栗林公園

香川おすすめ観光スポット完全ガイド【モデルコース・マップ付き】

2022/03/11

13,940views

香川県といえばうどん!うどん県と呼ばれるほど、うどんのイメージが強い香川県ですが、他にもたくさん魅力的な観光スポットや絶品グルメがあります。そんな香川県の定番観光スポットから穴場までモデルコース付きで解説します!もちろんうどんの名店もご紹介◎

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

【定番】香川観光でおすすめのスポット9選

うどん県ともいわれている香川県。その面積は約1,876㎢で、西から東までの距離は約92km。車でなら2時間以内で横断できる距離となっています。うどんを食べて有名スポットを回るなら西エリアがおすすめで、インスタ映えするスポットを巡るなら東の小豆島エリアがイチオシですよ。ぜひ1泊2日間で西から東まで、まるっと堪能してみてはいかがでしょうか。

香川マップ

栗林公園

栗林公園
提供:(公社)香川県観光協会

栗林公園
提供:(公社)香川県観光協会

特別名勝の1つである栗林公園。「お庭の国宝」ともいわれており、全国の特別名勝に指定されている庭園で最大級の広さを誇ります。園内を歩けば、緑の豊かさ、水面の静けさ、歴史ある茶室など、日本ならではの様々な景観が楽しめますよ。中でも富士山に見立てて造られた「飛来峰」という築山はおすすめの鑑賞スポット。背景にある紫雲山と庭園が一体化して、広大さや奥深さを実感できます。春夏秋冬、いつ訪れても季節ごとの景観が楽しめるので、香川に足を運ぶならチェックしてみてくださいね。

栗林公園

アクセス《電車》「栗林公園北口駅」から徒歩約3分

料金大人:410円、子ども(小・中学生):170円

電話番号087-833-7411

営業時間12月~1月:07:00~17:00、2月:07:00~17:30、3月:06:30~18:00、4~5月・9月:05:30~18:30、6~8月:05:30~19:00、10月:06:00~17:30、11月:06:30~17:00

URLhttps://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden(香川県観光協会)

史跡高松城跡 玉藻公園

玉藻公園
提供:(公社)香川県観光協会

玉藻公園は「日本100名城」「日本三大水城」に選ばれている高松城の城跡がある公園です。天守台上にある展望デッキからは、辺りを囲むお堀を一望できます。また、園内には艮櫓(うしとらやぐら)、月見櫓、水手御門など、重要文化財に指定された建造物も複数あります。目で見て楽しめるだけでなく、歴史に触れる面白みも味わえる公園ですよ。

史跡高松城跡 玉藻公園

アクセス《電車》「高松駅」から徒歩約3分、または「高松築港駅」からすぐ

料金大人(16歳以上):200円、子ども(6歳以上16歳未満):100円

電話番号087-851-1521

営業時間《西門》4月~5月・9月:05:30~18:30、6月~8月:05:30~19:00、10月:06:00~17:30、11月:06:30~17:00、12月~1月:07:00~17:00、2月:07:00~17:30、3月:06:30~18:00《東門》4月~9月:07:00~18:00・10月~3月:08:30~17:00、休み:12月29日~12月31日

URLhttp://www.takamatsujyo.com/

エンジェルロード

エンジェルロード
提供:(公社)香川県観光協会

エンジェルロードは干潮時にだけ出現する神秘的な砂の道。「大切な人と手をつないで渡ると願いが叶う」と言われているロマンチックな観光スポットです。干潮時刻や天候はその日によって異なるため、訪れるタイミングで様々な景色を楽しめます。また、エンジェルロードの手前には展望台があり、「幸せの鐘」も鳴らせます。恋人、友達、家族など、自分にとって大切な人と、ぜひ鳴らしてみてはいかがでしょうか。

エンジェルロード

アクセス《バス》「土庄港」から路線バスで約10分、バス停「エンジェルロード前」から徒歩約3分

料金無料

電話番号0879-62-2801(案内所売店)

営業時間09:00~17:00(干潮時刻によって多少前後あり)

URLhttps://www.town.tonosho.kagawa.jp/kanko/sightseeing/575.html(土庄町商工観光課)

道の駅 小豆島オリーブ公園

小豆島オリーブ公園
提供:(公社)香川県観光協会

小豆島のオリーブ公園は、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった場所です。瀬戸内海と空を見渡せる丘、真っ白な風車、巨大な本のモニュメント、1年に数日だけ現われる魔法の扉など、つい写真におさめたくなるスポットが盛りだくさん。園内では魔法のほうきが無料レンタルされているので、それにまたがって空を飛んでいるような写真を撮ってみるのもおすすめですよ。

道の駅 小豆島オリーブ公園

アクセス《バス》「土庄港」から路線バスで約37分、バス停「オリーブ公園口」より徒歩約5分

料金無料

電話番号0879-82-2200

営業時間08:30~17:00

URLhttps://www.olive-pk.jp/

丸亀城

丸亀城
提供:(公社)香川県観光協会

「日本100名城」に選ばれている丸亀城。石垣の高さが日本一となっており、「石垣の名城」ともいわれています。その美しい勾配を見上げれば、当時の技術力の高さにきっと圧倒されますよ。また江戸時代に建造された天守が、今もなお歴史を刻み続けているというのも丸亀城の魅力。お城巡りをしたことがない人でも、その出で立ちや歴史を十分楽しめるスポットとなっています。

丸亀城

アクセス《電車》「丸亀駅」から徒歩約10分

料金《天守》大人:200円、子ども(小・中学生):100円《大手一の門》無料

電話番号0877-25-3881

営業時間天守:09:00~16:30(入城:16:00)、大手一の門:09:00~16:00、休み:雨天時

URLhttps://www.marugame-castle.jp/

善通寺

善通寺
提供:(公社)香川県観光協会

「弘法大師空海」が誕生した場所であり、京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ弘法大師三大霊跡です。境内の東院には本堂や五重塔、西院には大師信仰の聖地ともいえる御影堂などがあります。また、善通寺にきたら必ず足を向けたいのが「四国八十八ヶ所お砂踏み道場」。四国八十八ヶ所の各霊場寺院の御本尊が祀られているので、礼拝させていただきましょう。

善通寺

アクセス《電車》「善通寺駅」から無料市民バスで約8分、バス停「郷土館前」から徒歩約3分

料金無料(一部有料施設あり)

電話番号0877-62-0111

営業時間金堂(本堂):07:00~17:00、御影堂:朝勤行~17:00、納経所:07:00~17:00、金堂御守所:08:00~17:00、四国八十八ケ所お砂踏み道場(遍照閣):09:00~16:00

URLhttps://www.zentsuji.com/

金刀比羅宮

金刀比羅宮
写真提供:香川県観光協会

金刀比羅宮
写真提供:香川県観光協会

金刀比羅宮は何といっても長い石段が特徴的で有名。表参道から御本宮まで785段、奥社まで1,368段の石段があります。登りきるには気力と体力が必要ですが、御本宮横にある展望台から讃岐平野を一望できる眺めや、パワースポットである奥社に辿り着いたときの達成感は想像以上。そして金刀比羅宮といえば「幸福の黄色いお守り」も有名。せっかく足を運ぶのであれば、求めてみてはいかがでしょうか。

金刀比羅宮

料金無料(一部有料施設あり)

電話番号0877-75-2121

営業時間大門:06:00~18:00、御本宮(御扉):07:00~17:00、奥社(御扉):09:00~16:30

URLhttp://www.konpira.or.jp/

国営讃岐まんのう公園

国営讃岐まんのう公園
提供:(公社)香川県観光協会

国営讃岐まんのう公園
提供:(公社)香川県観光協会

国営讃岐まんのう公園は広大な敷地を誇り、どの季節でも自然の豊かさを感じられます。園内はイベントなどが開催される「竜頭の丘」、炭焼きやタケノコ掘り、遊具などが楽しめる「竜頭の森」、滝を見ながらサイクリングを楽しめる「竜頭の里」、満濃池を見渡せる「湖畔の森」など、複数のエリアで構成されています。キャンプ場も事前予約しておけば利用できるため、思い出作りに活用してみましょう。

国営讃岐まんのう公園

アクセス《電車》JR「琴平駅」から有料シャトルバスで約30分※シャトルバスの運行は期間が決まっているため詳しくは公式サイトを確認

料金料金:大人(15歳以上):450円、子ども(中学生以下):無料、シルバー(65歳以上):210円

電話番号0877-79-1700

営業時間3月1日~7月19日・9月1日~10月31日:09:30~17:00、7月20日~8月31日:09:30~18:00、11月1日~2月末日:09:30~16:30、休み:火(祝日の場合:翌日、水曜祝日の場合:開園)、12月29日~1月1日、1月第4水~金、※3月20日~5月31日、7月20日~8月31日、9月11日~10月31日:無休

URLhttps://sanukimannopark.jp/

銭形砂絵

銭形砂絵
提供:(公社)香川県観光協会

銭形砂絵は、東西122m、南北90m、周囲345mの迫力満点の砂絵です。江戸時代の代表的な銭貨である「寛永通宝」の形が模されており、金運がアップするパワースポットとして人気を集めています。日没から22:00まで毎日ライトアップされているので、時間帯に関わらず砂絵を見られますよ。ぜひ間近でその大きさを実感してみてください。

琴弾公園(銭形砂絵)

料金無料

電話番号0875-23-3933(観音寺市 商工観光課)

営業時間24時間

URLhttps://www.city.kanonji.kagawa.jp/soshiki/21/333.html(観音寺市観光協会)

【穴場】混雑回避!おすすめの穴場スポット3選

屋島

屋島
提供:(公社)香川県観光協会

山頂が平らなことから屋根のような島と言われる屋島は、展望台や水族館、お寺、城跡、史跡など、多数の見どころがあります。「日本の夕陽百選」「夜景100選」「日本百名月」などに選ばれていることもあり、景色も抜群。山上からは瀬戸内海に並ぶ小さな島々も眺められるため、屋島ならではの景色を堪能しましょう。

屋島

アクセス《電車》「屋島駅」からシャトルバスで約18分

電話番号087-841-9443(屋島山上観光協会)

URLhttps://www.yashima-navi.jp/jp/

四国村

四国村
提供:(公社)香川県観光協会

江戸時代から大正時代にあった民家・民具などを見られるのが四国村です。国や県の指定文化財になっている展示施設や展示品も多く、当時の暮らしを肌で感じられます。「砂糖しめ小屋」「こうぞ蒸し小屋」「醤油蔵・麹室」といった伝統産業に関する施設の展示にもぜひ立ち寄ってみてください。古民家を改装したお食事処では讃岐手打ちうどんも味わえるので、日本の文化に触れつつ、香川の食を楽しみましょう。

四国村

アクセス《電車》「屋島駅」から徒歩約10分

料金大人:1,000円、高校生:600円、小・中学生:400円、幼児:無料

電話番号087-843-3111

営業時間4月~10月:08:30~18:00、11月~3月:08:30~17:30

URLhttps://www.shikokumura.or.jp/

八栗寺

八栗寺
提供:(公社)香川県観光協会

八栗寺は四国霊場八十八ヶ所の第85番札所。弘法大師空海により開かれたお寺です。「お聖天さま」という仏さまが境内に祀られており、商売繁盛、学業成就、良縁祈願などのご利益があることで知られています。お聖天さまに聞いていただきたい願い事がある人は、ご祈祷していただくのもよいでしょう。

八栗寺

アクセス《電車》八栗ケーブル「山上駅」から徒歩約4分

料金無料

電話番号087-845-9603

営業時間07:00~17:00

URLhttp://www.yakuriji.jp/

【うどん県】絶品うどんを満喫できるお店3選

山越うどん

山越うどん外観

香川でうどんを食べるなら、行ってみたいのが山越うどん。県内外から多くのお客様が訪れる人気のお店です。メニューは「かまたま」「かまたまやま」など、複数用意されており、どれもモチモチした食感が魅力的。お好みによって天ぷらを別途乗せることも可能ですよ。

山越うどん

料金かまたま1玉(小):300円、かまたまやま1玉(小):350円、天ぷら:120円など

電話番号087-878-0420

営業時間09:00~13:30、休み:日・水

URLhttps://yamagoeudon.com/

日の出製麺所

日の出製麺所 店舗画像 掲載用

日の出製麺所は、その名のとおり製麺所を本業にしているお店。そのため営業時間は1時間のみとなっていますが、それでも多くの人が食べに訪れるほど大人気です。だしと薬味は自分で好きなものをかけて食べるスタイル。なお、12時30分時点で並んでいる人までは順次店内で食事が可能です。コシのある麺とツルツルした喉ごしは1度食べたらやみつきになりますよ。

日の出製麺所

アクセス《電車》「坂出駅」から徒歩約10分

料金うどん小(1玉):120円、うどん中(1.5玉):180円、温泉玉子:70円など

電話番号0877-46-3882

営業時間11:30~12:30(食事)、09:00~16:00(販売)

URLhttps://www.hinode.net/

釜あげうどん 長田 in 香の香

「釜あげうどん」で勝負しているという、釜あげうどん長田in香の香では、茹でた麺を出汁につけて食べるというシンプルなスタイル。それゆえに麺と出汁へのこだわりがダイレクトに感じられます。麺を口に含んだときに感じる確かなコシと、50年以上引き継がれてきた出汁のうまみは格別です。うどん好きな人も、そうでない人もぜひ1度経験してみてください。

釜あげうどん 長田 in 香の香

アクセス《電車》「金蔵寺駅」から徒歩約8分

料金釜あげうどん小:300円、季節の炊込みご飯:300円など

電話番号0877-63-5921

営業時間09:00~15:00頃(麺がなくなり次第閉店)、休み:水・木(祝日の場合:営業)

URLhttps://kanoka.jp/

【映えカフェ】フォトジェニックなおしゃれカフェ3選

れいがん茶屋

れいがん茶屋-外観れいがん茶屋ハンバーグ屋島ティラミス

「天空のカフェ」とも形容される、れいがん茶屋。広々とした海と空を眺めながら、食事やドリンクを楽しめるのが特徴です。日中は青々とした気持ちのいい景色、夕方が近付けば徐々にオレンジに染まる空を堪能できます。提供される料理もおしゃれでおいしいものばかり。彩り鮮やかな料理を見れば、つい写真におさめたくなってしまいますよ。

れいがん茶屋

料金れいがん太三郎ハンバーグ:1500円、屋島ティラミス:1,000円など

電話番号087-841-9636

営業時間11:00〜17:00(ラストオーダー:16:30)、休み:火

URLhttps://reigan-chyaya.com/

umie

umieはノスタルジックな雰囲気が魅力的。店内に設置されているレトロな家具や小物、本がインテリアのアクセントとなっています。屋島の自家焙煎コーヒー店との協力で生まれた、香り豊かなこだわりのコーヒーが提供されており、料理はベーグルサンドやスコーン、ビーフシチューなど、おしゃれなのにどこか懐かしいものばかり。落ち着いた時間を過ごせるカフェなので、大人の休憩にもってこいです。

umie

アクセス《電車》「片原町駅」から徒歩約10分

電話番号087-811-7455

営業時間日〜金:11:00〜19:00(ラストオーダー:18:00)、土:11:00〜21:00(ラストオーダー:20:00)、休み:水

URLhttps://umie.info/

カフェ クウネル

カフェ クウネルは、見るだけで気分が上がるような料理・スイーツが楽しめるお店です。特に甘い物が好きな人にはたまらない生クリームたっぷりのスイーツが魅力的。また、テイクアウトできる日替わり弁当も提供しています。観光の合間のお食事場所に選んでみてはどうでしょうか。

カフェ クウネル

料金イチゴのパンナコッタ:450円、キンパ:540円など

電話番号087-885-6653

営業時間09:00~15:00、休み:水

Instagramhttps://www.instagram.com/cafe_ku.nel/

【夜ごはん】うどんだけじゃない!絶品グルメ2選

海鮮料理 海おやじ

出典:ホットペッパーグルメ

瀬戸内の海鮮料理を楽しめるのが、海鮮料理 海おやじ。提供されているお刺身はどれも新鮮で、本日の刺身盛りは特におすすめ。その他にも「かつおの藁焼き」「漬け丼」、讃岐の郷土料理の「てっぱい」など、メニューのバリエーションも豊富。お酒が好きな人であれば、讃岐の日本酒を頼んで1日を締めくくるのもいいでしょう。

海鮮料理 海おやじ

アクセス《電車》「高松駅」から徒歩約1分

料金本日の刺身五種盛り:2,800円、かつおの藁焼き:1,180円、てっぱい:500円など

電話番号087-823-5519

営業時間17:00~24:00(ラストオーダー:23:00)

URLhttps://hirai-shokutsuu.com/restaurant/t_umioyaji.html

一牛

一牛は黒毛オリーブ牛の専門店です。讃岐牛というブランド牛に、小豆島のオリーブを与えて育てたのが「オリーブ牛」。1口食べれば、しっかりした旨みが口いっぱいに広がり、それでいて脂はさっぱりとしているので、いくらでも食べられます。メニューには「黒毛オリーブ牛ステーキ」「希少部位」「アラカルト」など、一牛のおいしさを満喫できるものが沢山あります。ぜひリッチなディナーを楽しんで、お腹も気持ちも満たされてください。

一牛

アクセス《電車》「伏石駅」から徒歩約9分

料金黒毛オリーブ牛100%ハンバーグ(ランチ):1,518円、本日の黒毛オリーブ牛ステーキ 200g(ディナー):5,478円など

電話番号087-880-5009

営業時間《ランチ》平日:11:30~15:00、土・日・祝:11:00~15:00(ラストオーダー:14:00)《ディナー》平日:17:30~23:00、土・日・祝:17:00~23:00、休み:火

URLhttp://www.steakhouse-ichigo.jp/

【失敗しないモデルコース】効率よく巡る香川満喫ルート

【1日目】
09:00 ①「高松空港」からスタート!
↓ 車で約40分
09:40 ②「栗林公園」を散策
↓ 車で約40分
12:00 ③「釜あげうどん 長田 in 香の香」でうどんを満喫
↓ 車で約25分
13:20 ④「金刀比羅宮」を散策
↓ 車で約1時間10分
17:00 ⑤「屋島」を散策、近隣のホテルに宿泊

※宿泊場所は必ずしも屋島近隣である必要はありませんが、翌日乗るフェリー乗り場に行きやすい場所がおすすめです。

【2日目】
10:00 「屋島」周辺のホテルを出発してフェリーで小豆島へ
↓ フェリーで1時間
11:00 土庄港に到着
↓ 車で約8分
11:10 ⑥「エンジェルロード」を散策
↓ 車で約20分
13:00 ⑦「道の駅 小豆島オリーブ公園」でランチ&散策
↓ 車で約25分
16:30 土庄港からフェリーに乗る
↓ フェリーで1時間
17:30 高松港に到着
↓ 車で約30分
18:00 ⑧「一牛」で黒毛オリーブ牛を堪能
↓ 車で約20分
20:30 ⑨「高松空港」に到着!

※干潮の時間によっては「エンジェルロード」と「道の駅 小豆島オリーブ公園」の順序を変えて調整してみるといいでしょう。

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる