HOME  >  北アメリカ  >  アメリカ合衆国  >  レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークへ行ってみた

レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークへ行ってみた

アメリカ独立戦争の舞台にもなった、歴史ある街、ボストン。

そして、ボストン旅行で忘れてはならないのが大リーグの野球観戦。

レッドソックスの本拠地であるボストンでは、世界中から集まってきた一流選手たちの熱いプレーを見ることができます。

今回は、レッドソックスのホーム・グラウンドである野球場、フェンウェイパークのツアーに参加した感想をレポートします。

 

ツアーは試合の有無にかかわらず毎日実施されています。

フェンウェイパークはボストンの街中にあるので、地下鉄等でのアクセスもよくてとても便利です。

ツアー代をブースで支払い、向かい側のグッズショップに集合します。

ツアー開始時間になるとガイドさんが登場。

この日はたまたま日本人のガイドさんでした!(内容は、英語でのツアーになります)

野球場の歴史や、データをいろいろと説明してくれます。

フェンウェイパークがオープンしたのは1912年なので、もう100年以上もボストンの人々に愛されてきたということになります。

この日はワールドシリーズの試合直前だったので、丁寧にグラウンドの整備をしていました。

こちらの青い席は昔からかわらず使用されている観客シート。

古い野球場だけに、座席の間隔は狭く、飲み物のカップホルダーもないのですが、歴史の一部としていまも保存・使用されているんです。

「おじいちゃんがここに座って試合をみたかもしれないということです」とガイドさんが説明していました。

 

また、フェンウェイパーク名物といえばこちら。

写真左側にそびえたつグリーンモンスターとよばれる壁です。

このグリーンモンスターがあるがゆえ、こちらの球場ではホームランは出づらく、投手にとっても投球にコントロール力が求められるとのことで、選手にとっては難しい球場だそうです。

ツアーでは、実際グリーンモンスターの席にも案内してくれます。

こちらの席は試合の模様がとても見やすい場所にあるのですが、座席数が限られているため非常に人気が高く、「最も入手しづらい観覧席」とも言われているそうです。

壁に描かれた絵のノスタルジックな雰囲気がフェンウェイパークらしいですね。

このほか、ツアーではプレスルームも見学させてもらったり普段試合のときには入れない場所に案内してくれたりと、試合のチケットが入手できなくても訪れる価値大です。

野球好きな方はもちろんのこと、そこまでメジャーリーグに詳しくなくても球場の歴史や説明を聞いているだけでかなり楽しかったので、

ボストンを訪れる方はぜひツアーに参加してみてくださいね!

「レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークへ行ってみた」が気に入ったら



アメリカ合衆国の情報はこちら

旅工房

旅工房
旅行会社 旅工房のトラベル・コンシェルジュが、実際に現地で取材した情報をご紹介します♪

記事一覧を表示

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:ビーチリゾート特集に移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動

旅工房本体サイト:旅工房本体サイト:秋の海外弾丸ツアーに移動


閉じる