HOME  >  北アメリカ  >  カナダ  >  気象予報士とコンシェルジュでオーロラ観察ツアーをつくってみた

気象予報士とコンシェルジュでオーロラ観察ツアーをつくってみた

いつかは見てみたい...。と誰もが一度は思ったことがあるでしょう、真冬の絶景オーロラ。

実際に見るには、どこでみればよいの?ベストシーズンはいつ?などなどの不安に答えるべく、天気のプロ 気象予報士の藤原さんと、カナダ専門トラベル・コンシェルジュの桜岡さんが、初めてオーロラを見に行くオーロラデビューさんに送るツアーを企画しました!

オーロラに気温は関係ない!?そもそも、オーロラが見える条件とは?

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

そもそも、オーロラってどういった条件で見えるのですか??

気象予報士
藤原さん

オーロラは、実は気象の現状ではなく、宇宙の現象なんです。太陽活動との関係で見えるものなんですね。なので、寒いところで見えるというイメージがありますが、実は気温は関係ないという...。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

あぁそうなんですか!!意外ですね。

気象予報士
藤原さん

そうなんですよ。太陽活動が活発だと見えやすいとかはあるんですけど、気温は関係ないんです。ただ、天気が良くないと、雲があると見えないので、そういう意味では天気の良い日が多い季節に見に行くのがおすすめですね。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

寒い地域だから見えるというわけではないとなると、どうして北欧やカナダが、オーロラが見える地域なのですか?

気象予報士
藤原さん

地球のなかでオーロラが見える場所が決まっていて、オーロラベルトと呼ばれているんですけど。緯度が60~70度、高緯度ですね、ようは寒いところ...そこに北欧やカナダが位置するので、オーロラが見えるんです。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

オーロラベルトの中に、北欧やカナダがあるということですね。

気象予報士
藤原さん

そうなんです。ただオーロラベルトの範囲は、太陽活動によって変化するので、すごく活発なときは北海道でもみれるんですよ!イランやメキシコでも出現したという報告があります。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

ええ!そうなんですね。なんだかイメージと全然違いますね。

気象予報士
藤原さん

そうなんです。オーロラが見えるのは、寒いところというイメージがありますが、実は暖かい地域でも、太陽活動の強さによっては見えることがありますね。

カナダVS北欧、ずばり、どちらが見えやすい?

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

びっくりです。ちなみに、見えやすいと言われているカナダと北欧では、どっちが見えやすいとか、違いとはあるんですか?

気象予報士
藤原さん

そうですね。気温は、カナダの方が寒く、北欧の方が暖かいので、体の負担なく見られるのは北欧なのですが、年間の降水量を見てみると、カナダの方が北欧より少ないので、確率としてはカナダの方が高いかなと。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

観賞しやすい環境でいえば、北欧の方がおすすめですが、とにかく見たい!と言う方には、寒いけどカナダがおすすめということですね。

イエローナイフとホワイトホース、違いはあるの?

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

カナダ国内でも、オーロラが見られるスポットとしては、ホワイトホースとイエローナイフがありますが、この2つでも違いはあるのですか?

気象予報士
藤原さん

イエローナイフの方が若干降水量は少ないです。イエローナイフって、ホワイトホースより内陸ですよね?

イエローナイフは、内陸で平野なので地形の影響は少ないのですが、ホワイトホースの方が山があるので地形の影響をうけて雲が出やすいです。

夏オーロラVS冬オーロラ、見やすいのは…

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

地形の影響を考えると、イエローナイフの方が見られる確率が高いのですね。

実はイエローナイフでは、夏でもオーロラ観賞ができるのですが、夏に見られるオーロラと冬に見られるオーロラだと何か違いはあるのですか?

気象予報士
藤原さん

オーロラの発生自体は、時期によっての変化はないのですが

夏だとほとんど夜がない白夜に近い状態になったり、昼の時間が長いので、その間はオーロラが出ていても、肉眼ではみれないんですね。

それに対して、冬は夜の時間が長いので、そういう意味では、冬オーロラのほうが、見られる可能性は高いと思います。

あと、降水量も夏の方が多いので、天気の意味でも冬の方が確率が高いと思います。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

時期としては、秋がすぎて寒さが本格化してきた冬の時期のほうが、オーロラが見える確率が高いということですね。

気象予報士
藤原さん

でも寒いといろいろ大変ですよね…

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

メガネなどの金属類を触るのも危険なんですよ。

気象予報士
藤原さん

そうなんですね。私も実際に行ったとき、凍傷になるのでピアスなどを全部外すように言われました。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

あと、夏だとオーロラ以外の観光も楽しめるっていうメリットもありますよね。

でもやっぱりオーロラを絶対見たい…という思いがあるお客様には、確率の高い冬をおすすめしたいですね。

冬というと12月から2月くらいまでかと思いますが

気象予報士
藤原さん

12月から2月だと降水率はあまり変わらないですね…観光の面で良い月などはありますか?

ベストは12月!その理由は…

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

観光面ですと…オーロラ観光地の周辺だと何もないので…

気象予報士
藤原さん

なにもないですよね!なにもなかったです!

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

そうなんですよね、なのでナイアガラの滝などと周遊してみるのがおすすめです。寒すぎると、滝が凍っているときもあるので、まだ凍り始めない12月がおすすめです。

気象予報士
藤原さん

そうなんですね。では、月は12月がメインですかね。

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

トラベル・コンシェルジュ
桜岡さん

そうですね。なのでツアーはイエローナイフに行く、12~2月に行くツアーが良いとおもいます。合わせてナイアガラの滝など、ほかの観光も楽しめる周遊プランにできたらと思います!

気象予報士
藤原さん

いいですね。私もそのツアーでまた見に行きたいです。笑

ということで、オーロラデビューさんに送る、カナダのオーロラ観賞ツアーが完成しました!

ツアーのポイント

雨の影響がより少ないイエローナイフで見る。

夜の時間が長く、降水量が少ない、12月~2月に出発する。

オーロラ以外にも、ナイアガラの滝を楽しめる周遊プラン。

今年、あなたもオーロラデビューをしてみてはいかがですか?

イエローナイフのオーロラツアーをチェック!

「気象予報士とコンシェルジュでオーロラ観察ツアーをつくってみた」が気に入ったら



カナダの情報はこちら

旅Pocket編集部

旅Pocket編集部
旅Pocket編集部のアカウント。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする海外情報をお届けします!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY


旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動


閉じる