レトロで個性的なキューバ・ハバナのおすすめフォトスポット

更新:2019/10/26

2,740views

カリブ海の社会主義国家・キューバ。経済封鎖の影響により、首都ハバナは50年前の街並みのまま変わらないと言われており、他の国では見られないような独特の景観が保たれています。

キューバでしか撮ることができない、レトロな街並みでタイムスリップ感満載の写真を撮ってみませんか?アエロメヒコ航空で訪れたハバナのおすすめフォトスポット&コーディネートを紹介します!

▼コーディネートを教えてくれたのは…佐藤匠さん

ファッションコーディネーター
佐藤 匠

キューバはカラフルな街!

だからこそおすすめは、オールホワイト+カラー小物のスタイルです。

首回りにサラリとスカーフを巻いたり、日焼け防止のための羽織シャツをカラーで合わせたり、バッグをカラーで合わせたりしてみてください!

色彩あふれる旧市街

世界遺産に登録されているハバナの旧市街。ここは至る所で音楽が奏でられており、自然と楽しい気分になれるような陽気な街です。

旧市街には石造りの厳かな建物・カラフルで可愛い建物など、個性豊かな建築物がたくさん立ち並んでいます。灰色の石の壁だけでなく、黄色や水色、緑、ピンクなどの色彩であふれているので、街を歩いていても退屈することはありません。

cuba_photospot-1""

旧市街は基本的に車の乗り入れが禁止されているので、徒歩での観光がメインです。街は石畳で風情がありますが、疲れがたまりやすいので歩きやすい靴を履くことがおすすめです!

また、建物によっては階段の段差が急なところもあるので、動きやすいパンツスタイルで快適に過ごせました!

cuba_photospot-2""

どの建物も個性的で、オシャレな写真をたくさん撮れちゃいます!街を歩きながら、「可愛い!」と思ったところで写真を撮るのはとても楽しいですよね。

徒歩の観光がメインだからこそ、ゆっくり自分のペースで楽しめるのが旧市街の良いところ。日本とは全く異なるハバナ独特の街並みを散歩しながら、好みの色・デザインの建物を探して撮影するのも楽しみ方の一つではないでしょうか。

cuba_photospot-3""

まるでオモチャみたいな可愛いクラシックカー

キューバといえばクラシックカー!長年続く経済制裁の影響で、キューバはクラシックカーの宝庫と化しています。

街の至る所で見かけるクラシックカーは、レトロでとっても愛らしい外見ですよね。日本を含め、他の国ではなかなか見られないものなので、たくさんクラシックカーが走っている光景を見るだけで、キューバに来たんだ!という実感が湧いてきます。

cuba_photospot-4""

クラシックカーはオモチャみたいなコンパクトなタイプもあれば、かっこいいオープンカーもあり、多種多様です。

ハバナの海岸沿いを颯爽と走るオープンカーはとってもクールで憧れちゃいますよね!

ただし、オープンカーに乗る場合は日焼け対策が必須です。キューバは日中はかなり日差しが強いので、ストールやカーディガンなどでしっかり肌を守りましょう。鮮やかな色のストールをくるんっと首に巻けば、日焼け対策だけでなくオシャレのワンポイントにもなるので一石二鳥です。

cuba_photospot-5""

実はハバナでは、クラシックカーのタクシーが走っているので気軽に乗ることができちゃいます!

一般市民もクラシックカーに乗っているので、ぱっと見では見分けることは難しいです。クラシックカーのフロントガラスに「TAXI」の文字が書かれてた札があるので、まずは停車しているクラシックカーに近づいて確認してみてください。

乗る前に目的地の確認・料金交渉をすればOK。自分の好みの色のクラシックカーを探して乗ってみましょう!(ちなみに今はピンクのクラシックカーが人気だそうです。)

cuba_photospot-6""

ハバナの歴史を感じる要塞

カリブ海に浮かぶ島国キューバ。カリブ海といえば、17~18世紀に海賊が跋扈していたことで有名な地域ですね。

実際に、かつてキューバの都市ハバナは、貿易の拠点として栄えていたため、海賊から襲撃されることも多かったようです。そんな問題を解消するために建てられた要塞群が、今もハバナに残されています。

cuba_photospot-7""

せっかく異国の地に来たのであれば、その土地ならではの歴史を感じたいものです。要塞群のうちの一つである「カバーニャ要塞」には、キューバ革命の英雄であるチェ・ゲバラの執務室と小さな資料館があります。

キューバといえばチェ・ゲバラ!と思う方も多くいらっしゃると思います。歴史が動いていた現場でもあり、彼がたしかにここにいたという証拠でもある要塞は、ぜひ訪れていただきたいスポットです。

cuba_photospot-8""

モロ要塞」には歴史を感じる城壁が残っており、迫力があります。また、この要塞群はハバナ市内の対岸にあるため、ハバナ市内を一望することができます。

私が行った日はあいにくの曇天でしたが、晴天時にはとても素晴らしい景色が見えることでしょう。

この要塞群は旧市街から海底トンネルを通って行くことができます。
旧市街を観光した後にクラシックカーに乗って要塞まで移動し、先刻まで自分がいた場所を離れたところから眺めてみるのもいいかもしれませんね。

cuba_photospot-9""

ハバナのフォトスポットはいかがでしたでしょうか。他の国とは一味違った写真が撮れるのがキューバ・ハバナの魅力です。

また、ハバナの色彩・景観を意識した服装で自分の写真を撮ってもらうのも旅の記念になると思います。佐藤さんのアドバイス通り、色彩あふれるハバナの街に映えるような、白色でまとめたファッションがおすすめです!

ぜひ、個性的なハバナの街で、思い出に残るような自分だけの特別な写真を撮ってみてください。

アエロメヒコ航空利用!おすすめツアー

旅工房中南米セクション
旅工房の中南米担当トラベル・コンシェルジュが、メキシコやペルーなどの最新情報をお届けします!

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる