大人気インスタグラマーAiさんの、旅のマイルール♡

2019/04/26

3,916views

tabipocket_y""

旅Pocket編集部
横尾

旅のプロとして活躍されているAiさん(@aiai0311)。

そのInstagramは海外の素敵な写真で溢れていて、多くの女性のあこがれの存在です♡

今回、AiさんのInstagramのストーリーにて、海外旅行にまつわる質問を募集!その中から特に多かった旅のtipsについて、回答していただきました。

Aiさんのおしゃれで、キュートで、スマートな旅にまつわるあれこれは必見です!

 

インスタグラマー

Ai

旅のプロとしてInstagramで活躍。旅だけでなくカフェやファッションにも詳しく、ファンの層は幅広い。写真の撮影技術が高くカメラマンとしても活動。自身の写真と体験をもとにモロッコのガイドブック『Wander in MOROCCO』を出版。

旅に持って行くお洋服はどう決める?

旅先の景色に溶け込みたいので、行き先の景色もファッションの一部という感覚でお洋服をコーディネートします。

例えば、NYなら少しストリートっぽく。ヨーロッパならどこか品があったり大人カジュアルなテイストに。

色も重要で、例えば

・壮大な絶景の山ではパステルカラーのラブリーなお洋服は避ける。

・東南アジアならカラフルな柄物を取り入れてエスニックテイストにする。

…など、そのお洋服を着てそこにいる自分を客観的に想像しながらお洋服を選びます。

白いお洋服やデニムはどんな景色にも馴染みやすいので、おすすめです。とりあえず白いお洋服を多めに詰めておくと便利です。

また、ロング丈のスカートや羽織りものはひらひらなびいて綺麗に映えてくれるし、その1点を取り入れるだけで簡単にオシャレ度が増すアイテムなので、おすすめです。

気を付けなければいけないのが、宗教やその場所のルールなど。露出禁止の場所には羽織りものを持って行くなど、出発前に調べてから荷造りするのをおすすめします。

カジュアルから綺麗めまでいろいろなテイストが揃うZARAは、私にとって旅前の駆け込み寺な存在です。ワンピースやスカートは古着もよく活用します。特におすすめなお店は、BIG TIMELong Beach

旅先で買うことも多く、よく初日をお買い物dayにして、その後の旅中にさっそく着ることも。

現地のお洋服や小物を身に付けているとローカルの方たちが喜んでくださることが多く、コミュニケーションのきっかけになり旅がより楽しくなりますよ!

旅の必需品や便利アイテムは?

UNIQLOのウルトラライトダウンは、とてもコンパクトに収まるし、軽いので荷物に入れても全く苦になりません。とりあえずどんな旅先にも必ず持って行く便利アイテムです。

旅先の気候は、ある程度は予測しても実際に現地に行ってみないとわからず、意外と寒かった、なんてことはよくあります。

また、昼夜の温度差が激しかったり、たとえ南国でも室内の冷房が強くて寒い…なんてこともよくあるので、とりあえずウルトラライトダウンを忍ばせておくと安心です。

また、バリ発のellipsは、1つ1つ小さなカプセルに入ったヘアトリートメント。必要な日数分のカプセルだけ持って行けば良いので荷物にならないし、効果も◎です。日本でもネットで買えます。

ABRACADABRAのオイルバームはヘアからつま先まで、全身使える万能オイルバームです。こういった万能バームやクリームは1つで何役もこなしてくれるので荷物を減らすことができ便利です。

ヘアワックス代わりにもなり、長距離移動でヘアワックスをつけっぱなしでいる不快感も感じなくて済みます。

また、旅先が予想外に乾燥していた!なんて時は乾燥がひどい箇所に多めに塗ってケアも出来るので、いざという時のお守りケアアイテムとして必ず持って行くと安心です。

おしゃれなホテルはどうやって探す?

ホテルは、主にBooking.comAirbnbで探します。

Booking.comはとにかく種類が豊富で安く、見やすいのでよく利用しています。

またAirbnbは一般的なホテルではない、ちょっぴり珍しい宿や、個人経営の小さな宿を発見できます。一軒家に泊まることも可能なので、大勢での旅の時にも便利です。

どちらもたくさんの写真が掲載されているので、まずはとにかく写真をよく見て、素敵なホテルを探します。

ですが、実際に行ってみたら写真と違った…なんてこともあります。

そこで、目ぼしいホテルを見つけたら、次にInstagramでそのホテルのハッシュタグや位置情報、タグ付けで検索。実際に撮られた写真をチェックします。

実際に宿泊した方のリアルな写真を見ることができるので信頼性も◎。Instagramに素敵な写真を投稿している人はこだわりの強い方が多いので、そんな方たちが投稿している=そのホテルが素敵!な確率が上がります。

反対に、はじめにInstagramでホテルを発見することもあります。

世界中の素敵なホテルを投稿するまとめアカウント旅行系インフルエンサーさんのアカウントを日頃からチェックし、ビビッと来たホテルは保存しておきます。

いざその国に行くと決まった時に、保存リストを見返してホテルを調べます。

旅中のお出かけ時の荷物は?カメラの持ち歩き方は?

ガイドブックの情報は写メしておいたり、地図はアプリで見たりと、スマホ1つで動けるようにし、荷物は最小限にしています。

出来るだけポケットWiFiではなく現地SIMにすることで、荷物も減らせます。

荷物が少ないのでミニbagで街歩きすることもよくありますが、このような柔らかい網や布タイプのbagは、荷物がたくさん入るのにくしゅっとコンパクトにスーツケースに入れられるので、よく使用しています。

このようなジップなどが付いていないbagの時は、中に大きめの巾着袋を入れ、巾着袋の中に荷物を入れてスリ対策をしています。

財布は日本で普段使っているものではなく、安全と軽さを重視して100円均一のものを。パスポートは、ホテルにセーフティボックスがないときは持ち歩きますが、ある場合はホテルに置いておきます。

また海外のトイレはトイレットペーパーがないこともあるので、ポケットティッシュがあると安心。

旅先でメイク直しはなかなか出来ませんが、サッと塗れるリップは持ち歩きます。

カメラは撮りたい瞬間にすぐに撮れるように&ファッションの一部として、bagと重ね持ちする時もありますが、スリなどに狙われないように細心の注意を払っています。

旅先での1日のスケジュールはどう立てる?

まずは「必ず行きたい場所」をピックアップし、Google mapにピンを刺してそれぞれのスポットの距離感をつかみます。

近いスポットを同じ日でまわるように考え、それぞれの行き方を調べます。定休日オープン時間を調べるのも忘れずに。

次に「この時間帯にここに行きたい」というスポットを優先的にスケジュールに当てはめていきます。

例えば、世界遺産へは人混みを避けて朝イチで。ビーチには1番太陽が昇るお昼過ぎに。日中は写真を撮りたいのでランチはかわいいカフェに行き、夜は安くて美味しいローカルのお店へ。写真を撮らないショッピングは、日の入り後から。…というように、写真を撮ることも考えながら、ざっくりとプランを立てていきます

どうしても行きたい場所がたくさんある場合は、あらかじめしっかりとスケジュールを立てておきますが、移動方法など現地に行ってみないとわからない事もたくさんあります。

いくら日本で調べても答えが見つからなかった事が、現地で聞いてみるとあっという間にわかった!なんて事もよくあります。私はいつもざっくりとしたスケジュールだけ立てておき、移動方法などをホテルのスタッフさんに聞きながら現地でプランを考えることが多いです。

また、現地に行ってみると、地元の方たちのおすすめスポットを聞けたり日本のガイドブックには載っていない情報を知ることができるので、そういった情報も聞きながら、ホテルのスタッフさんに一緒にスケジュールを考えてもらうこともあります。

 

こちらの写真はギリシャのミロス島の「サラキニコ」というスポット。

元々日中に行く予定しかなかったのですが、たまたま現地のホテルに置いてあった本を見たら、サンセットタイムの綺麗なグラデーションのサラキニコの写真が載っていました。

その写真に感動し、ホテルのスタッフさんにサンセットタイムを聞いて急遽スケジュールにねじ込んで出会えたのがこちらの光景。このような思いもよらない出会いもあるので、現地で聞いてからスケジュールを立てることも大切にしています。

旅先で、カフェやレストランはどうやって探す?

私にとってカフェやレストランは、美味しさだけでなく雰囲気の良さもとても重要。そのため、美味しそうな写真だけでなく外観や内観の写真も見ながら探すことがポイントです。

まずはInstagramで「#(場所)cafe」「#(場所)foodie」などのハッシュタグで検索します。例えばタイのバンコクだと「#Bangkokcafe」

ホテル探しと同じで、カフェやレストランもInstagramだとリアルな写真を見られるし、本当に良かったからSNSに投稿しているはずなので、ハズレなく素敵なお店を発見できる確率が上がります。

「この人の写真、素敵だな」と思ったら、さらにその人のアカウントへ飛んでみて、他にも素敵なお店に行っていないか見てみると、またさらに新たに素敵なお店を発見できることもあります。

このようにハッシュタグでの検索から始めますが、どんどん飛んでインスタサーフィンします。Instagramで探すと、ガイドブックには載っていない穴場スポットにも出会えるのでおすすめです。

また、国やエリアによっては、その場所のカフェやレストランを投稿するまとめアカウントもあるので、そういったアカウントを参考にするのもおすすめです。

例えばオーストラリア・シドニーはこちら

英語にはなりますが、海外のwebメディアで探すのもおすすめです。英語で「best cafe  (場所)」などで検索すると、おすすめカフェをまとめた海外webメディアが出てきます。

海外メディアには日本のガイドブックには載っていないお店が載っていることもよくあるので、一度目を通してみると新たな発見があるかもしれません。

 

いかがでしたか?

今回Aiさんに、おしゃれでスマートに旅するコツを6つご紹介いただきました。

ぜひ皆さんも次の旅行で参考にしてみてくださいね♡

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる