バスに乗車

魚沼市名物「本気丼(マジ丼)」がすごい!?【バスツアー体験レポ】新潟の人気施設を巡る!

今回、読売旅行さん主催!新潟の人気施設4か所を巡るバスツアーに旅工房スタッフが実際に参加してきました!魚沼市名物の「本気丼(マジ丼)」や、昨年オープンしたばかりの「糀甘酒の醸造」など、日帰りとは思えないほどツアーの内容が充実!そんなバスツアーの魅力を、実体験を元にレポートします!

 

気になる!バスツアーのコロナ対策とは?

バスツアー参加前に、健康チェックシートの提出が必須です。健康状態を申告した方のみ参加できるようになっているので、安心して参加できます。

健康チェックシート

バス乗車前にも体温チェック!

体温チェック

そしてバスに乗り込む時は必ずアルコール消毒してから乗車!
休憩から戻るときも必ず行う徹底ぶりです。

アルコール消毒

車内では、1名で2席分のスペースを確保!グループであっても隣り合わせはNGなので、ソーシャルディスタンスも心配ありません。

1名で2席分のスペースを確保

バスガイドさんは、お客さんの座席を向かず前を向いたままアナウンス

バスガイドさんは、お客さんの座席を向かず前を向いたままアナウンス!

 

そしてバス車内は定期的に換気されるシステムになっているので、コロナ対策バッチリです!

 

 

人気施設4か所を巡る、バスツアースタート!

【今回の旅程】
各乗車地に集合

魚沼醸造を見学&試食

すし処・鮨岡で人気のマジ丼を堪能

アグリコア越後ワイナリーで試飲

魚野の里でお買い物

解散

ここからは、時系列にそって、それぞれの施設を詳しくレポートしていきます!

 

【8:00】群馬県の伊勢崎駅に集合

伊勢崎駅

 

【10:00】魚沼醸造を見学&試食

最初に訪れたのは、2019年3月にオープンした糀甘酒の醸造所「魚沼醸造」。米、水、糀の3つの原料だけで作られる甘酒は、優しい甘さで子供も飲みやすい魚沼醸造ならではの一品です。

魚沼醸造

建物内はラウンジスペース「UONUMA KOJI SALON」、シアタールーム、米糀工場の3つのエリアに分かれています。まず、シアタールームで魚沼の自然豊かな景色とともに甘酒ができるまでのムービーを見ました!

シアタールーム

この映像はカンヌ コーポレートメディア&TV大賞で、2019年シルバー賞を獲得した作品(英語版)。豊かな自然に囲まれた魚沼の風景や生活する人々とともに糀甘酒が生まれるまでを13分間で紹介されています。とても綺麗で壮大…、そして温かみのある映像でした。

シアタールーム

今回は時間が短かったため残念ながら工場見学ができなかったので、ラウンジスペース「UONUMA KOJI SALON」へ。

UONUMA KOJI SALON

お土産コーナーやカフェがあり、広々していて快適に過ごすことができます。

UONUMA KOJI SALON

カフェでは、ここでしか食べることができない、糀甘酒ソフトクリームをいただきました。クリームチーズに似ている!?ような初めての味でしたが、絶品!みなさんにも、ぜひ食べてほしい一品です♡

糀甘酒ソフトクリーム

さらに、UONUMA KOJI SALONからの眺めがとっても良い!
新潟の大自然を感じる、インスタ映え写真が撮れます。

UONUMA KOJI SALONからの眺め

 

続いては、待ちに待った昼食「マジ丼」を食べにすし処・鮨岡へ!

 

【11:00】すし処・鮨岡で人気のマジ丼を堪能

日本一のコシヒカリとともに南魚沼の山海の幸を心ゆくまで味わってほしい、本気の味を堪能してほしいという意味が込められた、南魚沼名物「本気丼(マジ丼)」。たくさんのお店が提供しているマジ丼の中から、今回はコスパが良すぎると噂のすし処・鮨岡へ。

すし処・鮨岡

店内にはお座敷とカウンターテーブルがあります。

すし処・鮨岡の店内

 

そして遂にマジ丼とご対面!!!!!!

 

マジ丼

丼ぶりからこぼれそうなほどの新鮮な海鮮が山盛り!店主の熱意が伝わってくる、圧巻の見た目です!
ご飯の量は小盛、並盛、中盛、大盛の4種類から選ぶことができます。先ほどの写真は1番量が多い大盛で、なんとご飯の量が2合!!たっぷり海鮮が乗っているのでご飯を余らせることなく食べられそう…!

マジ丼

(左:小盛、右:大盛)

私は2合も食べられないので、小盛を注文しました!小盛でもご飯は0.8合あり、なかなかのボリュームです。丼ぶりの他に3つの小鉢とお味噌汁が付いているので、満足すること間違いなし!写真では小盛と大盛にそこまで差が無いように見えますが、小盛はお椀の中の半分がツマでした。一方、大盛はツマなしでぎっしりご飯がツマっています。(ツマだけに…)

マジ丼

マジ丼を堪能し幸せな気分に浸りつつ店内を見渡すと、バスツアー以外の一般のお客様で満席に!さすが人気店です!ごちそうさまでした!

バスツアー以外の一般のお客様で満席

 

【11:50】アグリコア越後ワイナリーで試飲

続いては、南魚沼の気候風土を最大限活かしてワインを造っている、アグリコア越後ワイナリーへ。

アグリコア越後ワイナリー

こちらのワインは雪国である南魚沼ならではの「雪室貯蔵」が特徴の一つです。今回は、天然の冷蔵庫のような雪室と貯蔵庫を見学しました!
雪室内は暗くて写真は撮れなかったのですが、冬の間に積もった雪が保管されていて、夏はこの雪を使って貯蔵庫に冷気を送り、ワインを熟成させます。ワインに過度なストレスを与えず、「雪が育む、雪が守る、雪が醸す」というコンセプトの魚沼ワインは繊細な味わいがあります。

貯蔵庫

雪室と貯蔵庫を見学した後は、お楽しみの試飲です♪お酒がNGの方はぶどうジュースが用意されていました。
試飲できるカウンターはビニールカーテンが掛かっていて、コロナ対策もしっかりされています。

試飲カウンター

ワインを試飲してとても美味しかったので、やや辛口でまろやかな味わいの「越後ワイン ケルナー Vintage2019」を購入しました。

越後ワイン ケルナー Vintage2019

外のぶどう畑にはカベルネソーヴィニヨンが実っていました!もう少しで収穫の時期ですね。

カベルネソーヴィニヨン

ぶどう畑

雪国でぶどうを育てるのはとっても難しいことだそうです。美味しいワインは美味しいぶどうから。
積雪からぶどうを守るために工夫を凝らし、大事に育てられていることがよく分かりました!購入したワインは家でゆっくり味わって楽しみたいと思います♪

 

【12:40】魚野の里でお買い物

最後は魚沼最大のお土産処「魚野の里」でお買い物です!

魚野の里

館内は物産館や鮮魚センター、お米屋さんなど複数のエリアに分かれています。鮮魚センターで販売されている海鮮類は、漁師さんと直契約で卸されているので破格の値段!

カニの写真

ラーメン

観光客だけでなく、地元の方も買いに来るそうです。

魚野の里の館内

とても暑かったので笹団子ソフトを購入しました。他にイナゴの佃煮がトッピングされたソフトクリームや、甘エビが丸ごと2尾乗っているソフトクリームなど、驚きのソフトクリームも販売されているので…気になる方はぜひ試してみてください!

笹団子のソフトクリーム

 

 

【14:45】伊勢崎駅で解散

伊勢崎駅で解散

 

 

参加してみての感想

今回の参加者は年配の方が多かったですが、20代の私も楽しめるバスツアーでした!新潟の魅力を再発見できる、充実したツアー内容です!特に「魚沼醸造」で食べた糀甘酒ソフトクリームの味は、今でも忘れられません…。新潟に行くときは必ず立ち寄りたいスポットになりました。

正直、バスツアーに参加するのはまだ心配かな…と思っていましたが、こまめな消毒やwithコロナマナーの徹底などで安心して参加することができました。むしろ、普段なら大人数のグループでぞろぞろと動きますが、ソーシャルディスタンスを徹底していることで、人数も少なく落ち着いて快適に過ごせたのがよかったです

お土産

 

旬のグルメが堪能できるものや有名な名所を巡るものまで、旅工房では関東圏発着の日帰りバスツアーを多数用意しています。いまならGo Toトラベルキャンペーンを利用して、通常よりも安く行けるのでぜひ、この機会をお見逃しなく!

日帰りバスツアーを探す

関連情報

「魚沼市名物「本気丼(マジ丼)」がすごい!?【バスツアー体験レポ】新潟の人気施設を巡る!」が気に入ったら



国内旅行・ツアー情報はこちら

旅Pocket編集部

旅Pocket編集部
旅Pocket編集部のアカウント。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする海外情報をお届けします!

記事一覧を表示


閉じる