HOME  >  中近東  >  アラブ首長国連邦  >  守らないと入場NG!?アブダビのモスクに入るための注意点

守らないと入場NG!?アブダビのモスクに入るための注意点

こんにちは。名古屋ヨーロッパセクションの佐藤です。
お客様から「モスクって何を着ていけばいいの?」という質問をいただいたので
トラベル・コンシェルジュが 確認してきました!

 

アブダビってどんなとこ?

アブダビはアラブ首長国連邦の首都でアラブ一財政の豊かな都市です。
観光客にはまだまだなじみのない地域のため、本屋さんに行ってもガイドブックがあまりないのも事実です。ですが、日本からは成田・名古屋から直行便の就航があるため、非常に利便性の良い都市でもあります。
そんな、アブダビで最も有名な建物と言えば、そう「シェイク・ザイード・グランドモスク(通称:グランド・モスク)」です!こちらの写真、皆さんも一度はご覧いただいたことがあるかと思います。

 

シェイク・ザイード・グランドモスク

入場料:無料(今後変更の可能性あり)
開館:09:00~22:00(金曜日 09:00~16:30を除く)

グランド・モスクには、アラブ首長国連邦建国の父と呼ばれるシェイク・ザイードが埋葬されており、連日観光客で賑わうアブダビナンバーワンの観光スポットです。

 

厳しい決まりごと

このスポットは非常に観光客の服装に厳しいことでも有名です。

男性:短パン禁止
女性:足はくるぶしまで、腕は手首まで隠れる服装 / 体の線・髪が見えてはいけない

女性はどんなに暑くても長袖長ズボンに頭はスカーフを巻く必要があります。
入場の前に荷物・服装審査があるのですが、これがまた厳しく、
私たちの前にいた日本人グループは入れませんでした。
明確な基準はありませんが、審査官によって判断が甘かったり、厳しかったりするそうです。

 

女性は下記のような服装を避けるのが良いと思います。
・スキニーパンツ(体の線が見えるため)
・白い服装(透ける可能性があるため)
・スカート(くるぶしが見えてはいけないため)

上は肌が見えていなければ大丈夫なので、半袖シャツに上着をはおり、前を開けても問題はないです。
ですが、モスク内で腕まくりをしたり、頭のスカーフが乱れていたりするとすぐに注意を受けます。

服装だけではなく、振る舞いも厳しいのがグランド・モスクです。
日本の観光地で良く見受けられるピースのようなポーズは、禁止されています。
基本的にはポーズをとってはいけません。
これまた、注意を受けその場で写真の削除を言い渡されている観光客を何組も見ました。
ポーズだけではなく、男女の密着にも厳しいので、カップルは要注意です。

このような厳重な決まりの多いモスクですが、
夜にはこのような素晴らしいライトアップを拝むこともできます。

 

アブダビ観光の際はこちらの注意を参考にして、ぜひ訪れてみてください♪

「守らないと入場NG!?アブダビのモスクに入るための注意点」が気に入ったら



アラブ首長国連邦の情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動


閉じる