ウブドの熱帯林に佇むリトリートホテルバグースジャティでヘルス&ウェルビーイングを体感!

バリ島への女子旅、特に女子一人旅の滞在先として人気のバグースジャティは、山あいにひっそりと佇むリトリートリゾート。空港からは約2時間、ウブド市内から車で約30分の場所に位置します。

とても長い道のりに感じるかもしれませんが、車窓から飛び込んでくる景色を見れば、その移動時間さえ、バリに来たことを実感させてくれる美しく価値あるものに思えます。

移動時間もバリ旅の醍醐味。緑濃いライステラスの景色に癒される♪

空港から北上し、ウブドエリアに入ると、低層の民家やお寺が多くなり、緑も多くなります。空気が変わってきたことに気付くはず。

バリ島と言ってイメージする景色の一つに、ライステラスを思い浮かべる人も多いかと思います。リゾートへの道中には有名なテガラランのライステラス♪車を停めて、ゆっくり深呼吸。鮮やかなグリーンがビタミン剤に!

街中のお寺には、信仰深いバリの人々がひっきりなしに訪れていました。

熱帯の森の中にまるで隠されたように佇むバグースジャティの施設

熱帯の森を分け入ると、バグースジャティのエントランスがひっそりとありました。到着して車を出た瞬間、空気の冷たさと空気の清々しさに驚きます。ここはあの熱帯のバリ島なの!?

高地に建つレセプションから見渡す景色は、天上から下界を見下ろすような感覚に陥ります。地形をそのまま生かした、ここでしか味わえない貴重な風景。

リゾート内には、スパ、円形のヨガスタジオ、湧水を使用したプールがあります。

バグースジャティのコンセプトは「ヘルス&ウェル―ビーイング」。「健康で豊かな暮らし」を推奨する考え方です。

年中冷暖房の効いたオフィス勤めで机に向かって座りっぱなし、食事は外食メインという女性にとっては、かなり心揺さぶられるコンセプトなのではないでしょうか。女子一人旅が多いのも納得。

広大な敷地内と姉妹農園で育てられたオーガニック野菜を使ったリトリートミールが自慢

バグースジャティ内のレストランスルヤレストラン&バーで提供される料理の食材は、ホテルの広大な敷地姉妹農園「アグロプラガ」で育てられたオーガニック野菜、果物、ハーブを使用しています。

また、卵も地元の養鶏所から新鮮なものを取り寄せるなど、お野菜以外の食材にもこだわっています。

レストランのメニューを見て驚くのは、メニューの豊富さ!ヘルシー、ロー&ビーガン料理を取り揃えつつ、ウェスタンからインドネシアまで幅広い料理が味わえるようになっています。

いただいたのは、ビーフハンバーガー(お肉も食べられます!)。食べきるのが大変なほどボリューム満点!

スタッフが「ビーガンマヨネーズ」と呼ぶディップは、卵不使用で、ポテトや野菜にぴったりでとってもおいしかったです。カシューナッツと味噌がベースになっているそうで、日本人の口にもよく合います。

料金は、メニューにもよりますが、ピザやパスタ、サンドイッチなどは現地通貨で8~10万ルピア程度、お茶や新鮮なフルーツのフレッシュジュース、スムージーなどは5万ルピア程です(税金サービスチャージが別途21%加算されます)。

こちらは、宿泊客の朝食に提供される自家製のジャムやムースリー。販売しているのでお土産にしても喜ばれそうです♪ムースリーは特に人気があるそうです。ココナツの果実や果物がザクザクと沢山入っていて、私も大ファンになりました!

バグースジャティのレストランスルヤレストラン&バーは、宿泊しなくても利用できます。南部リゾートからウブドまで観光に来られるなら、ぜひランチだけでも利用してみてはいかがでしょうか。予約も必要ありません!

渓谷とライステラスの地形を利用したバグースジャティ。宿泊はもちろん、新鮮なオーガニック食材を使った食事をしにくるだけでも素敵な経験ができること間違いなし。

ホテルアクティビティではチャナンづくりを体験!

チャナンとは、バリのお祈りの際に欠かせないお供え物のこと。

バリヒンドゥーには、寺院、道端、家具、車など「すべてのものに神が宿る」という独特の考え方があります。大体は朝・晩ですが、バリ人は1日多くて3回お祈りをします。そのため、チャナンは欠かせないものなんです。

市場でも売っていて、忙しい方は買ったものを使うこともあるそうですが、基本的にチャナンはすべて女性たちの手づくりというからびっくり。学校で作り方の授業もあるのだとか。

いよいよチャナンづくりにチャレンジ!

チャナンには、カラフルでフレッシュなお花を使います。アジア感のあるカラーですが、やはり日本では見ないお花の色合わせ。見た目もとってもかわいいです♪

今回は、四角、三角、星形の3種類の作り方を学びました。材料はヤシの葉っぱとバナナリーフと竹ひごです。すべて天然素材なので、お供えした後は自然と地に帰っていきます。とてもエコで素敵です!

四角、

三角、

星形をきれいに作るのはとても難しかったです・・・。星は、太陽を意味しているそうです。そして、飾ったお花はそれぞれの神様を表しているのだそう。そんな深い意味があるなんで、女性の手づくりを推奨される意味がわかったような気がしますね。

意味を知ると、街中で何気なく目にしていたチャナンに注目してしまいそうですね。

できあがったチャナンを持ってお祈りに

つくり終えたら、チャナンを持って寺院へお祈りを捧げます。

3回お祈りをしたらお花を耳にかけ、聖水をかけてもらいます。

お祈りのあとはとても神聖な気持ちになれました。バリ島へ訪れたらぜひチャレンジしてみてくださいね。

バグースジャティ宿泊ツアーはこちら

 

Supported by:

SURYA RESTAURANT & BAR at BAGUS JATI

住所Desa Sebatu,Kecamatan Tegallalang,P.O.Box 4,Ubud Gianyar Bali 80572

電話番号0361-901888

営業時間7:00~23:00

URLhttp://www.bagusjati.com/jp/index.php

「ウブドの熱帯林に佇むリトリートホテルバグースジャティでヘルス&ウェルビーイングを体感!」が気に入ったら



Luh_NAOMI

Luh_NAOMI
バリ島在住10年以上、既にホームがバリ島の私。ローカル目線からバリ島の日常や美味しいワルン(大衆食堂)、お勧めスポットなどをお伝えします!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる