐ

09:35 ②坊っちゃんカラクリ時計で記念撮影

↓約5分

10:00 ③道後ぎやまんガラス美術館で鑑賞

↓徒歩約5分

11:20 ④丸水で早めのランチ

↓ 徒歩約3分

13:00 ⑤湯神社で縁結びと安全祈願

↓徒歩約4分

13:30 ⑥子規記念博物館を観光

↓徒歩約5分

14:45 ⑦道後温泉 第4分湯場・手湯を観光

↓徒歩約5分

15:05 ⑧道後温泉本館で入浴

↓徒歩約1分

17:00 ⑨道後麦酒館でビールと郷土料理を堪能

宿へ





旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる